FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


事故死した嫁さんの幽霊が出て来た

2014/11/18(火) 12:00:00
931 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/01/25(金) 20:15:30.71 ID:3KAN41FU
事故死した嫁さんの幽霊が出て来た事
それが透けてもなくてごく普通に生きてる人間みたいだった事
こういう幻覚を数ヶ月も見つつ普通に暮らしてた事
病院に行ったら見れなくなると思って必死で隠してた事




関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:12
<< 血は水よりもホーム全記事一覧武士の母 >>

コメント

凄く悲しい気持ちになった…
#-|2014/11/18(火) 12:23 [ 編集 ]

これはどう言えばいいか…
悲しいと言えば悲しいが、幻覚or幽霊見てる間は本人は幸せだったんだ…
そういう体験が出来て良かったねという気持ちもあるしでし…
どうぞ幸せになってください…
#-|2014/11/18(火) 13:20 [ 編集 ]

切ない…
#-|2014/11/18(火) 14:20 [ 編集 ]

亡くなった猫の幽霊が出る家の話に似てる。
ずっと居て欲しいから、何もせず受け入れてるって奴。
#-|2014/11/18(火) 14:32 [ 編集 ]

事故死した、という記憶自体が誤りで
本当は嫁さんは普通に生きているとか?
#-|2014/11/18(火) 14:44 [ 編集 ]

言葉にならない
#-|2014/11/18(火) 14:55 [ 編集 ]

物語にすると最後は嫁の子を受け入れて涙
みたいなのになりがちだけど
幽霊の嫁と楽しく暮らしましたっていう話を見たい
#-|2014/11/18(火) 16:01 [ 編集 ]

幻覚って自覚があるのがまたなんとも…

私も見たいなぁ
幻覚でもいい
息子に会いたい
#-|2014/11/18(火) 17:16 [ 編集 ]

mousouteki.blog53.fc2.com/blog-entry-18288.html
妄想たんに続きがあるよ
#-|2014/11/19(水) 00:20 [ 編集 ]

※5
もうそれでいい、そういうことにしといてくれよ…
#-|2014/11/19(水) 01:30 [ 編集 ]

孫を数ヵ月前に亡くしました。
つかまり立ちからようやく数歩ヨチヨチ歩けるようになって、可愛い盛りでした。

娘がピアノを弾いていると、生前していたように左手でピアノの椅子を支えに立って、右手で座っている娘の服を引っ張ったり、私が洗面所で歯磨きしていると右足にしがみついたり…
姿が見える訳じゃないけど、いろいろ引っ張ったりしがみついてるのを実際感じる。霊とか全く信じないけど…
側にいてほしいと切に願っています。
側にいてくれていると信じています。
#-|2014/11/19(水) 09:39 [ 編集 ]

本文も米欄も切なすぎるわ
みんなまとめて幸せになれ!
#-|2014/11/20(木) 20:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/21435-ea6ccb9d

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.