FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


礼拝中の出来心

2015/01/16(金) 12:00:00
957 名前:774RR[sage] 投稿日:2015/01/14(水) 03:18:25.51 ID:sqxaM74/.net
イスラム礼拝中の出来心
https://www.youtube.com/watch?v=NjFxMGeOeHs






関連記事
スポンサーサイト



動画TB:0CM:17
<< パスポートホーム全記事一覧インフルエンザで寝込んでる >>

コメント

このバチ当たりめ!w
#-|2015/01/16(金) 13:30 [ 編集 ]

みんなかわいいな
#-|2015/01/16(金) 14:18 [ 編集 ]

過激派なら射殺されるレベル
#-|2015/01/16(金) 17:34 [ 編集 ]

(´・ω・`)つバチ
#-|2015/01/16(金) 18:52 [ 編集 ]

みんなこれくらい冗談が通じればいいのにw
#-|2015/01/16(金) 21:02 [ 編集 ]

これは良いムスリムw
#-|2015/01/16(金) 22:03 [ 編集 ]

信仰なんてこの程度でいいんじゃないですかね
#-|2015/01/17(土) 02:43 [ 編集 ]

この地域に住むムスリム伝統のイタズラだったりしてww
#-|2015/01/17(土) 03:00 [ 編集 ]

このくらいのほっこりが当たり前なら戦争も無いのだろうな…
#-|2015/01/17(土) 04:14 [ 編集 ]

登場人物みんな笑ってて微笑ましい
#-|2015/01/17(土) 07:37 [ 編集 ]

ごろり。
#-|2015/01/17(土) 08:08 [ 編集 ]

わずかの間に足元を大きく掘るとか
砂漠ならではのイタズラだよねw
#-|2015/01/17(土) 09:24 [ 編集 ]

こういうの見ると、
いわゆる「原則にうるさい人達」って
卑屈をこじらせてるだけ、としか思えなくなるよなあ
いくら正義気取られても、そこに幸せがないからな
#-|2015/01/17(土) 11:37 [ 編集 ]


人間の生死に携わるものが宗教であって
宗教の為に人間の生き死にが左右されるのは
間違いだよな
#-|2015/01/17(土) 12:45 [ 編集 ]

転び方が盛大で期待を裏切らないw
また追いかけ方がイイw
#-|2015/01/18(日) 02:46 [ 編集 ]

人々が幸せに生きるために
人生の苦しみを軽減させるために
宗教は生まれたはずなのにな。

無知や苦境に漬け込んで
あの世の幸福を餌に自爆させるとか
本末転倒過ぎる。

#-|2015/01/18(日) 05:24 [ 編集 ]

原理主義者の連中は「原則にうるさい人」じゃないぞ
原義を捻じ曲げまくって排他性と選民意識を持ってるだけ
ぶっちゃけ神なんか信仰してないんだよ
こういう本物のムスリムとは全く別物
#-|2015/02/23(月) 03:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/21831-79643277

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.