FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


着物の幽霊

2015/01/20(火) 12:00:00
165 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/18(日)13:57:47 ID:WwC [1/4]
嫁との出会いはちょっと変な出会いだった。
子供の頃よく友達と公園でちゃんばらしたりかくれんぼしたり。
そんな遊びが流行っていて日が暮れるまでみんなと遊び呆けていた。
で、ある日友達がいつも遊んでる公園に幽霊が出るとか言い出した。
着物姿ですすりないてたり無言で俯いてるとか言い出すが誰も信じるわけもなく
公園に遊びに行った
しかし公園に向かってる最中雨が降ってきて、一応公園に行ったが
友達は雨のせいで家に帰ったのか誰もきていなかった。
で、それは居た。
着物を着た髪の長い女の子がベンチに座ってうなだれてる
髪の毛で顔が隠れてよく見えない。
友達が着物の幽霊を見たと言うのを思い出し背筋が凍りつき逃げるように帰った。

166 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/18(日)14:02:42 ID:WwC [2/4]
友達に幽霊を見たことを話したらグループ中に広まり公園で遊ぶのを避けるようになった。
そしてしばらくして大変な事を思い出してしまった。
公園にドラゴンボールの塩ビ人形(ガチャガチャ)を忘れてしまっていたことを思い出した。
100円の安いフィギュアだけど当初すごく気に入ってて大事だった
(たしかスーパーサイヤ人のゴクウw)
また女の幽霊が出たらどうしようとか思いつつフィギュアも大事だったので探しにいくことに
幽霊は居なかった。
また出てくると嫌だから急いで探そうと探索した。
誰かに持ち帰られたのか結局それはみつからず…
ベンチに座って落ち込んでたら隣に誰かさっと座った
着物の幽霊だった

167 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/18(日)14:10:25 ID:WwC [3/4]
髪が長い肌が白い…暗く下を俯いてる。
怖い…どうしよう…とその場で固まった。
逃げようとしてもなんか体が動かなかった。
泣きそうな状況で下を俯いてると
「だいじょうぶ?」
と着物を着た女性が話しかけてきた。
「え!・・・あ・・・はいその・・・さがしてたおもちゃがなくて・・・!」
とあたふたした返答をしたと思う
「そうなんだ・・・なくなっちゃったのかな?」
と女性と目が合った
きれいだった。
色白でおっとりした顔立ち。
怖いなんて印象が一気に吹き飛んだ
「これたべて元気出して?」
と着物のお姉さんが出してくれたのはぼた餅。
「私ね、踊りの習い事しててよくお菓子作って持ってくんだけどあまっちゃったw」
と差し出してくれた。
「あ…ありがとごうざいます」
と俺はもらったぼた餅を上の空ほお張った。
「おいしいです」
と素直な感想を言ったら
「よかった…」と笑顔で答えてくれた。
初恋ってこのことなんだなぁとおもった。
なんでも踊りの習い事は大変らしく、いつも練習が終わった後公園でぐたーっとしてたらしい。
雨が降った時に出くわしたときは、すぐに帰ったそうな

168 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/01/18(日)14:24:58 ID:WwC [4/4]
で、そのお姉さんに会いたくて公園に何度か行ったりしたけどお姉さんにはもう会えなかった。
その後大学のサークルで年上の彼女と付きあう。
しばらくして二人で彼女のアパートで飲んでる際に
初恋の話になって、子供のときそう言うことがあったんだよって言ったら彼女のほうが
「え?それって○○公園のことじゃない?それもしかしたら私かも」と言い出した
昔は習い事をいくつかしてて髪の毛も長かったと、昔の写真を見せられてびっくり
「ぼたもちあげた子が俺君だったんだねー!」と大喜びする彼女
自分自身びっくりしたけど、嬉しくて
「またぼたもち作ってよ」って言ったら
「久々にがんばってみよっかw」
と作ってくれた
後日作ってくれたぼた餅をわくわくしながら頬張ったけど
「あれ…なんかまずいぞ」っていったら
スリッパで頭ひっぱたかれて全部食べ終わるまで腕を組んで見下ろされた。
そして彼女と結婚してたまにぼた餅作るけど昔公園で出された餅程の美味しさじゃなかった。
なんでだろう…

終わりですそれでは



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:11
<< 汲取トイレに猫が落ちたホーム全記事一覧なんだこのガイジ >>

コメント

これは惚気なのだろうか(困惑
#-|2015/01/20(火) 12:24 [ 編集 ]

ぼたもげろ(´・ω・`)
#-|2015/01/20(火) 12:34 [ 編集 ]

思い出が共有できるのっていいなあ
#-|2015/01/20(火) 12:35 [ 編集 ]

嫁さん…丸めてはいたんだろうね
丸めるの上手そうだし
#-|2015/01/20(火) 13:02 [ 編集 ]

もげろタグどうした?
#-|2015/01/20(火) 22:24 [ 編集 ]

作ってたのはお母さんっていうオチでは…
#-|2015/01/20(火) 22:51 [ 編集 ]

なんか普通のノロケ話より心に来るな、これ…。
#-|2015/01/20(火) 22:53 [ 編集 ]

実はまったくの別人だったというホラーなオチかと思った
#-|2015/01/20(火) 23:31 [ 編集 ]

ドラゴンボールの塩ビ人形は見付かったんだろうか
#-|2015/01/21(水) 06:43 [ 編集 ]

もげたらいい。
#-|2015/01/21(水) 08:21 [ 編集 ]

幽霊「でもこのぼた餅の事は誰にも言ってはだめよ?」
  ・
  ・
  ・
俺「子供のときそう言うことがあったんだよ」
彼女「言ったわね…。誰にも言ってはいけないって約束したのに…。」
俺「あ!まさかおまえがあの時の!」
幽霊「このままずっとあなたと暮らしたかったのに…。」
俺「ゆ、許してくれ!ぎゃあああああ!助けてくれえええ!」
#-|2015/01/23(金) 23:41 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/21860-a4614ea5

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.