FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


スティーブン・タイラー

2013/09/08(日) 19:13:41
656 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2013/09/07(土) 23:15:26.93 0
今回の公演も行ったから、思い出して書く

だいぶ前、まだ名古屋にハードロックカフェがあった頃

大好きなエアロスミスのコンサートに読めと一緒に行った
嫁はエアロ全然興味なかったんだが、ライブを見たら
あのボーカルすごいね!アルマゲドンってこの人たちの歌だったんだ!
みたいに初心者丸出しの喜び方だったが、俺は満足して嫁に色々教えてた
帰りにハードロックカフェに寄り、ビール飲みながらハンバーガー食べてたら
スティーブン・タイラーが来た

あの人、あんなビッグな有名人なのにお付の人もほとんどいないんだね

俺は超ファンだから近づくこともできず、固まってたんだが
スティーブンは勝手に、格席をまわり(ディナーショーかよって思った)
俺のところにも来てくれて「チアーズ!カンパーイ!」って。
多分、俺と嫁がツアーTシャツ着てたからその日の客だと理解してたと思う

神と崇めるほど大好きなロックスターが普通に接してくれた
嫁にはハグしてたw
嫁は英語堪能だから色々話してて、俺にはわかんないことも言ってたが
そんなことはどうでもよくて、スーパースターが目の前に居る
精神的に盛り上がりすぎて修羅場だった

スティーブン、ありがとう
一生ファンでいることを誓います



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:10
<< 紅の豚ホーム全記事一覧玄関を開けたら、知らない子供の泣き声がする >>

コメント

あの人ホントどこにでも行くのなw
#-|2013/09/08(日) 19:17 [ 編集 ]

鯛焼きのおっさんか。
#-|2013/09/08(日) 19:57 [ 編集 ]

十三のドンキにもあらわれたぞへ
#-|2013/09/08(日) 20:03 [ 編集 ]

スティーヴンは鯛焼きさえ勝手に食わなきゃとてもいい人
#-|2013/09/08(日) 20:34 [ 編集 ]

世界一の雰囲気イケメン
雰囲気というかオーラって感じだけど
#-|2013/09/08(日) 20:51 [ 編集 ]

天国と地獄を味わってるからな、達観してるような感じがする
#-|2013/09/08(日) 22:08 [ 編集 ]

関係ないが無類のレッドソックスファンだったりする
名無しの壺さん #-|2013/09/08(日) 23:05 [ 編集 ]

いつの間にか名古屋のハードロックカフェ閉店してたんだな。以前名古屋住んでたから少し残念だ。
#-|2013/09/08(日) 23:08 [ 編集 ]

おかしい、鯛焼きの記事じゃないのに鯛焼き食べたくなってきた
#-|2013/09/09(月) 00:14 [ 編集 ]

最近も、来日してストリートミュージシャンとセッションしてたよね
#-|2013/09/09(月) 23:50 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/19886-f4ebdfcd

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.