FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


赤川次郎なんざガキの読むもんだ

2013/04/14(日) 19:47:03
837: おさかなくわえた名無しさん [sage] 2013/04/13(土) 23:04:30.31 ID:fLpUj6Am

赤川次郎なんざガキの読むもんだと馬鹿にして大藪春彦を熟読していたが
そっちのほうがもっとトンデモだと気付くのはずっと後になってからだった






関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:13
<< マクドナルド「助けて!」ホーム全記事一覧やっと言えた >>

コメント

漢なら西村寿行一択
#-|2013/04/14(日) 20:06 [ 編集 ]

いや山田風太郎やな
#-|2013/04/14(日) 20:07 [ 編集 ]

在日に取材して作ったレイプ&リンチシーンがリアルすぎる
#-|2013/04/14(日) 20:32 [ 編集 ]

大藪春彦作品の半分は
・俺はヒットマンor秘密部隊のエース
・やれやれとんでもない依頼が来てしまったぜ
・瀕死の重傷!絶対に生き延びてやる!俺の戦いはこれからだ!
だよね。でも好き。
なし #5phnUgNs|2013/04/14(日) 20:44 [ 編集 ]

赤川次郎を中学生の時に読んで以来、赤川次郎と浅田次郎を同一人物だと勘違いしてて、浅田次郎をずっと避けてたんだが、
最近読んだら面白くてびっくりした
とんだとばっちりだよ
#-|2013/04/14(日) 22:23 [ 編集 ]

赤川次郎はなんつーか、何だろうなあ
キャラが異常、非常識な態度とっても普通にスルーされたりして
そこが駄目になってやっぱりガキの時に飽きたなあ。
三毛猫とかの、ヒスったフェミも引くぐらい女尊男卑なシーンとか。
#-|2013/04/14(日) 22:56 [ 編集 ]

文末が「~するのだった…」っていうイメージ
#-|2013/04/15(月) 05:28 [ 編集 ]

赤川次郎は、あの軽〜い文体でJCレイプとかさらっと書くからヒく。
#-|2013/04/15(月) 10:34 [ 編集 ]

オトナは星新一を読め。
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2013/04/15(月) 18:25 [ 編集 ]

セイジンは筒井康隆
#-|2013/04/15(月) 19:19 [ 編集 ]

じゃあ武者小路実篤も
#-|2013/04/15(月) 19:47 [ 編集 ]

ハードボイルドは男のハーレクインだからね
しゃーないね
#-|2013/04/15(月) 20:08 [ 編集 ]

昔ハマっててほぼ全作読んでた。
実は赤川次郎って作品の8~9割くらいに性描写があるのよ。今は全く読まないから、近年の作品がどうかは知らないけどね。
性描写ったって軽い書き方だったりするけどエロはエロ。それがあるから赤川次郎ってむっつりスケベおっさんのイメージがあるし、
小中学生くらいが読むものだと素直には思えない。
#-|2013/04/17(水) 15:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/18841-915abce9

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.