FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


キーボードを叩く音が異常にうるさい人

2015/07/26(日) 12:00:00
501 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/07/17(金)11:26:19 ID:POm
ショボいけど自分的には色々衝撃的だった昔の話。
バレたらマズいのでフェイクは入れる。
前に働いていた職場で、キーボードを叩く音が異常にうるさい人がいた。
課の中に3~4つ位のチームがあって、その人はそのうちの1チームの主任。
つまり俺より上の立場ということになる。
故にうるさいなーと思っていても言えずにいたわけだが、本当にうるさい。
特にエンターキーを押す時がひどくて、どの程度うるさいかと言うと
カタッカタカタカタカタ…カタカタカタカタタタタンタタッ、エンターキー「ダーーーーン!!!(ドヤァ!)」
広くて静かなオフィスに先輩のキーボードを叩く音が響きまくる。
キーボードも普通のNECとかだし、いつか壊れるんじゃないかと思ってた。

そしてその日は思ったより早くやってきた。
いつものようにキーボードを超絶技巧で叩きまくる先輩
カタッカタカタカタカタ…カタカタカタカタタタタンタタッ!
カタッカタカタカタカタ…カタカタカタカタタタタンタタッ!
エンターキー「ダーーーーーーーーン!!!(ドヤァ!)」
すると、エンターキーが飛んでいった。
周囲の人間は一斉に「あっ」と、その行く先を見守った。
すると先輩の右隣りにいた課長(ハゲ)の左のこめかみ辺りにタシーン!と直撃
思わず俺たちは仕事をする手を止め、課長の言葉を待った。
優しい課長は「会社の物だから大切に使うように」と注意しただけで終わった。
ちなみに先輩はキーボード(エンターキー)を壊すのは3回目だったらしい。

502 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/07/17(金)13:02:50 ID:cIu
>>501
ミサワ先輩ですかwww



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:4
<< インコが机の上のペン落とすホーム全記事一覧痴漢冤罪に間違えられたら >>

コメント

うちの同僚にもいたわ
経理だが大して仕事もできないのにやたら電卓もキーボードも打つのがうるさいやつ
しかも常に上司の金魚の糞でゴルフだろうが、飲み会だろうが喜んでついていくんで
無駄に可愛がられて余計にムカついたわ
もう辞めたし、その会社は潰れかけなんでザマァなんだけどさ
名無しさん@ニュース2ch #-|2015/07/26(日) 23:13 [ 編集 ]

俺の私物のノーパソで「ッダーン!」やられたときは、気づいたら頭突きしてた。
#-|2015/07/27(月) 07:10 [ 編集 ]

課長のハゲ情報は必要だったんですかね?(怒)
ゆとりある名無し #-|2015/07/27(月) 14:04 [ 編集 ]

文章うまいな
情景が浮かんで、エンターキーが飛んだ瞬間がちゃんとスローモーションになったわ
#-|2015/07/27(月) 16:02 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/23208-62d6339c

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.