FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


綺麗なお姉さんのグループ

2012/11/07(水) 18:38:53
878 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 22:59:07.77 ID:AV0aFi8B [1/3]
高校生の時に体験した事。

うちは母子家庭で、母親は病気がちだった。グレようとするタイミング毎に母親が手術。
高2の夏休みにやはり母親が入院し、DQNなりかけだった私は夜毎繁華街を徘徊していた。
ある日、いつも通りにゲーセンで時間を潰していたら綺麗なお姉さんのグループに声を掛けられ、
アホなJKだった私は尻尾を振ってついて行った。
そして何故か化粧品や服や靴、キラキラしたノートやペン等、バイト代すら生活費に
入れざるを得ない貧乏娘には憧れ()の物を色々買って貰った。
一応遠慮はしたけど「死んだ妹にそっくりで」やら「妹にしてあげたかった事をさせて欲しい」
やら言われて、「そんなもんかな」と納得した。
ご飯をご馳走になって高そうなホテルに泊めて貰って朝ごはんまでご馳走になって、
流石に「何かおかしい?」と思い「帰る」と言ったら封筒を渡されて
「おうちで開けなさい」と言われた。
車で繁華街の駅まで送って貰い、お礼を言ったらお姉さんたちに順番にキスされた。
家で封筒を開けたら50万円入っててビビった。

あれは何事だったんだろうと今でも思う。
しかも、お姉さん達の名前も聞いてなかったし私も「かわいこちゃん」としか呼ばれなかった。

879 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:01:03.23 ID:Jx6dKxba [1/2]
>>878
何その天使グループ

880 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:05:40.47 ID:Tz9KS+ex
すごい話だ。お父さんが影ながら、娘と元?妻を案じて、なわけないか。

881 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:08:45.21 ID:8xBn1Qh0 [2/2]
すごい
私ならうっかり身近な人に自慢してしまいそうだ

884 名前:878[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:20:09.43 ID:AV0aFi8B [2/3]
>>879
全くわからない。多分、天使がDQNにすらなりきれない馬鹿娘を憐れんで情を掛けてくれたのかな。
と思わないでもない。

>>880
ガッカリさせたら申し訳ないが、私の父は母に借金押し付けて私の貯金箱にまで手を付けて逃げた
キングオブクズだからそれは無いと思う。

>>881
最後のキスと50万円でなんだか「罪を犯した」気になって母親にすら言えなかった。

887 名前:878[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:32:39.63 ID:1gITTVzK
>>886
使う気にもなれず捨てる事も出来ず、タンスに隠してた。
高校を卒業して働くようになってから少しずつ貯金箱に移して「小遣い貯まった」
と嘘をついては母親に車椅子買ったり保険使えないコルセット買ったりして全部使った。
本当の事は今でも母親に言えない。

888 名前:878[sage] 投稿日:2012/11/06(火) 23:35:09.14 ID:AV0aFi8B
何故かID変わったけど>>887は>>878ね。



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:27
<< 反省すべき夫への暴言ホーム全記事一覧庭で花壇の手入れをしていると >>

コメント

不思議な話だな。
一番ありそうなのは「盛大な人違い」だが。
#BsqUATt6|2012/11/07(水) 18:42 [ 編集 ]

似たような経験あるけど(貰わなかったよ。ビックリしてなんか謝って逃げた)、こういうお金って自分には使いにくいよね。

人のために使うことで、なんとなく罪の意識を減らしたくなるっていうか。

もともと物欲少ないから欲しい物もないんだけど。
#-|2012/11/07(水) 18:50 [ 編集 ]

事情知ってる誰かの差し金とか?
じゃなきゃ人違いだろうけど途中で気が付くだろういくらなんでも
#-|2012/11/07(水) 18:52 [ 編集 ]

リアリティが全くないだけに
逆にリアリティがあるな
#-|2012/11/07(水) 19:19 [ 編集 ]

図に乗ってもし次に会ってたら拉致られて、肉便器として一生監禁…みたいな匂いがする
#-|2012/11/07(水) 19:59 [ 編集 ]

たぶん綺麗なお姉さん達が汚い手段で手にした金を処分したかったんだと思う
#-|2012/11/07(水) 20:23 [ 編集 ]

わたしです
#-|2012/11/07(水) 21:19 [ 編集 ]

(タイガースが優勝した年)
#-|2012/11/07(水) 21:45 [ 編集 ]

ウルトラKの実地訓練の可能性
#-|2012/11/07(水) 22:02 [ 編集 ]

母親の友達か、バイト先の何らかの繋がりなんじゃないかね。
母親の絡みだったとしたら、娘の金の使い方に感涙したろうなあ。
#QDktQvZ6|2012/11/07(水) 22:03 [ 編集 ]

これも未来から来た自分説。
#-|2012/11/07(水) 22:23 [ 編集 ]

呼んでくれよそういうとき!
名無しの散歩さん #-|2012/11/07(水) 23:22 [ 編集 ]

現代版「小僧の神様」って感じ。
#-|2012/11/08(木) 00:12 [ 編集 ]

なんとも、不思議な話だな
#-|2012/11/08(木) 05:59 [ 編集 ]

70年代前半頃までの新宿あたりならありそうな話、となんとなく思った。
#-|2012/11/08(木) 08:35 [ 編集 ]

「死んだ妹にそっくりで」

↑これが実は真実で、その日は
たまたま妹の命日だったとか?
#-|2012/11/08(木) 12:27 [ 編集 ]

父が罪滅ぼしで
ってのが一番無理ないストーリーだと思うが
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2012/11/08(木) 13:15 [ 編集 ]

お姉さんが一人なら普通に妹に似てたんだろうけど
グループだと不思議な感じがする
妹を亡くした金持ちのお嬢様とその取り巻きみたいな感じか
あるいは父から頼まれたキャバ嬢か
#-|2012/11/08(木) 17:37 [ 編集 ]

まぁ、真実は小説よりなんとやらということは良くあるからな。
#-|2012/11/08(木) 20:05 [ 編集 ]

いやこれ金持ちレズ集団のお戯れじゃないの?
#-|2012/11/08(木) 21:24 [ 編集 ]

※17
屑が改心するなんてストーリーは無理がありすぎる
#-|2012/11/09(金) 01:35 [ 編集 ]

バブルの時ならあり得る話だな
#-|2012/11/09(金) 12:09 [ 編集 ]

ソープ嬢がコンビニで一万円募金したりするとか聞くな
それと似たような話なのかも知れんね
#-|2012/11/09(金) 14:32 [ 編集 ]

物欲がない金持ちの集団だったんだろうな
レス主の生い立ちを聞いて助けてあげたくなったんだろう
まさに天使
#m.2.LkcQ|2012/11/09(金) 15:40 [ 編集 ]

でもこの人結局良い人なんだよな。
だから降って湧いたんじゃないかな。
#-|2012/11/09(金) 23:34 [ 編集 ]

円光させられるのかと思ったがマジモンの天使だった
#-|2012/11/18(日) 01:50 [ 編集 ]

犯罪を犯す予定のAに似た人を予定時刻に連れ回すことで、「私達はAと一緒に居ました!監視カメラとかにも写ってるはずです!」ってアリバイ工作するつもりだったとかだと面白い
#-|2017/02/27(月) 23:19 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/17726-58db8415

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.