FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


02月 | 2020年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


小田原まで小田急でいくってたまーにやっちゃう。

2015/02/20(金) 12:00:00
302 渡る世間は名無しばかり sage 2015/02/14(土) 15:15:29.91 bFWAUz4j
小田原まで小田急でいくってたまーにやっちゃう。、。。。

316 渡る世間は名無しばかり sage 2015/02/14(土) 15:16:22.07 ZZ6ROZ00
>>302
目が覚めたら小田原
目が覚めたら江ノ島

345 渡る世間は名無しばかり sage 2015/02/14(土) 15:17:42.33 WKPGMudc
>>316
しゃあねえ快速急行で戻るか

→新宿(´・ω・`)行きすぎた

350 渡る世間は名無しばかり 2015/02/14(土) 15:17:54.49 uNjZEhJa
>>316
大学時代、上尾に住む友達が終電で乗り過ごし長野まで行ったと言ってた。

385 渡る世間は名無しばかり sage 2015/02/14(土) 15:19:49.16 lJ+GMYUr
>>345 
俺の出た高校、行き寝過ごして京都行って
戻りまた寝過ごして博多行った奴がいたと伝説になっていた

523 渡る世間は名無しばかり 2015/02/14(土) 15:32:29.58 jGTNEfkg
>>316
JR西日本の新快速で福井から乗って寝過ごしたら最悪、京都大阪通過して西の終点姫路まで行ってしまう



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:9
<< 何が原因?ホーム全記事一覧中国製 >>

コメント

間もなく上野~東京ラインの運行が開始されるけど
一番長いのは宇都宮~沼津だそうで・・・
#-|2015/02/20(金) 15:26 [ 編集 ]

そんなに距離はないけれど、京都~山科間で寝てしまって
起きたときに柘植駅(三重県)だったときのがっかり感と言ったら…
#-|2015/02/20(金) 17:14 [ 編集 ]

新幹線通勤の俺にはもっと悲劇が待ってる
#-|2015/02/20(金) 19:00 [ 編集 ]

大阪市営地下鉄もうっかりすると奈良まで行くからすごく怖かった。
#-|2015/02/20(金) 21:52 [ 編集 ]

ちょっと寝過ごしただけで海の上にいる瀬戸大橋線もなかなか……
#-|2015/02/21(土) 00:09 [ 編集 ]

環状線だから大丈夫と思って目が覚めたら奈良だった
#-|2015/02/21(土) 01:31 [ 編集 ]

新宿~小田原間は寝過ごし(酔ってた)一日4往復した事がある
いつもは大抵3往復までに何とかなるんだが
#-|2015/02/21(土) 02:25 [ 編集 ]

逗子(神奈川)からJRで津田沼(千葉)まで寝過ごした時は
まさにポルナレフ状態(AA略になったな…
#-|2015/02/21(土) 02:31 [ 編集 ]

西に行く電車はマジでやばい
#-|2015/02/23(月) 14:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/22085-f934e797

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.