FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


うどん

2013/06/28(金) 18:30:58
258:名無しさん@13周年 :2012/07/24(火) 05:12:54.84 ID:aMesElod0

・生まれたとき、お祝いのうどんを家族が食べていた
・さすがに母乳より前にうどんは無いだろうと思っていたが、母親はうどんしか食っていなかった。
・「うちの子は○ヶ月でうどんが食べられた」と近所で自慢。
・離乳食はうどん
・はじめてしゃべった言葉は「ぴぴ」、パパの方言かと思ったらうどんの幼児語
・夏休みに親戚があつまるからとうどんを打つ、しかし県内組がもってくる土産はうどん
・家族で外食、というと土日だが有名うどん屋は土日はしまっている理由は
 「週末はゆっくり家族で家うどん(客も店員も)」
・近所のマックが潰れる、理由はうどん屋のほうがファストかつうまいから
・マック跡地にはうどん屋、マック閉店時には「場所が悪い」と言われたがうどん屋は繁盛
・予備校に通うも食堂のメニューがうどんだけ、その名も「合格うどん」、もちろん落ちてもうどん
・地元大学に受かったが、県外のやつが「ゆだめと釜揚げってどう違うの?」「生醤油って何?」
 と言うのを聞いてマジギレ
・サラリーマンのランチの合言葉は「今日どこ行く?」(どこのうどん屋に行くの意)
・以前にうまかったうどん屋を提案するも「今そこは茹でたての時間じゃない」と他店にされる
・茹でたて〆めたてのお勧め店に行くも行列で諦め、不人気店ですませる、そこもうどん屋
・15時ならすいているだろうと郊外店に行ったがサボりリーマン、幼稚園帰りの親子、
 話相手のほしい老人で満員
・年越しにはうどん、「他は蕎麦らしい」、、、「じゃあ両方だな」
・数時間後に年明けうどん
・地元色が重要なサッカーチームの名前がうどん、人気になると思ったら
 不人気メニューの銘銘でフルボッコ
・卸し販売の製麺所に「食わせろ」とどんぶりを持っておしかける、「○○製麺」という店名はこの名残り
・民放よりは捏造の無い某局にてインタビュー「年1000回は食べますよ」
 (え?食事は、、)「食事の前に食べることも、お茶みたいな感じ」
・県別のうどん消費量は2位埼玉の3倍「あれだけ騒いで3倍か、、」人口は埼玉の7分の1で、
 実質2位の21倍
・蛇口からうどんが出てくる
・うどんの効果が切れたことでの手足の震え・幻覚視などの症例もある
・うどん風呂のスーパー銭湯が大人気
・県民にうどん脳が増えつつある
・遠足の弁当箱にうどん、水筒にはめんつゆ
・うどんを三食食べて十時と三時のおやつにうどんを食べる
・うどんを細切れにすれば白米
・米をおかずにうどんを食う
・うどんがないと言って夫のDVがひどくなりました
・うどんはデザート
・うどん生地の服がオシャレ
・うどんに首をかけて自殺
・お年玉=うどん
・誕生日にうどん粉プレゼント
・野良犬や野良猫、カラスがうどんを求めてゴミ箱をあさる
・「こんにちは」「ありがとう」「さよなら」が「うどん」だけですむ
・税金かけてうどんのために井戸を掘る
・うどん大福
・葬式にでると葬式うどんがもらえる
・うどん神さまのたたりじゃあ
・女なんてうどん見せればイチコロ
・うどん税導入、県民も納得
・通貨がうどん粉
・中高生ぐらいなら小遣いにうどんをもらって喜ぶ
・うどんは大人だけが食べて子供には米しか与えてやらない
・呪いのうどん人形
・誘拐犯がうどんを要求
・性欲、食欲、睡眠欲、うどん欲
・うどんの養殖が盛ん
・香川県での観光の楽しみ方は二つある「(うどんを)食べる、茹でる」
・香川県では108通りのうどんの食べ方がある。水そのものも含む
・香川県でのピースは「後20杯おかわりします」の合図
・香川県ではうどんを食べるのではない。ただうどんが貴方の口に入るだけだ。
・既に日本の地下水は涸れているのだが、徳島県はその事を告げる勇気を持ち合わせていない
・毎日、徳島県民は寝る前に明日の天気が雨かどうか確かめる








