FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


昔からずっと夢でみる光景

2015/04/04(土) 12:00:00
669 名前:1/2@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/04/01(水) 18:00:25.14 ID:7ZRePnHk0.net [1/2]
記憶についてでもいいんかね
オカルトとはちょっと離れるけど

俺は昔からずっと夢でみる光景がある
橋の向こうに一本道がある
その向こうには古い神社
歩くと足元の砂利が気持ちイイ音をたてる
木でできた鳥居
人気の無い神社に砂利の音と川が流れる音が聞こえて
そこにいると何故か幸せな気分になった

ある程度大きくなると多分自分の不安がそういう夢にあらわれるんだろう、と分析するようになった
うちは俺が赤ちゃんの頃に親が離婚して、父親に引き取られた
生後6ヶ月で離婚だったので、1ヶ月違いで生まれた従妹の母親(俺からみると叔母)に育てられた
父は酒飲んでは暴れるんだが、田舎で長男だったせいか誰も文句言わなくて
俺も小さい頃から殴られる蹴られるは当たり前、酒瓶で殴られたりすることもあった
見たこともない景色は誰か庇護者を求める自分が描き出したもので
神社(=神様)にそれを求めているんだろうと分析した

ところが、俺が社会人になってすぐ叔母から母が亡くなったと連絡があった
親父は連絡するなと言っていたらしいけど、叔母が教えてくれた
葬式は終わったようだけど、とりあえず母を知る機会だと思い母の生まれ故郷である
東北のある村へいった
そこで初めて母の写真を見たが全然何も思わなかった
祖母とも会ったけど、懐かしいとも思わず、何故かがっかりした
一目みて「これが母さん・・・(涙」みたいな展開を軽く期待したからだ
でも、残念ながらそういうドラマみたいなことは起きなかった

670 名前:2/2@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/04/01(水) 18:01:56.26 ID:7ZRePnHk0.net [2/2]
その日はそこに泊まることになった
祖母に誘われて近所に散歩に出かけた時、そこで見たことのある景色を見かけた

川があってその向こうに一本伸びる道
そこを辿っていくと夢で何度も見た神社があった

祖母に聞くと、母は初めての出産ということでここに戻ってきて俺を生み
よくこの神社へも散歩にきていた、ということらしい
俺がそこの村にいたのは生後2ヶ月目まででそれ以後一度もいったことはない
6ヶ月には親が離婚していたし、写真も全部親父が捨てた
そもそも、2ヶ月というと多分目もそんなにはっきり見えているわけでもないと思うから
どうやってあの神社のことを記憶していたのかもわからないから本当に不思議なんだよな

でも、そこを歩くと聞き覚えのある砂利の音がして川の流れる音が聞こえ
目の前には古ぼけた神社がどっしり構えていて・・・
母の写真や祖母の顔を見ても懐かしいと思わなかったのに
何故かその神社を歩きながらボロボロ泣いてしまった



関連記事
スポンサーサイト



不思議TB:0CM:8
<< 心と股ホーム全記事一覧借金の申し込み >>

コメント

あなたにとって、一番幸せで穏やかな場所で、時間で、心の拠り所になってたんだろうね

生まれてから2ヶ月までって一番外界からの刺激を受ける時期だからなあ
健全な環境で育つ子供は、その後の快の経験がどんどん上書きされていくんだろうけどね
#-|2015/04/04(土) 13:25 [ 編集 ]

帰れるところがあって良かったな
#-|2015/04/04(土) 15:46 [ 編集 ]

母親を懐かしんでしまっては現実が辛くなるから
そういう記憶だけ残るのかもよ
#-|2015/04/04(土) 18:12 [ 編集 ]

生みの母親も息子の無事を祈ってお参りしてたのかも
#-|2015/04/04(土) 18:57 [ 編集 ]

40を越えて、母と話していたら「赤ん坊のとき、家の近くを台風が通る。めったに見れるものではないから、荒れた海を見せに抱いて行ったよ。覚えてないだろうけど」
しょっちゅう夢に見てましたよ。堤防に当たった波が白く高く登り、7m道路を越えて、さらに少し陸側の平屋の屋根にどかどか落ちるのを。平屋の切妻を斜めに見る空地から。
知っている場所だが、何故そこまで荒れた波を見るのか不思議だった。実際の体験とはね。
#-|2015/04/04(土) 20:41 [ 編集 ]

こういうオカ話は好きだなあ
#-|2015/04/04(土) 20:45 [ 編集 ]

しょっちゅう見る夢は、こういう可能性もあるってことか…
#-|2015/04/05(日) 17:58 [ 編集 ]

恐怖の記憶は子孫に受け継がれるそうだ。
科学的が証明はもうされてる。
高所恐怖症の子は、かつて高い場所で先祖が危機にあったのかもしれない。
こないだそんな記事を読んだ。
だからさ、恐怖じゃなくても親の強い思いのこもった記憶が受け継がれても
それは全然不思議な事じゃないんじゃないかと思うんだよ。
#-|2016/08/15(月) 22:12 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/22400-cb009780

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.