FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


09月 | 2020年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


階段で逆さになって転がっている妻

2012/07/06(金) 15:21:09
7 名前:名無しさん@HOME [sage] 投稿日:2012/07/05(木) 11:31:32.49 0
前スレの人が出てくる前に、箸休め的にこの前の話。

仕事で疲れて家に帰宅したら、家が暗かった。
いつもなら玄関の電気もついてるのに、ついていない。
子どもと一緒に夕方から昼寝したのかな?と思って
ドア開けたけど、なんかひんやりしている。
何かおかしいなと思っていたら、階段で逆さになって
転がっている妻を見つけた。
三段目ぐらいに頭、踊り場に足、手は何か変な感じで
ぐんにゃり曲ってるって感じ。
思わず「おい!」とか声かけたけれど、反応がない。
そこで二階から「パーパー」と俺を呼ぶ、娘の声を
聞いたので、もしかして妻が階段落ちた後、娘は
ずっと二階で一人だったのか?! と思い、俺は
とりあえず妻をそのままで二階にあがった。
娘は泣いていなかったし、近くに水もあった。
ほっとして、とにかく救急車呼ぼうと携帯取り出したら、
「あ、ママー」と娘が言った。
ふりむくと、ブリッヂした四つ足の状態で、
髪ふりみだしながら、ものっすごいスピードで
階段をあがってくる妻。「おおおおお」とか言ってんの。

マジでビビって、娘抱きしめて腰ぬかした。

もちろん妻のいたずらだったんだけれど、このために
クーラーをがんがんに聞かせたり、顔色悪くする
メイクしたりと、何かもう頑張りすぎだったので、
本気で叱った。それきっかけで、離婚の話にまでなり、
嫁は実家に帰って昨日戻ってきた。
俺も修羅場だし嫁も修羅場だった。


14 名前:名無しさん@HOME [sage] 投稿日:2012/07/05(木) 11:40:31.30 0
おおおおお!┌(_Д_┌ )┐))))))))))))))))))))




関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:25
<< 相田翔子もモデルガン収集が趣味って言ってたなホーム全記事一覧ごめん >>

コメント

降りるのはそうでもないが昇るのって難しくね?
#-|2012/07/06(金) 15:27 [ 編集 ]

やりすぎwwwwww
でも許してあげろよwwwケツの穴の小さい男め
#-|2012/07/06(金) 15:38 [ 編集 ]

コレで離婚って、どんだけキモが小さいねん
名無しさん #-|2012/07/06(金) 16:08 [ 編集 ]

いや、降りる方が怖いし難しいよ。ソースはエクソシスト真似して手首捻挫した俺
#-|2012/07/06(金) 16:12 [ 編集 ]

15 :名無しさん@HOME:2012/07/05(木) 11:41:14.70 0
>12
そのままエクソシストの真似だろうw
この日のためにずっと前から逆さで階段登る練習してたんだな。>7のいない日中に。
16 :名無しさん@HOME:2012/07/05(木) 11:42:08.17 0
嫁さんの実家で嫁さんがどう説明してたか見てみたい気がする
嫁さんの罰ゲームみたいだw
18 :名無しさん@HOME:2012/07/05(木) 11:57:16.93 0
>15
そうか! だからあれを見ても娘は普通だったのか!! 謎が一つとけたわ。
>16
驚くなかれ、嫁は嫁親に、「ちょっと家事を失敗しただけで
怒られたから、喧嘩した」としか話していないのだ。
嫁父とは仲良しだから、全部つつみかくさず話しておいた。
orzってなってた。
もし家で旦那にイタズラしようとする奥さんいたら、「もうびっくりしただろーこいつぅ」みたいなやりとりで
済ませられる範囲にしてほしい。血のりとか手作りしてまで
やると、こうなる。
#-|2012/07/06(金) 16:13 [ 編集 ]

冗談でも生死の心配をさせるようなまねはだめだと思うな。
#-|2012/07/06(金) 17:01 [ 編集 ]

いや、これ、「娘と私、どっちが大事なの?…むすめたんなのね!?キー!」だろ?>嫁


娘が2階から「ままー」とか「ぱぱー」とか言っててとてと近寄って階段転落する危険性顧みずに、夫の愛情検査を優先させたんでしょ。
そして、その危険性を考慮してまず娘に走った夫に嫉妬した嫁。

親として幼すぎるわ>嫁
#-|2012/07/06(金) 17:26 [ 編集 ]

↑妄想すぎるwww
#-|2012/07/06(金) 17:30 [ 編集 ]

これはやりすぎだろ。
ついでにもげとけ。
#-|2012/07/06(金) 19:30 [ 編集 ]

※7
お前が子供を持ったことも子供に近寄ったこともないのはよく分かった。
小さい子供がいる家庭では、階段に柵を設けることを知らないとは。
妄想で女叩きする前に外出ろよ。
  #-|2012/07/06(金) 19:46 [ 編集 ]

面白いでしょ私!え、分からない?キーって感じで、もうね…。
#-|2012/07/06(金) 19:50 [ 編集 ]

さすがにこれは、乙武の名言を贈るに足りる
「超えちゃいけないライン、考えろよ」
#-|2012/07/06(金) 21:38 [ 編集 ]

一時期Yahoo!知恵袋で流行ったネタだね>妻が死んだふり
分かりやすい冗談なら良いけどマジっぽいのは
本当にはた迷惑でしかないよ…

旦那さんの気持ち分かるけど、これくらい老後になれば良い思い出で済むよ
面白い夫婦ネタに済ませてしまえば良い
#-|2012/07/06(金) 21:40 [ 編集 ]

はじけたアメリカ人みたいな妻だな
アメリカでやれ
#-|2012/07/06(金) 21:58 [ 編集 ]

離婚してもいいくらい無神経なドッキリだと思う。小さな子も居るのに。
これで悪びれもせず実家帰って嘘撒く神経に引く。
アホなりに反省出来るならまだしも完全にゴミカスじゃん。
#-|2012/07/06(金) 22:31 [ 編集 ]

そうそう、ごめんなさいって凹む位ならまだ可愛いもんだとも言えるけどね
離婚なんて言葉を先に持ち出したのもどうせ嫁の方でしょこの調子だと
#-|2012/07/07(土) 01:14 [ 編集 ]

これで子供ギャン泣きしてたら
確実に離婚までいってたと思うわ
#sIVvp/1E|2012/07/07(土) 02:11 [ 編集 ]

まず嫁を叱るっていう表現がもうね
#-|2012/07/07(土) 09:42 [ 編集 ]

素直に反省してればまだ可愛げもあるが
実家に帰っちゃう女の人って・・・
#-|2012/07/07(土) 11:48 [ 編集 ]

※4の転載を見ると、嫁が嫁親に嘘ついたということは自分に分が悪いのが分かってるんだろう。予想外に怒られて拗ねて実家に帰るとか、人の親のすることじゃないわな。エクソシストの真似よりそっちのほうが問題。
#-|2012/07/07(土) 14:03 [ 編集 ]

私なら本気で怒るなあ…
嫁も嘘ついたってことは罪悪感はあったわけだ
#-|2012/07/07(土) 15:25 [ 編集 ]

冗談ですむ範囲ではないが、叱るんじゃなくて「こういう冗談は心配になるからやめてくれ」とでもいえれば良かったのにね
ちょっと男も余裕がなかったな
名無し #-|2012/07/07(土) 18:53 [ 編集 ]

旦那の発言は無条件で信じて嫁の言動はゲスパーするのが許されるなら、
旦那の発言そのものが嘘だったり自分に都合の悪いことを伏せて
嫁を悪く言っているとゲスパーしてもいいよな。
  #-|2012/07/07(土) 23:06 [ 編集 ]

でも嫁の努力は認めてあげたいw
#-|2012/07/08(日) 00:20 [ 編集 ]

↑↑お前モテないだろ?
そのときはマジギレしたかもしれんが、面白いと思ったから後で話のネタにしてるわけで
こういうのもノロケの一種なんだよ

#-|2012/07/08(日) 15:18 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/16833-04385e82

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.