FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


あなたのところの壁に怪しい人がいる

2013/11/30(土) 16:20:40
982 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/11/27(水) 20:23:34.00 ID:FGWWhxwy
10年ぐらい前の話だけど、なんとなく思い出したので。
自営業で自宅兼事務所の3階建てコンクリ建物に住んでいる。
先日外壁を塗装しなおしてキレイにしたんだが、
夜中の11時頃、向いの奥さんから携帯にメールが入った。
「何気に外を見たら、あなたのところの壁に怪しい人がいる。
 たぶん落書きだと思う。スプレーみたいなの持ってるし」って。
それで夫と義父と3人で音を立てないようにして出て行った。
夫が私をポンポンと2回叩いたら
「おまえは引き返して警察呼べ」という合図を打ち合わせして。
そしたらカゴにいくつかスプレー缶をいれたのを地面に置いて
男がひとり、壁に何かゆっくり描いていた。
深夜にシュ~~~・・・・・・とスプレーの音。シンナーの臭い。
夫にポンポンと叩かれて、静かに引き換えし警察に電話。
その後また現場に戻ったら、義父と男が言い合っていた。
男「うるさい!黙って見てろ!」
義父「いやそれは!」
男「黙れって言ってるだろ!」
義父「しかし!」
男「殺すぞ!黙れ!」
夫は義父のパジャマの裾を引っ張って「いいからほっとけ」と。
とか何とかやってるうちにお巡りさんがきて御用。
男は描きたいことを描ききって満足げ。
翌朝落書きを消そうと外に出て、改めてじっくり見てみたら
「巨人郡優勝おめでとう!西ぶのば~か」
と書いてあった。
父は「郡じゃないよ軍だよ、と言いたかっただけらしい」
馬鹿はおまえだ。




関連記事
スポンサーサイト
体験談TB:0CM:6
<< EXILEのMATSUが自身の難病「ベーチェット病」の現状を明かす「新薬がたいぶ効いている」ホーム全記事一覧う~う~唸りながら誰かが飛び込んできた >>

コメント

買った本はちゃんと読めっつうの馬鹿!
#-|2013/11/30(土) 17:00 [ 編集 ]

群の方がそれっぽい
#-|2013/11/30(土) 17:23 [ 編集 ]

タイトルだけ見て、オカルトかと思った
死体が壁に埋まってるってオチの
#mQop/nM.|2013/11/30(土) 19:23 [ 編集 ]

これ正しいカギカッコは

父は「郡じゃないよ軍だよ」と言いたかっただけらしい

ってことか?
わかりにくい文章を書くほうが馬鹿だと思う
#-|2013/11/30(土) 20:35 [ 編集 ]

なんか残念な感じの文章力だな
#-|2013/11/30(土) 21:56 [ 編集 ]

「 」の間違いはたまにあるから良いわ。
むしろ

10年ぐらい前の話だけど、なんとなく思い出したので。
自営業で自宅兼事務所の3階建てコンクリ建物に住んでいる。
先日外壁を塗装しなおしてキレイにしたんだが、

この文に違和感を覚えた。
#-|2013/11/30(土) 22:08 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/20478-f40ecd11

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.