続・妄想的日常

おかえり。 
238 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2014/02/02(日) 17:07:03.81 ID:m65A5MkB0
平日のランチタイム、田舎のファミレスにて。
店内に自分と老夫婦しか居ないのと席も近かったため
申し訳ないけど会話が聞こえまくる。
しかし老夫婦かと思いきや、どうやら違う模様。

「最近電話代が高くてね...」
「電話は要件だけにしよう。俺から電話するようにするし、長電話は会って話すようにしようぜ」
「この間3時間くらい話してたわよね、何話してたかも覚えてないわ」
「そういえば○子、あの時~~って言ってたよな」
「そうだったかしら」
「そうだよ」
「よく覚えてるわね、私全然覚えてないわ」
「俺は○子の言うことならなーんでも覚えてるぜ」

みたいな彼からの好き好きアピールが凄かった。
「今度同窓会があって美容院行かなきゃなのよね、髪型悩むわ」
「それはさ、あれだよ、俺が出すからよ、行ってきなよ」
「うーん、髪型がね悩んでるのよね」
「うん、そうだな、ま、俺が出すからよ、なんだ」
「いや...それはいいわよ」
「俺は○子にいつだって綺麗でいて欲しいんだよ!」
「だって一生懸命働いたお金をそれは良くないじゃない」
「男ってのは何かの為に働かなきゃ家帰って飯食ってTV見て寝るだけなんだよ。
何かの為に働くのが生きがいってもんなの!」

ここまで聞こえてるのほんと申し訳ないので言う機会がなくここに吐露。
青春というのはいくつになっても同じなのだなと思いました。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
青春というより体の良い財布代わり
2014/02/05(水) 17:33 | URL | #-[ 編集]
じーさんばーさんですらイチャコラしてるのに…
2014/02/05(水) 17:52 | URL | #-[ 編集]
※1には若い時にすらこんな青春なかったもんね
2014/02/05(水) 19:56 | URL | #-[ 編集]
青春つーより、男はいつまでたっても馬鹿ガキなんだろうな。w
2014/02/05(水) 20:26 | URL | #-[ 編集]
可愛い爺さんだが
なぜか内田裕也で脳内再生されて台無し
2014/02/05(水) 20:29 | URL | #-[ 編集]
財布とかATMとかとはまた次元の違う話しだよなぁこれは…

こんなに愛せる女性に出会えて、こんなに愛してくれる男性に出会えて素晴らしい話じゃないか
2014/02/05(水) 21:53 | URL | #-[ 編集]
これお婆さん困っちゃうよな
たわいない話題でも「俺が出すよ」に持ってかれちゃうと
確かに好きな子にええかっこうしたい馬鹿ガキ風味w
2014/02/06(木) 03:45 | URL | #-[ 編集]
会話がまんま小説じゃん
2014/02/06(木) 06:04 | URL | #-[ 編集]
不倫でないなら微笑ましい
2014/02/06(木) 19:01 | URL | #-[ 編集]
いずれにしても青春ではない
2014/02/07(金) 04:24 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/20936-7bdc7abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック