FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


【サッカー】02年W杯の韓国戦、「主審の買収」が確定・・イタリア紙が報道―中国メディア

2015/06/02(火) 12:00:00
153 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2015/06/01(月) 19:42:15.18 ID:4SD8SPI10
っていうか2002年を筆頭に今現在もバリバリ八百長やってるだろうから、FIFAもいいけどAFCにメスいれてくれや

PK4本とか
http://www.youtube.com/watch?v=tAZ_BdT_eMo


そもそも
過去5年間 ACLでの国別PK獲得数

日本 8
中国 14
韓国 48

やで?

今でも絶対やっとるわ


関連記事
スポンサーサイト



スポーツTB:0CM:9
<< 【プロレス】凄惨マッチの世IV虎が現役引退へホーム全記事一覧売れたくない病 >>

コメント

酷いな。
朝鮮人は国際的なスポーツ大会に出てこなくていいよ、マジで。
#-|2015/06/02(火) 14:47 [ 編集 ]

wikipediaで調べたら、日本が決めたPK数が8以上あることはわかる。
捏造データをもとにした議論は無意味なので、誰かちゃんと調べてくれ。
捏造データをもとにした批判はもっと無意味。
#-|2015/06/02(火) 15:56 [ 編集 ]

試合にはボロ負けしててワロタ
#-|2015/06/02(火) 18:40 [ 編集 ]

↑↑
「過去5年間」で?
PK戦と間違えてない?

そもそもwikipediaのACLページでは試合中のPK数までは分からなかったんだけど、どこを見たらいいの?

調べたんならソース貼っといてくれよ
#-|2015/06/02(火) 18:47 [ 編集 ]

ACLの韓国寄り審判の疑惑の判定は、ほぼ毎年あるからな
もはや恒例行事、伝統芸能の域だな
#-|2015/06/02(火) 19:42 [ 編集 ]

サッカーだけじゃなく、「大会」「試合」「競技会」に韓国選手が出ると、勝っても負けても嫌な話題が出る。
剣道とかスイーツとか。
文武問わずあらゆる勝負事から韓国は除外すべきだと真剣に思ってる。
#-|2015/06/02(火) 21:53 [ 編集 ]

これもうねつ造報告出てるけどなあ

ttp://footballnet.2chblog.jp/archives/44234454.html

なんかさ、こういう記事書いて誰が得するんだろう。
本当に恥ずかしいよ。
#-|2015/06/03(水) 00:39 [ 編集 ]

単に、見て爽快な気分にならない存在だねえ。
#-|2015/06/03(水) 02:27 [ 編集 ]

数字出てると騙されやすいのは定説だけど、それで人を貶したり貶めたりするのは人としてよくないよね(´・ω・`)

ここのこの手の記事、2回に一度は確実なデマだから、管理人はきちんとフォローアップしてほしいわ
冗談でやってるつもりなんだろうけど感心しないな
#-|2015/06/03(水) 08:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/22817-90973508

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.