FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ルバング島で潜伏29年、小野田寛郎さんが死去

2014/01/19(日) 18:57:15
321: 名無しさん@13周年 [] 2014/01/17(金) 08:48:55.22 ID:eqXQywqb0 (2/2)
ランボーの映画で元上官に説得させるっての、
小野田少尉帰還時のエピソードが元ネタって言われてたもんな

368: 名無しさん@13周年 [] 2014/01/17(金) 12:45:41.32 ID:rmUkYrlX0
数年前に武術雑誌で小野田さんのインタビューあったな。うろ覚えだが
「暗闇で敵に囲まれると、突然頭が数十倍に大きくなった気がして
 樹々の葉っぱの一枚一枚の葉脈も暗闇の中の敵の姿もはっきり見えた」
「敵弾の弾道を見て体を躱した。剣道の突きが躱せるんだから、出来ますよ」
昔日の剣豪のレベルまで行ってた。





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:15
<< はいっ!メロンパン入れになっておりまーすホーム全記事一覧留守電 >>

コメント

聞くたびに思うがその理屈はおかしい、が、実際30年間やり遂げてんだよなぁ
#-|2014/01/19(日) 19:27 [ 編集 ]

いい加減気付けよと思うがどうなんだ
#-|2014/01/19(日) 19:38 [ 編集 ]

合気道の開祖の人も似たことを言っているそうだ。
弾より一瞬先に気配みたいなものが飛んでくる。それをよけるらしい。
…たぶんニュータイプの理屈と同じで、殺気みたいなものを感知するんじゃないかな。
偶発の殺気のない攻撃というのが案外かわせないとかな。

よく銃を撃って『手ごたえがあった』とかいうのも、理屈として破片だがその辺の感覚なんだろう。
名無しの日本人 #-|2014/01/19(日) 19:57 [ 編集 ]

お疲れ様でした。(‐人‐)
#-|2014/01/19(日) 20:02 [ 編集 ]

任務が命令した上官しか取り消せないものだったから、情報に少しでも疑わしいところがあったら信じられなかったんだろう
太平洋戦争の後もいくつか戦争して軍用機も飛んでたみたいだし
  #-|2014/01/19(日) 20:28 [ 編集 ]

小野田さんは終戦を知っていたのではないか、という意見もある。
彼の信じていたという内容はあまりに荒唐無稽だと。

幻想の英雄・全文公開
ttp://junpay.sakura.ne.jp/index.php?option=com_content&view=category&id=49

長いけれど面白いんでおすすめ。

ただ自分はこれを読んでも、やはり小野田さんは本気で
戦争は続いていると思ってたんじゃないかと思った。
人間関係の閉鎖された環境のカルトみたいなものだったんじゃないかと。
#-|2014/01/19(日) 22:27 [ 編集 ]

攻殻機動隊でも戦争を終わらせられない男の話があったな。とうに戦争が終わったと解っているのに、自分の中で終われなかったベトナム帰還兵もかなりいたと聞くし
#-|2014/01/19(日) 22:37 [ 編集 ]

下にも書いてる人いるけど、カルトの洗脳と同じだから理屈で「戦争終わった」と理解しても自束自縛はとけない。解くにはセットされた手順踏むしかないんだよな。

本当にお疲れさまでした。
名無し #-|2014/01/20(月) 03:28 [ 編集 ]

↑↑密林航路にうってつけの日、だね。終戦は途中からご存じだったけど、もう引くに引けなかった、スイッチを切ってもらう何かが必要だったということかもしれないね。
途中から終戦したらしい、敗戦だったということを漏れ聞き始めても認められず、現地の人間が持っている百円ライターが皆made in japanと入っているのを見て、完全に終戦を受け容れたと伺っている。
この時代のお体にして、佃のご自宅で身罷ることはできなかったのだな。合掌。
#-|2014/01/20(月) 04:15 [ 編集 ]

あれ?
「戦争が終わっても戦い続ける」
って任務だったから、
終わってるの知ってたけど戦い続けてたんじゃなかったっけ?
#-|2014/01/20(月) 08:24 [ 編集 ]

これ物凄い達人級のアスリートと同じだね。ZONE(ゾーン)状態というやつ。
  #ww95c5NA|2014/01/20(月) 11:54 [ 編集 ]

小野田さんの自然塾に行った人が小野田さんが語った個人的な話をちょろっと2ちゃんに書いてたよ。
もうDAT落ちしたけどこことは毛色の違うまとめサイト(保守系)が載せていたので興味があればどうぞ。

元陸軍少尉の小野田寛郎さん死去、91歳 終戦知らず比ルバング島で30年過ごす
ttp://www.hoshusokuhou.com/archives/35730482.html

#-|2014/01/20(月) 13:17 [ 編集 ]

↑↑
その任務、小野田さんの勘違いだった可能性が高いと言われている。
せいぜい戦線が通過してからの後方撹乱だけで、終戦後は当然
停止するものだったんじゃないかと。

だって大日本帝国自体が降伏を受け入れたあとでも戦闘を続けるなんて
任務、天皇に逆らうことになるから正式に発令できるはずがないし、
他にそんな任務を受けた人もいない。

ちなみに、小野田さんの次兄は石原莞爾(天皇に無許可で満洲事変を起こした
軍人)の信奉者で、小野田さんはこの次兄の影響を多大に受けていたとか。

まあこれは『幻想の英雄』の受け売りなんだけど。
#-|2014/01/20(月) 21:39 [ 編集 ]

クスリでもやってたんじゃないのこれ
#-|2014/01/21(火) 15:08 [ 編集 ]


さすがにそれは小野田さんに失礼じゃない?
フィリピンの離れ小島でドラッグなんか手に入んないよ。

↑↑↑
このスレ、面白いなあ。島民と交流して物々交換もしてたし、
終わり頃は終戦も理解してたけど、意地になってたのか。
小野田さんの書いた本も読んだけど、そんな話は載ってなかった。

小野田さんの本ではラジオは敵から奪ったという話になってたけれど、
なぜ罠(内蔵された爆弾とか)を警戒せずに使ってたんだ、という
批判がある。実はラジオも物々交換だったのかな。
#-|2014/01/22(水) 00:48 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/20815-253d1258

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.