FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


やっと戦争が終わった

2012/11/16(金) 18:26:43
594 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/15(木) 15:37:23.71 ID:MayHtAO9
このスレでいいのか分からないけど。
祖父が戦争の時に相当な修羅場をくぐり抜け、
しかもその事が本になって出版されてたことに衝撃受けた。

祖父が満洲にいたことは知ってたんだが、
シベリア行きが確定してしまい友人と逃亡したのは知らなかった。
なんでも2~3日は友人たちと逃亡生活を過ごしたけど、人数いると目立つからということで
別れわかれに。
祖父は一週間(祖父の感覚では)ぐらい彷徨い、やっと船に潜り込んで日本に帰国したんだって。
逃亡中、現地の中国の人々が匿ってくれたりご飯わけてくれたりしたから、
祖父は中国には足を向けられないと言っていた。

何より衝撃だったのは、祖父はあまり戦争の事を話さなかったんだけど、
話すようになったキッカケが、逃亡中途中で別れわかれになった戦友から、
今も元気であるという手紙が先日届いたから。
相手方が長い間かけて、祖父の無事を信じて
祖父の消息を探し続けてくれたらしい。
手紙読みながら普段泣かない祖父が、号泣して膝ついたのに驚いた。
祖父が泣きながら「やっと戦争が終わった」と呟いたのが心に残った。
じいちゃん、すげえドラマ。

607 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/15(木) 19:05:50.72 ID:Q+As7iur
>>594
二人とも本当に生きててよかったね
というか私も戦争関連の話を書き込みに来たので偶然に驚いた

以下長文スマン



ばあちゃんが私と2人きりになるとよく泣くようになった
私が成人してからの現象だからずっと不思議だった

だから最近会ったときに訳を聞いたら
今の私が戦時中に亡くなったばあちゃんのお母さんに似ているからだと言われた
ばあちゃんから戦争の話を聞いたのも初めてだったから驚いた

戦争の時、ばあちゃんの母親はまだ7歳だったばあちゃんとその弟を連れて逃げていたんだけど
身重で満足に栄養も取れなかったから病気になってしまって、
娘に私の代わりに弟を守ってねといって防空壕で死んでしまった

ばあちゃんは県の北部に住んでいたんだけど米軍から逃げるために幼い弟をおぶって
飲まず食わずで南に歩き続けたらしい
夜に歩いてる時は心無い人にお化けと間違えられて石を投げられたこともあったと

でも力尽きて道に倒れてたとき、米軍のジープが来て連れていかれて
殺される、と思ったけどご飯やお菓子をくれたり、お風呂にも入れてくれてとてもよくしてくれた
のがとても嬉しかったから
命の恩人の米兵さんにもう一度逢いたいと言っていた

色々衝撃すぎるが、ばあちゃんが必死で生き抜いてくれたから今の私がいるんだなと思って
頑張って生きようと思ったよ

>>594のお祖父さんもそうだけど、戦争を生き抜いた人は強いね



関連記事
スポンサーサイト



泣けるTB:0CM:16
<< パン屋の天使ホーム全記事一覧昼過ぎの空いた電車に乗っていたら >>

コメント

俺の爺さん 戻って来なかった
                完
名無しさん #-|2012/11/16(金) 19:31 [ 編集 ]

うちの祖父さんも余り戦争自体の話はしなかったなぁ。
船の話は結構してくれたけども。
#-|2012/11/16(金) 19:31 [ 編集 ]

鬼畜米英って要はジミンガーメソッドだよなぁ
スパイ防止法の制定と外患誘致罪の活用が今後の課題か
#-|2012/11/16(金) 20:59 [ 編集 ]

親父が毎年7月6日になると甲府大空襲の話しをしてくれる
毎年寸分違わぬまったく同じ話しだが、生々し過ぎてその日一日凹む
ryu #-|2012/11/16(金) 21:20 [ 編集 ]

爺さんが冤罪で中国共産党に処刑されかけた話を聞いて以来、
中国という国の何もかもが嫌い。
名無しさん #-|2012/11/16(金) 22:36 [ 編集 ]

※1

だがおまえは今ここにいる
#-|2012/11/16(金) 22:55 [ 編集 ]

>>逃亡中、現地の中国の人々が匿ってくれたりご飯わけてくれたりしたから

つまり現地の人には日本人はそんな憎まれてなかったてことだろ
#-|2012/11/17(土) 00:31 [ 編集 ]

心情は察するが中国だって一枚岩じゃない
中国全て憎しと言うのは反日感情の形成の仕方と結果的に変わらない

にしても爺さん名言だな
「やっと戦争が終わった」の一言がドラマチック
#-|2012/11/17(土) 00:45 [ 編集 ]

その当時の中国は共産党なんてなかったから
全体思想も埋め込まれていない
なので、日本人に対する考えも色々あったろうし、由緒正しいエリート層も存在してた
#-|2012/11/17(土) 02:16 [ 編集 ]

※10
説明不足ですまない。

うちの爺さんは日本に帰ってきたのは昭和30年だよ。
終戦時は満州にいて、中華人民共和国の成立の際には四川省にいた。
中国共産党vs国民党軍の内戦にも巻き込まれている。
多くは語りたがらないが、大戦中よりも多く人を殺したらしい。
親父は団塊世代の生まれだけど、戸籍上の出生地は中国だよ。
ちなみに婆ちゃんも日本人(看護婦だった)。

国民党軍側の中国人は良くしてくれたらしいがな。
※5 #-|2012/11/17(土) 06:20 [ 編集 ]

ごめん※10は俺だった
※5 #-|2012/11/17(土) 07:26 [ 編集 ]

いろんな人がいるんだねえ
#-|2012/11/17(土) 08:08 [ 編集 ]

強くはないだろ。助けられてるんだから。
助けてもらえたら日本人は憎まれてない?
面白い理屈だ。
在日を憎んでいる日本人は、在日が目の前で困っていても助けないんだな。
いじめはいじめられる子に原因があるというのと同じような理屈だね。
#-|2012/11/17(土) 08:33 [ 編集 ]

人種関係なく良い人は良い人だしクズはクズだしね
見つかると問答無用で強姦されたり殺された民間人も山程居た中で
生き残った人達は良い人達に巡りあえて本当に運が良かったと言わざるを得ない
#FvLIUmYM|2012/11/17(土) 09:57 [ 編集 ]

※1
ナイトスクープで、依頼者は初老の男性。依頼内容は、戦地から母宛に届いた父の手紙を解読して欲しいっていう内容だったけど、あれ観たら色々思う事あるなあ。(レイテ島からの手紙だったと思うけど、ぐぐればツベが出てくる筈)
#-|2012/11/17(土) 11:29 [ 編集 ]

ナイトスクープのレイテの話、たまたま今日見たとこだった。

ただ泣ける。

スタッフも文化財研究所の人も、いい仕事したもんだな。
#-|2012/11/17(土) 18:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/17785-4a6bb6c8

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.