FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


最 終 戦 士

2014/12/02(火) 12:00:00

本当にあった怖い名無し:2011/08/31(水) 23:59:46.82 ID:swt2qfwB0
高校時代の級友Aが中二病だった。
休日に地下鉄入り口付近でAを見かけたので「おはよーおでかけ?」的な事を
言いつつ近寄ったら、「ひっ!!」って叫んで逃げられた。
何か悪い事をしてしまったのなら謝ろうと翌日学校でまた話しかけた。
私「昨日はどうしたの?私何か悪い事した?」
A「ごめんなさい。でも話しても信じて貰えないと思う…」
私「??よく解らないんだけど…」
A「あのね…私実は…天使に選ばれた 最 終 戦 士 なの…」

Aの話を要約すると。
突然天使がAに「貴女は地球を守る最終戦士の1人である」と告げたので
その日以来Aは最終戦士となった。
他にも戦士が数名居て1人に1人天使が付き、関わってはいけない人間と会うと
「今すぐ立ち去れ」と指示を出す。
昨日私から逃げたのは、私の背後に最終戦士を狙う刺客がいたからだそうだ。

私「で、他の最終戦士とやらとは会ったりできるの?」
A「まだ直接会った事は無いんだけど。近くに居るって天使が」
私「全世界に散らばってる訳じゃないんだ?」
A「うんとね。清田と平岸と真栄と月寒と藻岩(全て札幌の高校名)に1人づつ」
私「へー随分近場ばっかりだね。じゃあ頑張って」
A「あ、また変な態度取る時があるかもしれないけど、それは刺客が」
私「あーもー気にしないでいいよ」

卒業後の事は一切知らないけど、今も最終戦士として
地球(というか札幌市内の南方面ばっかり)を守っているかもしれない。



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:9
<< 日本人ならお米がいいわよね!ホーム全記事一覧学生時代のあだ名晒して一番インパクトあるやつが優勝www >>

コメント

黒礼騎士の称号を授けよう

戦士だが
#-|2014/12/02(火) 12:25 [ 編集 ]

ホワイトストーンズのライバルになっとるかもな。
#-|2014/12/02(火) 12:48 [ 編集 ]

ありがとう最終戦士!
#-|2014/12/02(火) 13:07 [ 編集 ]

敵は熊?
#-|2014/12/02(火) 15:03 [ 編集 ]

>>地球(というか札幌市内の南方面ばっかり)を守っているかもしれない。

そういわれるとご当地ヒーローもそんなもんだなw
#-|2014/12/02(火) 16:01 [ 編集 ]

一方その頃、仮面ライダー1号 本郷猛は海外のショッカーと戦っていた!
#-|2014/12/02(火) 20:11 [ 編集 ]

後で思い出しては悶絶するんだろうな
#-|2014/12/03(水) 00:07 [ 編集 ]

大麻(おおあさ)高校あたりに、敵対側の四天王の一人がいたりするんだろうか。
#-|2014/12/03(水) 09:04 [ 編集 ]

設定ノートを見てみたい
#-|2014/12/09(火) 21:22 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/21537-c42ba20f

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.