FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ねえ~、おとうさん

2012/02/05(日) 15:18:08
737 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2012/02/04(土) 19:17:56.98
先週の日曜の話

娘(4歳)「ねえ~、おとうさん」
俺「ん?何?」
娘「どうしてなつは雷がピカピカするのに、ふゆはしないの?おとうさんしってる?」
俺「え?えっと、、も、もちろん知ってるさ。
  でもお父さんちょっとお腹いたいからトイレ行ってもいいかな?」
娘「うんいいよ~」

ガチャ

俺「(え~っとbookmarkは・・・ウィキペディア・・・雷か?・・・積乱雲・・・ 上昇気流・・・
摩擦・・・温度差・・・なるほど、よし!)」

ジャー・・・ガチャ

俺「あ~すっきりした。ところで○○ちゃん、さっきの雷の話だけどね。夏はすごく暑いでしょ?
 でもおそらの上のほうはすっごく寒いんだ。そうなると上昇気流っていうのが発生してね・・・」
娘「ねえ~、おとうさん」
俺「・・・ん?なに?わかりにくいかな?」


娘「いっしょにプリキュアみよ~」




関連記事
スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:11
<< セクロスの時に必ず音楽をかける彼氏ホーム全記事一覧殴らせてやるよ~ >>

コメント

子供は気まぐれww
  #-|2012/02/05(日) 17:54 [ 編集 ]

親の見栄なぞどこ吹く風
でもそれがいい
#-|2012/02/05(日) 18:14 [ 編集 ]

せやな
#-|2012/02/05(日) 18:59 [ 編集 ]

貴方は稲妻のように
私の心を引き裂いた
青ざめた心ふるわせて
立ち尽くす一人立ち尽くす
#-|2012/02/05(日) 20:48 [ 編集 ]

子の心は夏の夕立が如く
#-|2012/02/05(日) 20:51 [ 編集 ]

↑↑娘の名は亜莉栖かw
#-|2012/02/05(日) 21:35 [ 編集 ]

WikiみれどWikiみれど
なほわがむすめの
心まったく読めざり
ぢっとぷりきゅあを見る
     #-|2012/02/05(日) 23:53 [ 編集 ]

娘はおとうさんといっしょならなんでもいいんだよ
#-|2012/02/06(月) 16:16 [ 編集 ]

娘「どうしてなつは雷がピカピカするのに、ふゆはしないの?おとうさんしってる?」
父「雷さんが北陸地方に旅行に行ってるからだよ」


北陸では冬の稲妻が名物です
名無しさん #-|2012/02/06(月) 18:24 [ 編集 ]

スイートなのかスマイルなのかそれともハートキャッチなのか、それが問題だ…
  #-|2012/02/06(月) 21:32 [ 編集 ]

「雷さんがお山の向こうに行ってるからだよ」と言っとけば
子供も納得してくれて科学的にもまずまず正しいんじゃないかと思った

※9
北陸に限らず日本海側にとっては冬こそ雷の季節ですね
#-|2012/02/07(火) 07:47 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/15745-840058c5

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.