FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


長渕LIVE

2015/08/28(金) 12:00:00
342 アンクルホールド(東日本) 2015/08/25(火) 23:34:28.64 ID:VlwNg5td0
(バックバンドが5分ぐらい延々イントロのワンフレーズ)
長渕:ゆーせいかもん!うぉーぉぉ?
客:うぉーぉぉ!
長渕:うぉーぉぅ、うぉー?
客:うぉーぉぅ、うぉー!
(野々村ポーズで)
長渕:…へいへい、声がちいさいぜ!腹から声出せ!
今日!ここでっ!突っ伏してっ!動けなくなってもっ!
あの、あの、あの、でっかいっ!太陽をっ!俺達の声でっ!手でっ!ひきずりおろそうぜっ!
へい、ゆーせい!
うぉううぉぅ、うぉーぉー?っもん!
客:うぉううぉぅ、うぉーぉー!
(始終、鉄板の上で跳ねてるイカゲソみたいな動きしながら)
長渕:うぉぉっぉ、おっおっ?
客:うぉぉっぉ、おっおっ!
(…納得行くまでひとしきり、うぉうぉ、おもむろにペットボトルの水をかぶる、
飲むかと思いきやほとんど口からこぼれ、さらに口に含んだと思ったら上むいて噴射)
長渕:キャーーーーーッ!シャーーーーーーッ!おらっ!おけっ、勇次歌うぞぉー、ゆっ!うっ!じーーーっ!
客:うおおおおおおおおお!
(オルガンがやっとまともにイントロやりはじめる、この間もセイセイ言ってる、…歌い出し、盛大に音外す…)

(サビ)
長渕:ゆうっじー!…(ギター抱えて観客席見詰める)
客:(あ、これ歌えってこと?)…ッシュな、お前が欲しーいー
長渕:(一瞬マイク前戻るもギターをワンストローク、またギター抱えて観客席見詰める)
客:(大サビなのにマジか…)帰りたーいー、帰れない

もう無理、これでライブ行くの止めた




関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:6
<< たのしみに しておいて くださいホーム全記事一覧ゴキブリは何で人間に向かって飛んでくるのかね・・・ >>

コメント

>>342に、しあーわせー
#-|2015/08/28(金) 14:49 [ 編集 ]

帰りたい、帰れない

誰がうまいこと言えとw
#-|2015/08/28(金) 16:39 [ 編集 ]

彼のことはTVでチラ見したぐらいしか知らんけど何か納得出来る
#-|2015/08/28(金) 18:45 [ 編集 ]

博多華丸がこのライブ行ったそうで漫才のネタにしてた。
深夜3時にクローズユアアイズ歌われてホントにクローズしそうだったとか、
このライブのために作った歌を日の出に合わせて歌いたかったらしいが雲が出ててなかなか太陽が顔を出さず、「てめぇら太陽を引きずり出せー!!」とか言いながら結局その曲1時間半歌ってたとか、長渕むちゃくちゃだなと笑える良い漫才だった。
#-|2015/08/28(金) 22:04 [ 編集 ]

またおクスリやってんのかと疑うレベ… おっと、誰か来たようだ
#-|2015/08/28(金) 23:33 [ 編集 ]

巡恋歌に連なる新たなコピペが…
#-|2015/08/29(土) 01:20 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/23437-1aa1fbea

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.