続・妄想的日常

おかえり。 
483 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/23(土) 18:38:44.56 ID:gSlvmhyA
昔友達と鉄道旅行した時、友達の希望で中央線で松本から名古屋まで
鈍行で行ったんだが、肝心な友達の方が寝やがってw 
数時間俺は一人で山奥の景色をボーッと眺める苦痛な時間を過ごした…

ところが最近、気まぐれで一人で同じルートを鈍行で行ったのだけど
苦痛が全く無く、昔詰まらなかった山奥の景色が素晴らしく思えたし
苛々の原因の一つだった、特急通過待ち時間なんか、時間が止まったようで
のんびりして心地好く思えた。
ボーッとしたり、のんびりしたり、無駄に過ごしたする時間が財産に思えてきたし
人造的な街や建物よりも、山や森や山奥に流れる川を眺める方が楽しくなってきた
そういう気持ちが自分自身でも感じ取れるようになってきた。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
乗り鉄の世界へようこそ
2013/02/24(日) 18:42 | URL | #-[ 編集]
木曽路は今でも中山道の時代から変わってないんじゃないかと思うくらい、何もないよな。山しかない。
2013/02/24(日) 19:40 | URL | #-[ 編集]
子供の頃はなんで大人が山を見に行ったり花を見に行ったりするのか分からなかったな
2013/02/24(日) 19:59 | URL | #-[ 編集]
各駅停車の旅って良いよね。
周りの話し声の方言が少しづつ変わっていくのを
ぼんやりと意識しながら、車窓を眺めるのは
けっこう楽しい。
2013/02/24(日) 20:03 | URL | #-[ 編集]
まさにほのぼのだな
2013/02/24(日) 20:53 | URL | #-[ 編集]
成長したからっていうのもあるし
一人旅だからっていうのもあるよね
2013/02/24(日) 22:03 | URL | #-[ 編集]
ガキの頃は歳を取るほど人生がつまらなくなるイメージがあったけど、
今のとこ楽しくなっていく一方だわ
2013/02/24(日) 22:04 | URL | #-[ 編集]
うん、いい話だ
2013/02/24(日) 22:07 | URL | #-[ 編集]
年を取るごとにつまらなくなるで正解だよ。
春もあることはある、一旦上向くけど、人の春は短い。残るは苦のみ。

"小さな幸せも大いなる苦しみの内にある" by 俺
2013/02/24(日) 23:56 | URL | #-[ 編集]
昔は電車やら乗り物は、目的地に着くための移動手段としか思ってなかったなぁ
40分程度ボックスシートの快速に乗るのさえ苦痛だった

今は旅行いくと移動時間も楽しみのひとつだ
2013/02/25(月) 00:39 | URL | #-[ 編集]
出張多い仕事してると移動時間=睡眠時間として計算するからな
2013/02/25(月) 08:01 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集]
鉄道とか全く興味ないけど
JRの田舎走る鈍行の窓から見える景色は好き
2013/02/25(月) 09:09 | URL | #-[ 編集]
東京駅から中央線使って名古屋まで行けると知った時は
実際乗って行ってみようかとちょっと思った
2013/02/25(月) 12:23 | URL | #-[ 編集]
名古屋からだと中津川で列車本数が少な過ぎて唖然とする事になる
2013/02/25(月) 19:47 | URL |   #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/18500-68e358c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック