FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


2015/04/25(土) 12:00:00
792 名前: 仕様書無しさん Mail: sage 投稿日: 2015/03/17(火) 23:08:26.20
日本でトップクラスの地図メーカーが中国と共同で研究開発するとして招かれた。
GPSなど最新の技術を使って高精度な地図が完成しつつあったその瞬間、
その地図メーカーの派遣社員が、「撮影禁止区域の撮影をした」という容疑で
みんな逮捕されてしまった。
地図をつくっていて写真を撮らないということはありえない。
撮影禁止区域を写したというのもほとんど言いがかりのようなものだったが、
「技術やできたものをすべて当局に置いていくなら釈放する」という条件を
地図メーカーが呑んで事態は収束した。

しばらくして、メード・イン・チャイナの高精度な地図が中国各地で
つくられるようになったのは言うまでもない。



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:9
<< なんで大泉洋はいつも天パなの?ホーム全記事一覧キムタクって >>

コメント

まあよくあるデマだな
中国では地図情報は機密扱い
民間企業が扱えるものじゃない

"日本でトップクラスの地図メーカー"がそれを知らないはずはない
仮に依頼があったとして、日本に地図情報持って帰れると思うほうがおかしい
  #-|2015/04/25(土) 15:02 [ 編集 ]

ttp://blogos.com/article/108016/
飯島勲が発信源のようだな

こういう引用元を書かずに丸コピペするのは怪情報を拡散させるだけでろくなもんじゃ無い
#-|2015/04/25(土) 18:54 [ 編集 ]

グーグルアース…
いやなんでもない
#-|2015/04/25(土) 19:27 [ 編集 ]

地図メーカーてなんだよ?
ゼンリンとか国土地理院みたいな奴?
#-|2015/04/25(土) 19:28 [ 編集 ]

ゼンリンの闇は深い
名無しさん@ニュース2ch #-|2015/04/25(土) 23:23 [ 編集 ]

普通のニュースでもそれなりに伝わっている話を裏話のように語るちょっとアレな文章に対して
いきなりデマだと言い出す人間が現れるのは信憑性が高まって良い感じだな
#-|2015/04/26(日) 04:57 [ 編集 ]

よくある話。
中国に製造工場を作り、設備やら機器を揃え操業していると、唐突に難癖つけて操業停止に追い込まれる。
そのまま追い出され、機器や設備は没収。ノウハウも奪われたまま。
しばらくすると、そこで作られていた製品の劣化版が大量に市場に流入してくるまでがテンプレ。
#-|2015/04/27(月) 08:42 [ 編集 ]

あれ、なんだっけ?地図の話だったか覚えてないけど、中国で撮影禁止場所を撮影して逮捕されたってニュースが昔あったような・・・
#RaJW5m0Q|2015/04/27(月) 12:45 [ 編集 ]

という妄想話
#-|2015/05/06(水) 11:48 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/22545-ee8264cf

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.