FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


初めに、神は香川を創造された

2015/09/11(金) 12:00:00
176 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2012/07/30(月) 15:41:16.17 ID:8YZPUoxj0
初めに、神は香川を創造された。
神は言われた。「うどんあれ。」こうして、うどんがあった。
神はうどんを見て、良しとされた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。

神は言われた。「茹で水と締め水を分けよ。」
神はうどんを茹でる湯と締める冷水を分けさせられた。そのようになった。
夕べがあり、朝があった。第二の日である。


179 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2012/07/31(火) 17:25:56.46 ID:VadNWwEK0
うどん国憲法
・第二章 節水の放棄
・第九条 うどん国民は、正義と秩序を基調とする茹で水を誠実に希求し、
 国権の発動たる節水と、給水制限による威嚇又は給水制限の行使は、
 水紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
・前項の目的を達するため、蕎麦・米・大麦その他の穀物は、これを保持しない。
 徳島の利水権は、これを認めない。


941 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2013/06/20(木) 04:48:01.31 ID:Tpg63CWS0
渇水で
徳島の水は尽きるとも
香川にうどんの
玉は尽きまじ


関連記事
スポンサーサイト



うどんTB:0CM:10
<< 帰らない!ホーム全記事一覧俺たち教員も給食費払ってる >>

コメント

…壮大だ!
#-|2015/09/11(金) 12:26 [ 編集 ]

一説によると、うどん一食あたり16㍑の水を使うらしいが
リサイクルすればいいのでは?飲むわけでもないんだし(ハナホジ
#-|2015/09/11(金) 13:23 [ 編集 ]

うどん国憲法のゴロのよさといったら
#-|2015/09/11(金) 13:35 [ 編集 ]

神は言われた「徳島あれ」と
#-|2015/09/11(金) 13:38 [ 編集 ]

※2
打つのと茹でるのとめんつゆに16㍑は使わないと思うが
小麦育てるところからの必要量なら無理じゃね?

結局足りない事に変わりはない?海水でも使えば?(ハナホジ
#-|2015/09/11(金) 13:55 [ 編集 ]

>神はうどんを茹でる湯と締める冷水を分けさせられた。
うどんの民におら分けろよとかってパシられる神が見えた
  #-|2015/09/11(金) 16:55 [ 編集 ]

>>941のびてるのびてる
釜ゆでの刑に処す
#-|2015/09/11(金) 22:38 [ 編集 ]

米5
使うんだよなぁ…
#-|2015/09/11(金) 23:02 [ 編集 ]

(あっ、これスパモン教だ・・・)
#-|2015/09/12(土) 01:22 [ 編集 ]

最後のは釜茹でうどんの句だな
#-|2015/09/13(日) 10:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/23540-cdc903d3

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.