fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -


死の直前に感じるもの

2012/02/04(土) 16:44:22
39:オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! :2012/02/02(木) 15:38:51.08 0 [sage]
窒息で失神する寸前の気持ちよさは、死の直前に感じるものと同じもの
(生体防御反応として脳内麻薬がドバッと出る)
プロレスなんかでスリーパーホールド食らって落ちる時も、それはそれは気持ちがいいらしい
「お花畑で先に死んだ身内に会った」とかいうのも、その幻覚が見せるものだし
ちなみに走馬灯は、本能がなんとか生き伸びようと、過去の経験をググってるところなんだとか
ちなみに、その時の幻覚に尾ひれがついて語り継がれたものが、「極楽」や「天国」の正体
つまり、死に方がよければ誰でも「天国に行ける」ことになる
その一方で、心残りや無念、強い死の恐怖があると脳内麻薬の恩恵が受けられない
死の直前の苦痛の中で見た幻覚、これが「地獄」の正体
日々不満を抱かず、満足して過ごしていれば、いざ死ぬ時にも割り切れる 脳内麻薬もうまく出て
「天国に行ける」
逆に、後ろめたい行いをしてきたり、欲に囚われ不満を抱いていると、恐怖や未練、後悔の中で
「地獄に落ちる」
結局は日々の気の持ちよう次第なわけだが、欲や恐怖に囚われなかなかその域には達しない
そこで、神だの仏だのを作り出し、他者依存で不満や不遇を試練に読み替え
割り切ってきたのが宗教

既存の神仏に頼らず、自ら価値観の転換ができれば「悟り」となり、それを回りに吹聴すれば
「教祖様の誕生」ってことになる





関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:18
<< My Revolutionホーム全記事一覧暖房のヘソ >>

コメント

じゃあおっぱいに顔を埋めながら死にたいとおもうのは必然的な事なんだな。
#-|2012/02/04(土) 17:12 [ 編集 ]

自身満々だけどこいつは1回でも死んだことがあるのか
#-|2012/02/04(土) 17:17 [ 編集 ]

>既存の神仏に頼らず、自ら価値観の転換ができれば「悟り」となり、それを回りに吹聴すれば
「教祖様の誕生」ってことになる

ということは、上の記事の腐も悟りを開いたことになるのか…
#-|2012/02/04(土) 17:58 [ 編集 ]

2度失神したけどどっちも快眠だった
のび太の部屋でドラえもんに怒られてる夢を見た
出来杉 #-|2012/02/04(土) 18:55 [ 編集 ]

すげー解りやすい!素直に感動したw
#-|2012/02/04(土) 19:14 [ 編集 ]

じゃあ殺された人とか地獄に落ち損じゃん!
#-|2012/02/04(土) 19:58 [ 編集 ]

この理屈だと、不慮の事件事故災害に巻き込まれ亡くなった人は地獄行きだと
#-|2012/02/04(土) 21:52 [ 編集 ]

そらー痛かったり苦しい死に方したらその瞬間は地獄だわな
でも「魂」は天国にいるよきっと
生きてる我々はそう思うしかないんじゃない
例えそれが欺瞞でも
何でも正論や科学で割り切る必要はないさ
#-|2012/02/04(土) 22:46 [ 編集 ]

どんな悪人だって、自分は正しいのだと強く思い幸福なまま死ねば、天国へ行ったということになりそうだね
逆もまた然り
救いのない話だが、神様とやらに一方的に善悪決められるよりかは納得出来る
#-|2012/02/04(土) 22:49 [ 編集 ]

そいつの心次第だろう

この世が地獄だと思う奴はあの世だって地獄さ
#-|2012/02/04(土) 23:47 [ 編集 ]

脳の一部を傷つけたり薬品を投与するだけで性格も意識も変わるのに、脳が完全に死んでも意識が残るとなぜ思えるのか?死後の世界を吹聴する宗教家に聞いてみたい。「アルツハイマーになって死ぬと、アルツハイマーの状態で天国に行くのか?それとも病気になる前の状態で天国に行くのか?」とね。
#-|2012/02/04(土) 23:51 [ 編集 ]

3月11日に亡くなった全ての人たちが地獄いきなんて考えたくもない。あんまりすぎる。
#-|2012/02/05(日) 00:01 [ 編集 ]

すべては脳の働き・・・

納得できる。

死ぬ間際の一瞬の幻覚なんだな
#-|2012/02/05(日) 00:43 [ 編集 ]

なるほどねえ
面白くはある
  #-|2012/02/05(日) 02:22 [ 編集 ]

が、ブッダはそれがまやかしであることに気づいていた
そうじゃなけりゃ断食行や止息行を死ぬまでやってただろうよ
#-|2012/02/05(日) 07:26 [ 編集 ]

脳内物質と臨死体験の関係は説得力があるのに、それを天国・地獄、宗教の話にもっていくのは飛躍してる
#-|2012/02/08(水) 10:27 [ 編集 ]

関係ないけど走馬灯のように見えるのと
走馬灯が見えるのとじゃ大違いだからな
#-|2012/02/13(月) 07:28 [ 編集 ]

っていうのを下敷きにしたSF作品が、ちゃんとある。

瀬名秀明の「ブレイン・バレー」。

個人的には面白いと思うので、気が向いたら読んでみて下さい。

#-|2012/06/08(金) 01:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/15727-7cc91414



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.