FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


キス

2013/05/03(金) 19:22:23
322 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/05/02(木) 19:36:23.21 ID:Cn1HgQhz0
小学3年生の時に父が亡くなって、その半年後くらいの話。
その日は私にしては珍しく夜の3時くらいまで起きていた。
そろそろ寝ようかと思って自分の部屋がある2階に行くと母の部屋のドアが開けっ放しだった。
だいぶ夜冷え込む時期に入っていたし、風邪を引くと困るだろうから
ドア閉めてあげようとしたときだった。
ベッドの脇に寝ている母をのぞき込むように父が立っていた。
幽霊的なものを見るのは初めてじゃなかったので特別驚かなかった。
むしろ呑気に「母に会いに来たのかな・・・?」と思って黙って2人を見守った。
父はベッドに手をついて母さんにゆっくりと顔を近づけていく。
私はすぐに父が母にキスをしようとしていると分かって顔が熱くなるのが自分で分かった。

でもキスは実行されなかった。

あともう少しって所で母が寝返りを打ったために父の唇は枕と接触。
そのまま微動だにもしない父の姿がおかしくて耐えきれずに吹き出すとこっちを振り向く父。
あのちょっと泣きそうになっていた顔は今でも覚えている。
そのまま言葉も無しに父と見つめあっていると母がまた寝返りを打って仰向け状態になった。
父は「待ってました!」と言わんばかりの笑顔で母に振り向き、唇にキスを落とした。
そして床で布団しいて寝ていた兄の額にキスをし、
最後に部屋の前で突っ立っている私の額にもキスをしていった。




関連記事
スポンサーサイト



不思議TB:0CM:12
<< 女「今日…私のこと送ってくれます…?」俺「ok」ホーム全記事一覧俺の友人は飲食店的な振る舞いをするのが好き >>

コメント

欧米か
#-|2013/05/03(金) 19:33 [ 編集 ]

翌朝母が冷たくなっていた
#-|2013/05/03(金) 19:34 [ 編集 ]

※2のせいで台無し
(´;ω;`)イイハナシナノニ
#-|2013/05/03(金) 19:42 [ 編集 ]

短編小説みたい
#-|2013/05/03(金) 19:47 [ 編集 ]

なんか泣いた
#-|2013/05/03(金) 21:39 [ 編集 ]

素敵な父ちゃんもいたもんだ
  #-|2013/05/03(金) 21:44 [ 編集 ]

死して愛を失わないとは

#-|2013/05/03(金) 22:08 [ 編集 ]

羨ましいな
#-|2013/05/03(金) 22:18 [ 編集 ]

メンヘラ・・・
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2013/05/04(土) 04:33 [ 編集 ]

空気読めカス
#-|2013/05/04(土) 05:39 [ 編集 ]

※2
うあああああああああああああ!!
#-|2013/05/04(土) 14:37 [ 編集 ]

素敵!泣きそうになったわ
#-|2013/05/05(日) 10:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/18980-ac9a1129

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.