関連記事
スポンサーサイト



うどんTB:0CM:20
<< 宮崎駿、声優について「女の子の声なんかみんな、『わたし、かわいいでしょ』みたいな声を出す。あれがたまらんのですよ」ホーム全記事一覧やるならやってみろ >>

コメント

後半w
#-|2013/06/28(金) 18:41 [ 編集 ]

うどんに幼児語が存在すること自体驚きだよ
#-|2013/06/28(金) 19:03 [ 編集 ]

途中から投げやりすぎるだろw
#-|2013/06/28(金) 19:05 [ 編集 ]

どこまでが本当なんだよ?
え?全部?w
#-|2013/06/28(金) 19:52 [ 編集 ]

タグに「うどん」があることに一番笑ったwww
管理人どんだけうどん好きなんだよwwwww
#-|2013/06/28(金) 19:59 [ 編集 ]

徳島県民は早く怒れや!
また早明浦が枯れてまうぞ。w
#-|2013/06/28(金) 20:15 [ 編集 ]

早明浦ダム貯水率0%→翌日貯水率100%を二回。
仏の顔臨界点近く、厳島神社の主神のお姉様もお怒り。

最近は節水制限が出たら雨を降らるようになった弘法大師。
#-|2013/06/28(金) 20:19 [ 編集 ]

蛇口からはうどんなんか出ない。
出るのはうどん出汁だ。
#-|2013/06/28(金) 20:21 [ 編集 ]

三重県か。伊勢うどん有名だよな
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2013/06/28(金) 20:51 [ 編集 ]

半分以上マジだろこれw

哺乳瓶にお茶、
お茶をめぐって離婚、
蛇口からお茶
どこへ旅行してもお茶がまずくてキレる
お茶を三食飲んで十時と三時のおやつにお茶を飲む
お茶染めの服がオシャレ
遠足の持ち物に急須、水筒には熱湯
葬式にでると葬式茶葉がもらえる


静岡でもこれだけ本当の事で埋められたし
#-|2013/06/28(金) 20:58 [ 編集 ]

徳島県は雨の心配せんけどなあ。
むしろ、香川が茹でまくってくれるおかげで治水権持ってるから、水売りまくりで儲けてる。(さめうらは高知だけど、徳島県西部の夏子(なつご)ダムとか灌漑用にもいくつか水売ってる)
#-|2013/06/28(金) 22:07 [ 編集 ]

>香川県ではうどんを食べるのではない。ただうどんが貴方の口に入るだけだ。
馬鹿じゃねえのwwwwwwwクソワロタwwwwww
#-|2013/06/28(金) 22:43 [ 編集 ]

通夜振る舞いもうどんやな
#-|2013/06/28(金) 23:47 [ 編集 ]

うどん屋のせいで定食屋がほぼ壊滅してる
#-|2013/06/28(金) 23:55 [ 編集 ]

後半チャックノリス入ってるwww
#-|2013/06/29(土) 00:45 [ 編集 ]

うどん茹でてねーで節水しろカス
#ABmgzI8I|2013/06/29(土) 07:28 [ 編集 ]

ぴぴ じゃなくて ぴっぴ だろ
うどんアイスは載せるほどのことじゃないのか?
#-|2013/06/29(土) 13:01 [ 編集 ]

三重県のうどんのアレは伊勢参りの人がパパっと食べられるように茹でておいたうどんに醤油をかけて食わせたのが始まりだそうな
他にも伊勢の片焼きって言って焼き魚なんだけど焼くと手間と時間を食うから一気に煮て網で挟んで片方だけ焼くっていう物もある
今とは考えられないほどの参拝者が今よりも物流も調理器具も限られた中で腹減ったやつに飯を食わせること前提に作られた独特な料理だね
  #-|2013/07/01(月) 03:39 [ 編集 ]

輸入小麦粉ほぼ100%なのがなあ
#-|2013/07/03(水) 10:43 [ 編集 ]

確かに輸入小麦だが、うどん専用オリジナル銘柄だ。
#-|2013/07/05(金) 16:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/19375-d97b341a

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.