続・妄想的日常

おかえり。 
62 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/25(月) 15:56:57.68 ID:4F5jdP+z [1/3]
やっと落ち着いた自転車泥棒とそのお父さんのお話。
そのお父さんの武勇伝?です。


久々の休みをとって自転車で軽くサイクリングに行き、
良さげなカフェを発見したので休憩する
 ↓
店内から自転車が見える席に案内され、
何気なく外を見てたらものの数分で白昼堂々鍵を切断して盗もうとする青年が現れる
 ↓
おいおい、良くないな~注意するか~と思い席を立とうとすると、
どうやらそれが自分の自転車をいじってると気がつく(゜□゜;)!
 ↓
ダッシュする!
 ↓
つとめて丁寧に優しく、やめた方が良いよと言う
(内心→まじめんどくさいからやめれ!と嘆く)
 ↓
ドロ青年が発狂して鍵を切断するペンチ?みたいなやつで殴りかかってきたので、
やっつけて押さえつけながらおまわりさんに電話
 ↓
窃盗の容疑でドロもっていかれる
 +
ドロがあまりにも痛がるため、なぜかボクも一緒にもっていかれる

<分割 1/3>

63 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/25(月) 15:57:53.91 ID:4F5jdP+z [2/3]
青年は肋骨にヒビが入っていたようで(発覚)
過剰防衛になりかねないからおまわりさんにガチで怒られるも、なんとか開放
この時、青年は高校3年生の受験を控えた未成年で、初犯であると発覚
 ↓
しょうがないから被害届も出さない事にきめる
 ↓
しばらくしたらおまわりさんに呼び出される
 ↓
全盛期のシュワちゃんみたいなお父様と憔悴仕切ったお母さん
それと青年が会議室?みたいな部屋?で待っている
 ↓
シュワちゃんいきなりジャンピング全力土下座(゜□゜;)!
 ↓
いやいや未遂でしたし、
ボクもお子様に怪我させちゃったみたいで誠に申し訳ありません
とボクも土下座
 ↓
土下座大会開催!
 ↓
そこに怒涛の勢いで母親も参戦
 ↓
するとドロ青年がぼそっと一言
「 脇腹痛いしこっちが被害者なんだけど・・・ 」
と嘆く
 ↓
一瞬の静寂の後
シュワちゃんがシュワっと立ち上がり・・・

<分割 2/3>

64 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/25(月) 15:58:37.06 ID:4F5jdP+z [3/3]
青年の鼻っ柱に会心の一撃(゜□゜;)!
(ガチのグーパンチ)
 ↓
ワイヤーアクション映画みたいな勢いでぶっとていく青年
ピクリとも動かず・・・
 ↓
母親発狂+シュワちゃん息子にまたがり追撃をかけようとする
 ↓
すんでのところでおまわりさん達がかけつけ、
5人がかかりでシュワちゃんを抑えこむ
 ↓
顔面血だらけでピクピクする青年
 +
血だらけの息子を見て意識を飛ばしたお母さん
共の救急搬送
 ↓
シュワちゃん取り押さえられながら
「申し訳ない、申し訳ない、申し訳ない×無限」と連呼
そしてそのまま連れ去られる
 ↓
おまわりさんに「すごい現場でしたね・・・」と同情されながら
やっと開放


以上です。

あの出血量と個人的経験則からして、あれは間違いなく鼻骨グチャグチャ
その周辺ヒビだらけだろうと思います・・・

<終了 3/3>



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
読んでる分には面白いが
本人は大変だったろうなw
2013/02/26(火) 19:01 | URL | #-[ 編集]
こういう話を読む度に
過剰防衛の基準が低すぎると思う
2013/02/26(火) 19:04 | URL | #-[ 編集]
クソガキには良い薬。
2013/02/26(火) 19:27 | URL | #-[ 編集]
親父さんが常識人で良かったわ。
2013/02/26(火) 19:33 | URL | #-[ 編集]
何故こんな鉄拳制裁親父が横にいるのに
ボソッと要らん事を言ってしまうのか
2013/02/26(火) 19:57 | URL | #-[ 編集]
だよな。わざわざ地雷踏みにいかなくてもいいものを・・・・
2013/02/26(火) 20:00 | URL | #-[ 編集]
こんだけ真面目そうな父親から何故こんなのが育ったのか不思議
2013/02/26(火) 20:22 | URL | #-[ 編集]
受験控えてる・厳しい父を持つ

この2つだけでも結構なストレス溜まるんじゃないか?
2013/02/26(火) 20:22 | URL | #-[ 編集]
カーチャンが甘やかしてたんじゃね
2013/02/26(火) 20:23 | URL | #-[ 編集]
親父さんが「お前の教育が悪かったんだ!」とか母親に言い出さないか心配だわ
ウチはそれで家庭崩壊しかけたし
2013/02/26(火) 20:54 | URL | #-[ 編集]
>>個人的経験則からして

なにした。
2013/02/26(火) 21:34 | URL | #-[ 編集]
こんなまともそうな夫婦の間に生まれても泥棒になっちまうのか…
子育てって難しいんだな
2013/02/26(火) 22:11 | URL | #-[ 編集]
肋とか鎖骨が過剰防衛に入るのおかしいよね。。。
2013/02/26(火) 22:33 | URL | #-[ 編集]
肋骨なんて、体重かけて押さえ込んだ程度でもヒビくらい簡単に入るよ。
武器持った相手なのに過剰防衛どうのって、本当おかしい。
2013/02/26(火) 22:41 | URL | #-[ 編集]
んとーぜんの報いっ!!!!!
2013/02/27(水) 00:34 | URL | #DhS2FEzo[ 編集]
>受験控えてる・厳しい父を持つ
>この2つだけでも結構なストレス溜まるんじゃないか?

んなもん、窃盗する理由になるか?
2013/02/27(水) 02:21 | URL | 名無しさん@ニュース2ch #-[ 編集]
父親は一見感覚はまともそうだが、これだけじゃ子育てに関与していたかは分からないからなあ
仕事一徹で家庭を顧みなかった結果かもしれない
2013/02/27(水) 04:21 | URL | #mQop/nM.[ 編集]
これは良いスカ
2013/02/27(水) 04:56 | URL | #-[ 編集]
この手のスレの俺のコメは決まっている
"自転車と傘を盗むヤツは滅べ"
2013/02/27(水) 07:29 | URL | #ABmgzI8I[ 編集]
絶対駄目な事だけど、もし「ストレスだった」で許されるのは
窃盗しようとした部分だけ
切れて武器持って殴りつけたり、こっちが被害者だとか
厚顔無恥なクソ野郎部分はストレスには全く関係ないと思うよ

本当に何でこんなカスがこの夫婦の息子なのか謎だ
2013/02/27(水) 07:56 | URL | #-[ 編集]
自転車ドロは足切断してもいいようにしなきゃ
2013/02/27(水) 07:57 | URL | #-[ 編集]
謎でもなんでもない
アグレッシブな厨二病だろ
盗んだチャリキで走り出すつもりだったと
それなら台詞もうなずける
2013/02/27(水) 08:34 | URL | #-[ 編集]
まあ保護者自らが過剰に怒ってみせてドラ息子をボコボコにする事で
被害者に気後れさせて「まあまあその辺で許してあげて」に持っていくのは
この手のトラブル処理になれた輩の常套手段だわな
って祖母ちゃんが言ってた
2013/02/27(水) 10:40 | URL | #-[ 編集]
すんげぇ計画的な犯行だな
常習だわこれ、チャリ売ってたろ
2013/02/27(水) 10:50 | URL | #-[ 編集]
過失でない犯罪者は全員死刑で良いです
特に直接他人に迷惑が及ぶようなものは
2013/02/27(水) 12:27 | URL | #-[ 編集]
土下座ってやる方に得があるだけのパフォーマンスなんだよね
そこに追加で息子の鼻折りパフォーマンス演じるなんてまともな父親じゃないって
息子が泥棒でも不思議はない
2013/02/27(水) 15:23 | URL | #-[ 編集]
とりあえず書き方にイラっとした
2013/02/27(水) 20:15 | URL | #-[ 編集]
うん、この親父さんは常識人ではないと思う
家庭内では暴君で子育てに関与してないタイプじゃないかと
それで家族が不始末しでかすと「俺のメンツを潰した」と激怒する
多分、子供が大学受かっても褒めないけれど、落ちたら怒るね
うちの親父とそっくりだわ
俺は盗みはしなかったけれど、いらんこと言ってわざと怒らせてた
思えばかまって欲しかったんだな、アレは
2013/02/28(木) 08:08 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
「盗犯等の防止に関する法律」っていうのがあって、盗犯に殴りかかられて反撃したのなら、殺傷しても正当防衛になるはずなんだけどね
2013/03/01(金) 01:28 | URL | #-[ 編集]
何がどうひっくり返ったら自分が被害者とか言えるんだよキメェww
2013/03/01(金) 02:08 | URL |   #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/18502-bb939781
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック