FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2019年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


大学を卒業後に入社した会社の修羅場

2013/12/24(火) 17:25:57
708 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2013/12/21(土) 11:14:55.59 0
大学を卒業後に入社した会社の修羅場
俺が入社して1年ほどたったある日社長が突然亡くなってしまった
その後同業他社で働いていた息子が社長を引き継いだ
うちの会社で要領がわからないので専務に色々聞いてやっていたのだが
専務は
「こんなこともわからんのか!」
など
俺が社長だったら心が病むぐらいの罵声を毎日専務は若い社長に浴びせていた

ある時営業から帰ってくると社長が一人で機械を動かしていた
珍しいこともあるなと思い声をかけた時泣いているのが分かった

709 名前:名無しさん@HOME[] 投稿日:2013/12/21(土) 11:15:16.75 0
続き

「この機械を明日一番に納品しないといけないのに専務たち会社をやめちゃったんだ」
といった
いったい何が原因なんだと思い専務に電話をすると
・馬鹿な社長について行くのがアホらしい事
・会社を辞める事は前から決まっていた事、
・自分の会社を作り今の会社のベテランが全員そこに就職する事が決まった事
・お前ら若造は勝手にしろと捨て台詞をはいた事
という事が分かった

慌てて先に帰った工員たちに連絡をして夜通しでなんとか機械を納品できた
それからしばらくした後突然専務は会社を辞めて自分で会社を興した
さらにうちの会社の人員をほとんど引き抜いてしまった
あとに残ったのは社長と俺を含めたったの5人で全員20代
それからが大変だった
顧客を元専務に奪われるわ、製品の不良率が大量発生するわ
連日社長が銀行に行ってもなかなかお金を貸してくれないわ
給料が半分以下になるわと修羅場が続いた
今ではそれらを乗り越えて以前より会社は大きくなった
この間の忘年会で社長が
「あの修羅場があったからこそ俺は成長できたもんだ」
としみじみと語っていた



関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:40
<< 年賀状ホーム全記事一覧うちで飼ってる犬にしょっちゅう喧嘩を売る、野良犬が居た >>

コメント

よくまあ逃げなかったな。
#-|2013/12/24(火) 17:50 [ 編集 ]

これ裁判起こされたら普通に専務負ける事案
#-|2013/12/24(火) 17:54 [ 編集 ]

専務の会社はどうなったのかね
潰れていればいいが
#-|2013/12/24(火) 18:00 [ 編集 ]

※2
だよな
#-|2013/12/24(火) 18:05 [ 編集 ]

新しい会社を興すくらいなら
若社長を担ぎ上げて自分たちの目指す会社にすればいいのに
#-|2013/12/24(火) 18:07 [ 編集 ]

で、「今は元専務の会社を下請けにしてます」って展開だったら
最高に胸アツなんだがなw
現実はもうとっくに引退してて全く関係なくなってるんだろう。
  #-|2013/12/24(火) 19:02 [ 編集 ]

米3
俺も思う

米5
会社のカネの流れとかで、怪しい部分があったのかもよ。
#-|2013/12/24(火) 19:03 [ 編集 ]

顧客も代替わりした途端に元専務の会社に鞍替えするとか、中々に不義理な奴らだな。

まあ元専務の方が商売が上手かったのかもしれないが。

ともかく、社長を見捨てずに一緒に会社を大きく出来たのは誇っていい事だね。
#-|2013/12/24(火) 19:28 [ 編集 ]

元専務の会社が酷いことになるエピソードを見たくなった俺はゲスなのか
#-|2013/12/24(火) 20:06 [ 編集 ]

専務もどこの馬の骨ともわからん息子を社長に据えられて心中穏やかじゃなかったんだろう
ともかく乗り越えて全員軌道に乗ったならいいじゃないか
#-|2013/12/24(火) 20:19 [ 編集 ]

社長が若いのにエライ奴だなぁと思う。
よく折れずに頑張れたもんだ。
#-|2013/12/24(火) 20:22 [ 編集 ]

豊臣秀頼みたい
#-|2013/12/24(火) 20:29 [ 編集 ]

※10
社長の息子に「どこの馬の骨とも知れない」は違うだろ
#-|2013/12/24(火) 20:33 [ 編集 ]

どこの馬の骨って先代社長の息子だろw
出自わかってんじゃねえじゃか、なに言ってんだ
#-|2013/12/24(火) 20:57 [ 編集 ]

たぶん専務は元社長と折り合いが悪かったんだろう
#-|2013/12/24(火) 21:19 [ 編集 ]

※3~あった。

713 :名無しさん@HOME:2013/12/21(土) 11:35:15.32 0
>>710
専務の会社は潰れてないよ
ただ超低空飛行が続いている状態

組合とかで元専務がうちの社長がいる前で他の人たちに
「うちはあの若造の会社と違って技術が高いから・・・」
とさんざん嫌味をいっていたのを覚えている
でも技術力ばかりを強調してトレンドを軽視していたために
だんだんと顧客が逃げていったんだ
#-|2013/12/24(火) 21:23 [ 編集 ]

もう一個あたよ!

719 :名無しさん@HOME:2013/12/21(土) 12:03:23.81 0
>>713
元専務は反対はしなったが
「今の社長はぜんぜん使えない。俺が社長になったほうがまだまし」
と元専務が冗談半分で言っていたのをベテランの社員たちがさんざん
持ち上げたため独立を考えたという話を聞いた
その結果が今の状態なので
元専務の会社をやめ再びうちに戻ろうとした社員もいた
正直また同じところで働くことができるとなぜ考えられたか
不思議でしょうがない
#-|2013/12/24(火) 21:27 [ 編集 ]

続きサンクス
スカッとしたわ
#-|2013/12/24(火) 21:49 [ 編集 ]

花登筺も真っ青のど根性物語

よー頑張ったな
#-|2013/12/24(火) 23:11 [ 編集 ]

給料半分以下でも踏ん張った部下4人は社長の宝だね
#-|2013/12/24(火) 23:38 [ 編集 ]

こっち目線でみれば苦労話だけど
専務目線で見ると「ろくでもない親族経営の会社から危うく抜け出した話」
なんじゃないかな。
#-|2013/12/25(水) 01:03 [ 編集 ]

※21
その結果「ろくでもない親族経営の会社」は以前より業績を伸ばし
自分で立ち上げた会社は超低空飛行なんだから
専務目線で見たら判断を誤った失敗談だな
#-|2013/12/25(水) 02:07 [ 編集 ]

この屑どもが抜けたってのも
会社が以前より大きくなった要因の一つだろうなぁ
#-|2013/12/25(水) 02:41 [ 編集 ]

それは後になって分かった事であって
「社長が死んだらその息子とか言う使えねえ奴がいきなりトップに座りやがったのが俺が専務やってた頃の修羅場」ていう書き出しで
「しょうがないからベテラン引き抜いて別の会社起こしたわ」で終われば
それはそれでいい話じゃないの?
血縁関係だけを根拠に素人がいきなり社長になる、という出だしに
ブラック会社の匂いを感じるんだが
ベテランどころを次期社長にしてやれよ、と
#-|2013/12/25(水) 02:53 [ 編集 ]

同業他社で働いていたのなら
まったくの素人ではないわけで…
#-|2013/12/25(水) 03:04 [ 編集 ]

社長が死んだのは突然の出来事なんだから
息子への引き継ぎが唐突なのは仕方無いし
同業他社で経験を積ませてたのも
時期社長になる想定であったわけで

中立に見ようとしてもこの専務に筋が通ってるとは思えんよ
#-|2013/12/25(水) 06:32 [ 編集 ]

自分が専務の立場だったら

・新社長は頼りなくて会社の先行き不安
・ベテラン社員は皆自分について来るって言ってる
・顧客も大方持って行けそう

て状況なら一度は独立考えるなあ・・・専務のやり方は褒められたもんじゃないけどね。
でもこういう状況だったからこそベテラン社員も顧客も根こそぎ持って行けた訳で専務は機を見て一番効果的なやり方をやったと思うよ。
人道的にどうかと言われそうだが、顧客も生活かかってるから技術や実績に安心できる相手を取引先に選ぶしね。
義理人情だけでは生活していけないのも現実だ。
でも専務はその後うまく運営出来てないみたいだからそこまでの器だったって事なんだろうな。
逃げずに新社長と一緒に頑張ってくれた社員さん達は本当に金に換えられない宝だよ。
#-|2013/12/25(水) 07:51 [ 編集 ]

普通に背任
#-|2013/12/25(水) 09:52 [ 編集 ]

大学を卒業後に入社した会社・・・
この言い回しが気持ち悪い・・・
#-|2013/12/25(水) 11:53 [ 編集 ]

顧客だって右も左もわからん新社長に任せるよりゃ
長年付き合いがある専務が新会社を興すならそっちに任せたいだろうしな

銀行から金も借りれず泣きながら仕事してる社長に
仕事をお願いしようとは思わんだろ
大穴狙いのギャンブルじゃないんだから
#-|2013/12/25(水) 14:24 [ 編集 ]

急死した爺さんの右腕のベテランどころを次期社長にしてやったら
会社の経理ぐっちゃぐちゃにして負債5億作ったあげくトンズラこいたぞw
銀行から暗に横領を仄めかされたグレーっぷりw
同業他社(元親会社)で修行して実家会社に戻っていた親父は
平社員から急に社長にされて負債5億抱えて
根っから職人気質で社長としてはボンクラ2代目だったけど
それでもなんとか会社潰れるまでに借金完済した。
というか規模縮小の為に従業員の再就職先確保して円満退職進めてたら
焦った銀行に資産凍結されてほぼ終わったww
後継もいなかったんで畳みどころは考えていたらしいけど。
#-|2013/12/25(水) 16:59 [ 編集 ]

大番頭に裏切られるってのは昔からよくある話だし、
ヒヨっ子の親族が後継者になるってのも中小ならザラ

任天堂の故山内会長は、先代の急死で社長就任したのが23の時だぞ
しかも社会人経験なしの一学生だった
#-|2013/12/25(水) 22:17 [ 編集 ]

これ背任行為じゃないのか?
#-|2013/12/26(木) 03:35 [ 編集 ]

「専務個人が技術(ないし取引相手としての魅力)を持っていた」
のならばそんな専務をつなぎ止められなかったのは会社なんだよな。

ただ在任中に動き始めてたんなら背任かな。
その社にいることで生まれる諸々を使って動いた時点でね。
個人への魅力だけに反応して周囲が動くなんて辞めてからの話だからな。
#-|2013/12/26(木) 04:47 [ 編集 ]

成長できたのは修羅場のおかげじゃねーよ
残ってくれた708含めた社員達だろ
ぜんぜんわかってねーじゃねーか
#-|2013/12/26(木) 09:53 [ 編集 ]

専務の肩を持つコメントもあるけどこれ専務が人間的にクズだから問題なんだろ
他にもいくらでも方法はあっただろうに今まで世話になった会社を裏切って報告者を含む若手社員を切り捨てるような奴が経営者に向いてるとは思えんわ
親族経営だからブラックだー!って騒いでる奴は少しは世間を見ろよ…
#-|2013/12/26(木) 11:54 [ 編集 ]

ぶっちゃけ義理人情でしかやれない部分ってあるわな
義理があれば金がなくてもなんとかなるし金があって義理がなくてもなんとかなるというか
両方無い相手になるんだろうけども義理を通せない人もいるしな
俺は会社に義理なんてないがな
#-|2013/12/26(木) 13:04 [ 編集 ]

これって社長が頭下げて専務に社長を代わってもらって
その間に経験をつんで
専務が引退した後に社長を継ぐってって言っていればよかったんじゃ?
#-|2013/12/27(金) 05:12 [ 編集 ]


うん。7つ上に書いたうちの親父に学んでくれよな^^
全く同様のプランで役職もない平社員15年やって借金5億の社長に大出世だw
大番頭は爺さんが郷里からつれてきた生粋の右腕。たぶん遠い親戚。
#-|2013/12/30(月) 08:33 [ 編集 ]

専務視点から見た良い話ってなんだよっていう
良い話として切り上げるために退社前、退社後の罵倒の数々や結果としての業績不振を隠して話を盛ることに虚栄的な慰め以外のなにがあるんだ

他者の目線に立つということは別にダークヒーロー(笑)としてでかい面を持ち回りでさせることとは違うだろと思う昨今
#-|2014/01/03(金) 13:20 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/20653-d2514108

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.