FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


ハナから学校で買う気がない人っているんだ

2015/04/22(水) 12:00:00
799 :名無しの心子知らず:2015/04/19(日) 07:29:05.49 ID:sXaO/Yll
えーハナから学校で買う気がない人っているんだ
本当に金コマなら少しでも安いもの探すのは賢いだろうけど
学校購入のものって友達とどれにする?とか話してくるし
自分自身がなぜか母親が使いにくい高級品買ってきてみんなと違うのが
嫌で仕方なかったから一括購入で買うことにしてる


817 :名無しの心子知らず:2015/04/19(日) 14:36:27.52 ID:zjL4fvqT
>>799
そうそう!私も母親がやたら無駄に本物志向で
(学校の)安っぽいのはお母さん嫌いなのよとか言って、絵筆やら彫刻刀やら、
本気のを買って来てて男子にからかわれたりして嫌だったわ~
しかも絵筆に何故か金色で「なをかつ」(ブランド名?)って書いてあって
1年くらい「ナオカツ」って呼ばれた…




関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:8
<< とりあえず貼っとくホーム全記事一覧3歳児が突然床を指差して「この下はね、地球なんだよ。」と教えてくれた >>

コメント

そろばんの授業で五玉版持ってきてる子が、
使い方が解らずにオタオタしてるのを思い出した。
家にそれしか無かったんだろうなw
#-|2015/04/22(水) 17:15 [ 編集 ]

爺さんの360度の分度器持ってったら、フリスビーにされたよ
やっぱり普通が一番だな
#-|2015/04/22(水) 17:59 [ 編集 ]

ナオカツwwww
#-|2015/04/22(水) 18:15 [ 編集 ]

小学生の時、自分のそろばんだけ何故か白いプラスチックの珠だったの思い出した。
他の子のは全員茶色い珠。サイズは同じだった。
ド田舎だから白いそろばんの子って地域でちょっとだけ有名になった。
そのまま6年生まで珠算塾に通って1級までいったけど、
白い珠に慣れすぎてその後普通の茶色のそろばんが使いにくくなってしまった。

あれは親が節約したのか贅沢したのかどっちだったんだろう?長文ごめん。
#-|2015/04/22(水) 18:36 [ 編集 ]

兄弟のお下がりとかで
みんなとちょっと違うやつ使ってる子とかいたよね
#-|2015/04/22(水) 21:33 [ 編集 ]

制服はおさがりでテカテカでした
#-|2015/04/22(水) 21:37 [ 編集 ]

これくらいの年頃だとみんなと違うことを極端に恐れるからなあ
大人にとってはどうでもいいことなのに
#-|2015/04/23(木) 19:35 [ 編集 ]

あーあるある
使い勝手が違って授業でもたついたり悪目立ちしたり
あんまり良いイメージなかったなあ。
高学年だと大概の道具が一通り揃ってるから
その頃に転校してきた子は一切お揃いの物がなくて
なんか浮いちゃってた記憶がある。
#-|2015/04/23(木) 23:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/22523-12f90895

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.