FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2020年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


どうしてヒョウ柄を着るんですか?

2014/01/28(火) 17:46:25
284 :卵の名無しさん:2014/01/27(月) 11:58:35.95 ID:d+XhuTe70
ヒョウ柄を着てる大阪のおばちゃんに「どうしてヒョウ柄を着るんですか?」と聞くと
「無難やから」って返ってきた街角インタビュー



関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:15
<< ドランクドラゴン鈴木ホーム全記事一覧りんごと寿司の共通点 >>

コメント

虎柄ですと阪神ファンですし
#-|2014/01/28(火) 18:04 [ 編集 ]

さも大阪だけに存在すると思われがちな
豹柄おばさんだけど、私が確認しただけで
東京、千葉、神奈川、石川、広島、福岡にも
複数おりました。
#-|2014/01/28(火) 18:07 [ 編集 ]

青森でも見た

友達のおかんだった
774 #-|2014/01/28(火) 19:13 [ 編集 ]

そらそうよ、どこにでも居るわ
ただ全身ほぼ豹柄にするような奴は
大阪にしかおらん
#-|2014/01/28(火) 19:29 [ 編集 ]

ヒョウ柄は悪ないよ。
#-|2014/01/28(火) 21:07 [ 編集 ]

大阪住んでてヒョウ柄のおばちゃんを見たことある人の方が少ないと思う、マジで
たった一人見たら誰かが「やっぱり」と言って広める悪循環だわ
#-|2014/01/28(火) 21:51 [ 編集 ]

大抵ただの豹柄じゃなくて豹の顔も書いてある
#-|2014/01/28(火) 22:28 [ 編集 ]

共産党の爺さん党員達に現代の若者に対する意見を求めたら「皆こらえ性がなくなっていて一つ仕事を続けられない・・」という、意外にもガチガチに保守的な答えが返ってきたとう話を思い出したり。
#-|2014/01/29(水) 02:42 [ 編集 ]

大阪のおっさんもおもしろい
金色の刺繍の入った真っ赤な上下のジャージとか普通にいる
これは大阪でしか見かけたことないわ
#-|2014/01/29(水) 03:24 [ 編集 ]

※6
家と会社の往復しかしてないんだろ
#-|2014/01/29(水) 03:30 [ 編集 ]

ヒョウ柄はまだ分かるけど、パーマあててファンキーな髪色に染めたがる現象は本当に謎
#-|2014/01/29(水) 05:19 [ 編集 ]

どうせいつもの芸人でしょ
本気で信じてるのはトンキン地方に住むという伝説の池沼人間のみ
#-|2014/01/29(水) 08:53 [ 編集 ]

迷彩効果か。
#-|2014/01/29(水) 10:03 [ 編集 ]

多分大阪のおばちゃんは説明するのが面倒になったから「無難」になったと思う。
#-|2014/01/29(水) 11:00 [ 編集 ]

おばちゃん世代のセンスでは無難、間違ってない。
#-|2014/01/30(木) 13:56 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/20876-2b9b8faa

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.