FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


着せかえおばさん

2014/01/26(日) 17:43:28
722 名前:おさかなくわえた名無しさん sage New! ▽1件 投稿日:2014/01/22(水) 18:07:09.33 ID:N+bQbxN3 1回目
私がまだうら若き20代で、スーパーの衣料品売り場で働いてた頃のこと
度々来て婦人服を盗む万引き常習犯がいて、自分が着ていた服を商品と入れ替わりに
マネキンに着せたり、ハンガーにかけて売り場に並べたりしていたので、
従業員の間で「着せかえおばさん」と呼んで警戒していた
ある日、着せかえおばさんが商品を持って試着室に入り、
着替えて出てくる所をパートさんが目撃した
売り場から商品でない服も出てきて、これはいける!と追跡開始
その日は衣料品の社員は私だけだったので、他の売り場の男性社員に応援を頼んで
店の建物を出たところで確保してもらった
事務所に行ってみると、着せかえおばさんは服装は女性だけど、
顔はどう見ても厚化粧したおっさんだった
この時点でもう怖くて関わりたくなかったけど、店長はたまたま外出中だし
確保してくれた男性社員は事情をよく知らなかったので、私が問い詰めることに…
私「(売り場から出てきた泥の服を見せて)これはあなたの物ですか?」
泥「…そうです」(声もおっさんの裏声みたいだった)
私「今着てらっしゃるのはうちの商品だと思うんですが、いつどこで手に入れられたんですか?」
泥「…前に他の店で買いました」
私「そうですか。で、なぜこの服(泥私物)がここにあるんですか?」
泥「…すみませんでした…」
社員「じゃあ警察呼ぶからね」
そして社員は警察に連絡するために出て行ってしまい、部屋に私と泥の2人だけにされた
ほんの数分だったし泥は大人しくしていたのだけど私の中では修羅場だった

店長が戻ってきて名前を聞くと、「かつみ」みたいな女性ととれなくもないような微妙な名前だった
店長「あなた男性なの?」
泥「…下は、もう取ってありますから…」
要するにニューハーフらしかった
さらに話を聞くと、泥は40代で妻と20歳前後の息子がいるらしい
泥「夫婦仲は冷えきってます…」
そりゃそうだろう

余罪もたんまりありそうなので警察に被害届を出し、ガッツリ〆てお持ち帰りしてもらった
「着せかえおばさんがおじさんだった事件」は従業員の間でしばらく語り草になった



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:3
<< 不当な扱いを受けAKB運営を訴えたAKBファン(2ちゃんねらー)が訴状や身分全てを公開ホーム全記事一覧ごめん、よく意味わらんないww >>

コメント

人の物を盗むのは最低だけど、
この人がこうまで至ってしまった心情を思うと
もう言葉もないな…。
#-|2014/01/26(日) 23:00 [ 編集 ]

いや性で悩んだとしても窃盗はおかしいから
#-|2014/01/27(月) 15:24 [ 編集 ]

外出中だし…なんかエロい
#-|2014/01/29(水) 23:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/20869-32778063

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.