fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


私はイエス・キリストその人だ

2013/11/16(土) 16:39:18
525 : 水先案名無い人[sage] 投稿日:2012/05/28(月) 20:30:43.79 ID:RT/4Nw9pO [1/1回(携帯)]
「私はイエス・キリストその人だ」と頑なに主張して譲らない精神疾患者を、
著名な心理学者リチャード・バンドラーが診た時の話。

バンドラー「あなたはイエスですか?」
患者「そうだ、息子よ」
すると、バンドラーは巻き尺を取り出して、患者の身長と腕の長さを計り、
次に別室から板と釘と金槌を持ってきて、患者の目の前で十字架を作り始めた。

患者「息子よ、何をしているのだ」
バンドラー「あなた、イエスなんでしょ?」
患者「そうだ、息子よ」
バンドラー「それなら、私がどうしてここにいるか、分かりますよね?」
患者は急に我に返って叫んだ。
「俺はイエスじゃない!イエスじゃない!」

バンドラー先生の治療、これにて一件落着。

予想外の心理的衝撃を与えることで、対象の思考の堂々巡りを打破する、
この手法は「パターン中断法」と呼ばれているそうだ







関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:11
<< 「吾輩は猫である」の英題ホーム全記事一覧ナマステ様 >>

コメント

「あなたは夜が明けるまでに三度、自分がイエスではないと答えるだろう」
#-|2013/11/16(土) 18:33 [ 編集 ]

又吉イエスは見てる分にはおもしろいのでそのままでお願いします
#-|2013/11/16(土) 19:18 [ 編集 ]

重篤な患者だと
それくらい平然と受け容れそうなんだが・・・
#-|2013/11/16(土) 19:45 [ 編集 ]

千石イエスの立場は?
ryu #-|2013/11/16(土) 19:47 [ 編集 ]

常駐スレにその治療を施してやりたい荒らしがいる。
嘘ばっか言って、何人に何回も論破されても、また同じ嘘でスレを荒らし続ける。
病気なんだろうけど同情出来ない。
#-|2013/11/16(土) 21:27 [ 編集 ]

バンドラー「イザナミだ」
#-|2013/11/16(土) 22:26 [ 編集 ]

先生、それただの脅しなんじゃ………
#-|2013/11/17(日) 01:29 [ 編集 ]

遂にその時が来た!
って逆にノリノリになりそう
#-|2013/11/17(日) 12:23 [ 編集 ]

イエスじゃない!イエスじゃない!

ノーーーーーーー!
#mQop/nM.|2013/11/17(日) 12:39 [ 編集 ]

「あなたはイエスではないのですね」
「イエス」
#-|2013/11/18(月) 18:08 [ 編集 ]

※5
10年くらい前似たような奴が某フェチ系掲示板にいて
何度論破されても戻ってきてうっとうしいので
AA使って煽りまくってたらいなくなってしまった。
彼の安住の地を奪ったかもしれない。
#-|2013/12/18(水) 12:25 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/20369-77be5b08



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.