FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2019年01月 | 02月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


柿泥棒

2015/10/28(水) 12:00:00
770 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/10/23(金)02:21:06 ID:UOi
私の義務教育時代の通学路に、大きな枇杷と大きな柿の木があった。
両方とも時期になると大きな実が付くんだけど、その機のある家は道路よりずっと下にある。
家の方から見ると、裏の崖の上に道路があって、そこが通学路。
つまり、道路から見て、届きそうで届かなところに実が成っている。
子供は知恵を絞り、傘に枝をひっかけたりして実を盗むわけで・・・
それでも度々ガードレールを乗り越えて転落する子供がいたりした。
月日は流れ、私は大人になり、結婚した。
そして、義母の実家が偶然にも、その枇杷と柿のある家だった。
もともと夫との会話のきっかけが「うちのばあちゃんちと近所だ!!」だったしね。
先日、実家と義祖母宅に夫の出張の土産を届けに行った。
義祖母宅の縁側で、柿の実が色づいたなぁと思いつつ、木を見上げていたんだけど
ガードレールの向こうで子供たちか騒いでいて、一人がガードレールに足をかけて
傘を使って実を取ろうと奮闘していた。
私も義祖母も、ニヤニヤしながらそれを眺めていたんだけど
頑張ってる最中の少年と目が合った。
少年は「やべっ」って顔をして動揺したせいか、ぐらっとバランスを崩して、
転落。こっち側に・・・
斜面を、ずるずる転がったりしながら下まで降りてきたよ。
庭まで降りてきた時、非常にバツの悪い表情で私を見上げてた。
泥んこだが、けがはなし。
「柿が欲しいの?」と聞いたら「・・・はい」と小さい声で答えるので
高枝切りバサミで数個取ってやった。門の方から仲間が4人やってきたので
子供たちに好きに取らせてやった。
ミカンやイチジクも植わっていて、喜んで取ってる子もいた。
義祖母と一緒に縁側に座って、子供たちが実を取るのを見ていたんだけど
義祖母に「子供は実を取るの、好きだよねぇ。年に数回、落ちてくる子がいるのよね。
まあ知っているだけろうけど。アンタ、何回落ちたっけ?」と言われたよorz  
私だと気付いてたんですね・・・



関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:5
<< お前馬鹿じゃね?ホーム全記事一覧Tシャツ >>

コメント

カマかけられたのかもねw
#-|2015/10/28(水) 16:24 [ 編集 ]

柿の木より高い位置の崖から落ちて無事とか
丈夫にも程があるだろ
#-|2015/10/29(木) 17:01 [ 編集 ]

崖つっても急斜面程度なんでしょ多分
  #-|2015/10/30(金) 09:13 [ 編集 ]

この家の風物詩になってるのかねw

実際子供は丈夫だよね
大人だったら痛くてしばらく立ち上がれないぐらいでも
子供は次の瞬間走りだしてたりする
#-|2015/10/31(土) 20:35 [ 編集 ]

取った達成感が良いんだろ
普通にもらっても嬉しくないな
#-|2015/11/08(日) 16:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/23881-c56f834a

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.