FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


どうしてこう自分は駄目人間なんだろ

2013/05/12(日) 18:40:46
341 爆音で名前が聞こえません [sage] 2013/04/18(木) 07:40:35.59 ID:urVRD4w8i Be:
どうしてこう自分は駄目人間なんだろ
御使い頼まれれば品物を店に忘れるわ、課題を出されればページを間違えて提出するわ…
本当とことん自信が持てない、世の中の人間と比べたら
自分は何もできず唯一口だけが達者だがその口ですら常人のはるか下方にある始末
つまり人と比べても何一つ誇れるところが自分でも見つからない訳だ
人間探せば長所の一つや二つはあるもんだ、というのは友人の弁だが
探し続けて幾年経ってもその長所とやらが見つかる気配もしない、
むしろ短所だけがどんどん増えて酷くなってると感じてやまない
特技と言ってもこれといって見つからない、この板にいる以上音ゲーなのかもしれんが
自分の腕を省みると特技と他人に言うなんて正直烏滸がましいにも程がある
はあ、どうしたらいいんだろう

344 爆音で名前が聞こえません [sage] 2013/04/18(木) 08:29:40.51 ID:WRERULWkO Be:
友達がいるのとまともな趣味があるのと親を悲しませるようなことしてないだけでも十分価値があるよ




関連記事
スポンサーサイト



感動TB:0CM:7
<< へいれつせかい、ってなに?ホーム全記事一覧お箸はご利用になりますか? >>

コメント

口が達者なのか違うのかよく分からんけど

パスカルも生きてるだけで立派みたいな事を言っていたとは思うが

長所は築き上げ育てるものと考えた方が良い
#-|2013/05/12(日) 19:22 [ 編集 ]

こんだけの長文かけるんだから特技長文で良いだろ。
#-|2013/05/12(日) 19:32 [ 編集 ]

米2に同意
うっかりやさんだけど頭はいいんでしょう
いいじゃん
#-|2013/05/12(日) 20:08 [ 編集 ]

自分、やっぱり価値ないッスか…
#-|2013/05/12(日) 20:21 [ 編集 ]

自分も記憶が壊滅的に酷くてよく失敗するけどなんとか生きてるよ。
大学卒業してしばらくアルバイトしてたけど、
どうしてもミスが多くて続けられるか不安だった。
だけどすごく温かい職場で、何年間か勤めさせてくれた。
そしてずっと趣味でコツコツ続けてたことがあったんだけど、
ふとこれを仕事にしたくなって挑戦してみたら認められ、
プロの肩書きを持つ仕事を得て、一人前の社会人になれた。

人間探せば長所の一つや二つはあるもんだ。
でも1年前まで、全然それと気付かなかったんだ。
最近もう一つ、長所を見つけたんだ!
#-|2013/05/12(日) 21:45 [ 編集 ]

本当に文章が達者でビックリした。
#-|2013/05/13(月) 04:46 [ 編集 ]

リズム感があって良い文だよな
#-|2013/05/13(月) 13:31 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/19049-25634b24

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.