FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


手塚治虫が言っていたな

2013/05/01(水) 18:46:07
456 名前:花と名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 19:54:42.70 ID:???0
手塚治虫が言っていたな

私は、漫画に映画的手法を持ち込んだと言われるけど、それをやった作家は私以前にもいた
私が、漫画に持ち込んだのは、「悲劇」だろうって





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:11
<< キリショー一人でデビューしたら売れてたかなあホーム全記事一覧リコール >>

コメント

それは数々の仕事逃亡伝説のことか…?
#-|2013/05/01(水) 20:01 [ 編集 ]

いえ、アニメーター悲惨生活のことです
#-|2013/05/01(水) 21:18 [ 編集 ]

それまでの漫画って愉快痛快なおもしろ漫画だけだったのかな
#-|2013/05/01(水) 22:27 [ 編集 ]

※3
ほぼ同時期?の水木茂は悲惨な戦争物ばかり描いてて不人気だったという話を聞いたが…?
#-|2013/05/01(水) 22:51 [ 編集 ]

最近になって弟子や当時の担当編集者が「あの時は凄かった」とかageまくりの回想してるけど、天才の無茶振りに必死に食らいついていった虫プロスタッフやトキワ荘の若手がいなかったらこんな神格化も出来なかったんじゃないかと思う
#-|2013/05/01(水) 23:17 [ 編集 ]

薬やったり暴力振るったり不倫しまくったりするアーティスト等も
死ねば功績しか語らず神格化される。
周りが無茶ぶりについていけた理由(魅力)があるから功績を挙げられたんだろう。
聖人しか評価しなっいって子供すぎ。

名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2013/05/02(木) 05:31 [ 編集 ]

面白くて楽しい≪漫画≫の時代に、「主人公が死ぬ」という物語を堂々と発表したのが手塚。
日本ならではの≪ストーリーマンガ≫は、ここから生まれた。
暗い劇画も悩めるヒーローも、手塚の路線の延長線上にある。
先駆者とはやはりたいしたものだ。
#-|2013/05/02(木) 15:44 [ 編集 ]


解説ありがとう
若者にとってはある一定年代古いのはもう「昔の漫画」で一括りだから分からなかった

本気で数々の逃亡伝説のことかと…
#-|2013/05/02(木) 18:04 [ 編集 ]

水木さんは個性的な一つのジャンルよなむしろ。悲劇って振分けがなんかしっくりこない
#-|2013/05/03(金) 10:00 [ 編集 ]

あまりにも安く仕事を請け負ってしまったのも「アニメ業界現場の悲劇」ではある。原画マンをはじめとしたアニメーターには恨まれているさね。
#-|2013/05/04(土) 06:14 [ 編集 ]

しかし二十年も前に亡くなった故人にいつまでも
責任をなすり付けるのもみっともないぞ。
実際アニメ業界も何回か体質改善に取り組んだが
同業者連中が難色を示し何回も頓挫してる。
#-|2013/05/05(日) 22:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/18966-121d372a

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.