FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2020年09月 | 10月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


携帯がぽろっと落ちた

2012/05/01(火) 17:50:05
120 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/04/30(月) 16:45:52.50 ID:sCNTvvF0
高校生の頃、チャリ通で横断歩道が青になった時数m前で自転車の大学生っぽい人のポケットから
携帯がぽろっと落ちた。
それに気づいた後ろの40~50才ぐらいの一見頼りないメタボなスーツのおじさんが迷うことなく
その携帯を道から拾い「おにいーさーーん!!!!」ってバカデカイ声で走って追いかけた。
でもおじさんはメタボだから数m走っただけで息切れしてる。
そこに通った自分におじさんがアイコンタクトで頼むぞ!っていう感じを出したので
自分が必死に自転車をこいで大学生に追いつき「携帯落とされましたよ」っていい
うしろにいるおじさんを指さした。
大学生はハァハァいってるおじさんのとこにいき、携帯を返してるとこをみて
自分はまたチャリをこぎ出した。
すると後ろからおじさんが「ありがとう!!!!」って馬鹿でかい声で感謝してくれた。
いや、おじさんあなたのほうが素晴らしいんですけどww

なんというか自分とおじさんのコンビネーションがうまくいってスカッとしたのと、
迷うことなく携帯を拾った善意の塊みたいなおじさんがいいひとすぎるとおもった。
俺もこんなおじさんになれたらいいな




関連記事
スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:10
<< 日頃行かない板に行ってみよう(懐かしニュース板)ホーム全記事一覧人生で一番格好つけた瞬間 >>

コメント

…君が携帯預かって直接渡したらダメなん?
#-|2012/05/01(火) 18:45 [ 編集 ]

※1
相手は自転車なんだから離れすぎる前に足止めするのが先決。
預かってもたもたしてる間にどっか行ってしまうよ。
#-|2012/05/01(火) 19:19 [ 編集 ]

手に持ってる携帯を受け取るのに1秒もかかる?
#-|2012/05/01(火) 19:22 [ 編集 ]

コピペの矛盾点を指摘する僕たちってかっこいい?
#-|2012/05/01(火) 19:49 [ 編集 ]

※3
ドラマならそうなるんだろうけどねw
#-|2012/05/01(火) 19:56 [ 編集 ]

携帯預かって直接渡したら
ここに載ることはなかったと思う
#-|2012/05/01(火) 20:15 [ 編集 ]

つまり俺もメタボになれたらいいなって事か。
#-|2012/05/01(火) 21:00 [ 編集 ]

別にいい話でも何でもないしつまんない
#-|2012/05/02(水) 00:31 [ 編集 ]

※4
素朴な疑問を挙げてるだけにしか見えないけど
他人のひねくれ具合を指摘する俺カッコイイ?
#-|2012/05/02(水) 04:23 [ 編集 ]

カッコイイもなにも
現実はお前らが納得するように動いてる訳じゃないぞ

いい話じゃねーか
#-|2012/05/03(木) 15:11 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/16361-766368bc

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.