FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ネズミ

2014/03/18(火) 17:16:19
244 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2014/03/15(土) 11:07:21.92 I
ここで良いのかわからないのですが書きます。
初めて書くのでうまくかけなかったらすいません。


今の旦那と結婚し元々旦那が住んでいたアパートに引っ越した。
子供が産まれ4ヶ月になった時、ネズミが急に大量発生。
子供が毎日のようにダニに刺されるようになりネズミの糞が部屋に無数に転がる、
ネズミが部屋の中を走る、タンスを開けたらネズミとご対面するようになってしまった。
毎日狂ったように掃除をし、子供に何かあったらと思い気が狂いそうだった。
このままだと私も精神的におかしくなる!と思い実家に避難し即引越しをした。
大家さんもいい人で、すぐだったにもかかわらず引越しを了承してくれた。


引越しして数ヶ月後、上の階に住んでいた人が人殺しで捕まった。
殺人現場はその部屋で。ネズミが出たのは何かを教えてくれるだめだったのかと思ってしまう。
事件を聞いた時は震えが止まらなかった。あの時は多分心の中が修羅場だった。



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:11
<< 今日感謝会だったホーム全記事一覧かわいそうなぞう >>

コメント

上の人の所にもネズミが出て
「これは下の階の奴の所為だ」とか
電波出まくって凶行に及んだ可能性も
#-|2014/03/18(火) 17:47 [ 編集 ]

大家さんかわいそうだな・・・
#-|2014/03/18(火) 17:55 [ 編集 ]

自然現象でもあるまいしネズミがそんなこと教えられるわけねーだろ。
多分上の奴が元々おかしい奴で超汚部屋だったりしたんだろうな。
#-|2014/03/18(火) 18:03 [ 編集 ]

腐乱死体にネズミがたかった結果と思ったけど違うか
#-|2014/03/18(火) 18:29 [ 編集 ]

※1
俺もそう思った
#-|2014/03/18(火) 18:30 [ 編集 ]

悪魔の子かと思ったら、違ってた。
#-|2014/03/18(火) 18:35 [ 編集 ]

人間じゃなくても何かを殺して放置してた所為でネズミが増えてた、とかの線もある
#-|2014/03/18(火) 18:38 [ 編集 ]

※4,7
部屋が近くなら先にハエ被害が出ると思う...
#-|2014/03/18(火) 18:42 [ 編集 ]

人肉の味を知ったネズミが赤子を狙ってたかもな
#-|2014/03/18(火) 20:13 [ 編集 ]

集合住宅なら他の部屋にもネズミが出てただろうし、※1みたいな可能性もありそうだな

あと、オカルト的に考えるならこの人が昔どこかでネズミを助けたとか
#-|2014/03/18(火) 21:48 [ 編集 ]

近所で古い家を取り壊すとネズミが集団で引っ越してくることあるよ。
#LkZag.iM|2014/03/19(水) 10:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/21229-4a81059b

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.