FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


メスさばき

2012/12/31(月) 15:33:47
365 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/12/31(月) 10:43:50.17 ID:6VvakLht
 私は彼のメスさばきが、また拝めると思っただけでひどく興奮し、また緊張もしていた。
目の前にいる初老の男――名を藤木信介といった。彼は"神の手"を持っている。
瞑想でもしているのだろうか。私は申し訳なく思いつつも、目を閉じている彼に声を掛けた。
「藤木先生、そろそろ時間ですよ」
彼は手袋をしながら「分かった」とだけ声を発すると、ゆっくりと腰を上げた。

 彼が最初に「メス」と一言だけ言うと、あとは黙々と手を動かした。
最初に驚くのは、何といってもその速さだ。通常行われる速度の二倍、いやもっと速いだろうか。
それでいて、完全無欠のその正確さ。二度も驚かされる。
もっとも、彼が"神の手"と呼ばれる所以はそこにあるのだが。

 私が「お疲れ様です」と言って、彼に目をやると普段見たことのない汗が頬を伝っていた。
常人には理解出来ないような、かなりの集中力を要するのだなと、私は勝手に解釈していた。
「藤木先生……私も先生のようになれるでしょうか」
勝手に口が動いていた。彼は突然の質問に驚くことなく、屈託のない笑顔で答えてくれた。
「ああ、なれるとも。まずはひよこの気持ちを知ることだ」
私は左右の箱の中にいる沢山のひよこを見てから、彼に笑顔で「はい」と返した。



関連記事
スポンサーサイト



ネタTB:0CM:5
<< 大晦日ホーム全記事一覧え?マジで? >>

コメント

ひよこ鑑別士か
#-|2012/12/31(月) 15:53 [ 編集 ]

ロリショタ鑑別士か
#-|2012/12/31(月) 20:25 [ 編集 ]

タイトルでヤリチンを想像した俺は年を越せない
#-|2012/12/31(月) 21:13 [ 編集 ]

研師かと
#-|2013/01/01(火) 19:43 [ 編集 ]

雌雄の判別に一秒かけてないからな。一羽掴んだ片手でもう次の一羽掴んで、雄だった片手はもう放り投げた後。
#-|2013/01/02(水) 04:42 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/18136-d1b203dc

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.