続・妄想的日常

おかえり。 
470 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/06/29(金) 01:23:12.72 ID:BMZyoTPN
母と一緒に近所を歩いていたら顔見知りのおじさんに会って、挨拶して別れた後に母が
「あのおじさんは若いころ体が柔らかくて自分でちんちん咥えられたんだって」と教えてくれた
その時の微妙な気持ちを思い出した



関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
俺も夢の中でなら咥えられるし、それで夢精出来るぜ
2012/06/30(土) 16:17 | URL | 名無しさん@ニュース2ちゃん #-[ 編集]
いらない情報すぎるwww
2012/06/30(土) 16:44 | URL | #-[ 編集]
※1
もっといい夢見ろよ…
2012/06/30(土) 17:17 | URL | #-[ 編集]
永久に後ろ指差されるネタというのはあるんだねぇ
2012/06/30(土) 17:54 | URL | #-[ 編集]
お母さんどうしてそんなことを言うんですかw
2012/06/30(土) 23:36 | URL | #-[ 編集]
事実だとしても、お母さんがどこでその情報を知ったのかが気になる…
2012/06/30(土) 23:44 | URL | #-[ 編集]
これはあらゆる意味で微妙な気持ちになるよな…
2012/07/01(日) 00:09 | URL | #-[ 編集]
寺脇康文のことかー!!!
2012/07/01(日) 01:32 | URL | #-[ 編集]
九郎右衛門が時折このような妄想にふけるのを
見て見ぬふりをする情けが虎眼流剣士たちにも存在した
2012/07/01(日) 22:51 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/16785-6596fce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック