FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ワンコの散歩

2012/01/18(水) 15:48:36
519 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/01/17(火) 11:29:38.10 ID:jauxxEmc
昨年の春先から、毎朝ワンコの散歩で一緒になるご近所のオジサン
ミニチュア・ダックスを「ハイハイ・早く歩く歩く!・ハイ!ご挨拶は?etc」とワンコと会話しながら
毎朝散歩してた。
母が聞いてきた話によると、ワンコは元々娘さんが飼っていて春先に娘さんが事故で亡くなったため
オジサンが引き取って飼っているらしい。
私の芝ワンコと仲良しで毎朝歩いていたのに12月頭位から
見かけなくなり心配してたら、今日久しぶりにオジサンと朝一緒になった。
通勤途中で事故に遭い、入院していたとのこと
リハビリもかねて杖をついて今朝から散歩を始めたらしい。
笑ったのは以前と変わって、ワンコが先に行きオジサンが杖付いてヒョコヒョコ追いかけてること
ワンコが先に行く、振り向いてワン!と吠える。ワンコが先に行く、振り向いて吠える。
の繰り返しで、オジサンが、「待っておくれよ~」と言い訳するもワンコが吠え建てながら
オジサンを引っ張る姿に、笑いがこぼれた。



関連記事
スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:11
<< 発言に注意なホーム全記事一覧ささくれって地方語らしいな… >>

コメント

事故の多い一家だな
#-|2012/01/18(水) 16:11 [ 編集 ]

1つ上の記事を読んだ後だったから、ウンコの散歩に見えた
#-|2012/01/18(水) 18:28 [ 編集 ]

お祓いでも行ったほうが・・・
#-|2012/01/18(水) 19:07 [ 編集 ]

※2
よう俺
#-|2012/01/18(水) 21:14 [ 編集 ]

※2
よう俺
774 #-|2012/01/19(木) 00:07 [ 編集 ]

ほのぼのなのかこれ…
ちょっと切なくなったのは俺だけか(´;ω;`)
   #-|2012/01/19(木) 01:12 [ 編集 ]

笑い→。゚(゚ノ∀`゚)ノ゚。アヒャヒャ
じゃなくて微笑みっていってくれ!
#-|2012/01/19(木) 08:55 [ 編集 ]

背景が悲しすぎるぜ・・・
#-|2012/01/19(木) 10:09 [ 編集 ]

笑いがこぼれたのは、
>「ハイハイ・早く歩く歩く!・ハイ!ご挨拶は?etc」とワンコと会話しながら
毎朝散歩してた。

それまで犬をせっついてたのが

>オジサンが、「待っておくれよ~」と言い訳するもワンコが吠え建てながらオジサンを引っ張る姿

逆に犬にせっつかれるように吠えられてたからじゃね?
#-|2012/01/19(木) 10:52 [ 編集 ]

芝ワンコって言い方が気持ち悪い
#-|2012/01/19(木) 11:23 [ 編集 ]

娘さんが亡くなったなんて私なら辛すぎてどうにかなっちゃいそうなのに
#-|2012/01/19(木) 20:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/15612-dc23b39a

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.