FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


03月 | 2020年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


遺言

2012/12/15(土) 18:40:43
【芸能】カンニング竹山 相方・中島忠幸さんの7回忌を報告
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1355385975/98

98 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/12/13(木) 18:01:42.37 ID:AeY5z22i0
中島の遺言
「竹山よ。絶対に芸人やめるなよ!おれのためにやめたら許さんぞ!
いいか!何年かしたら俺のことネタにしてくれ。だってそうだろ?俺が死んで
おまえがなんもいわんなったら俺悲しいやん。
ネタでもいいからおまえと一緒に芸人を実感したいんや!
だからいつか俺の死すらネタにするくらいがんばれよ!」




関連記事
スポンサーサイト



泣けるTB:0CM:12
<< キッチンマグネットちょうだいホーム全記事一覧レゴ好きの息子がレゴ社に出した手紙 >>

コメント

今でも中島のご家族にギャラの半分を送っているんだろうか
本当に泣ける
#-|2012/12/15(土) 19:24 [ 編集 ]

やめれんわな。これは。
名無しさん #-|2012/12/15(土) 19:32 [ 編集 ]

そんで単独ライブで中島を扱ったネタをやったんでしょ?
去年か今年。
#-|2012/12/15(土) 20:46 [ 編集 ]

もう7年経つのか・・・
#-|2012/12/15(土) 20:46 [ 編集 ]

もう7年になるのか・・・
今でもカンニングの竹山なんだよな。
#-|2012/12/15(土) 20:51 [ 編集 ]

6年だけどな。早いな。
#-|2012/12/15(土) 21:37 [ 編集 ]

えーいつも1人なのは相手がいなくなってたのか
ドンドコドンみたいな感じだろうと思ってた
今さらだけどご冥福を祈ります
#-|2012/12/15(土) 23:38 [ 編集 ]

中島さんが急病で、竹山一人でTVでコントやる羽目になったのをみてたが、
ピンでは面白い事何1つ言えず、情けないくらいダメダメだった

消えていくだろうと思ってたが、意外と生き残ってるな
#-|2012/12/16(日) 00:34 [ 編集 ]

本人いわく「ピン芸人竹山ではない。あくまでもカンニング竹山」なのだそうだ。
#-|2012/12/16(日) 01:16 [ 編集 ]

カンニングの名前を消さないのはDVDや本の印税が遺族に渡るようにだろうな
ギャラ折半もかなりの間続けていたけど、中島の嫁さんが再婚することになってそれを機にやめたはずだ
#-|2012/12/16(日) 01:34 [ 編集 ]

人が本当に死ぬのは、死んだ時じゃなく忘れられた時だ、って言葉思い出した。
中島さんはまだ生きてるんだなあ
#-|2012/12/16(日) 01:38 [ 編集 ]

そうなんだ、中島さんの奥さん再婚したんだ
おめでとうございます
#-|2012/12/16(日) 03:01 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/17987-fbee84cd

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.