FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


因果応報ってあるんだよねという話

2012/01/14(土) 17:13:26
334 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:2012/01/13(金) 15:39:38.27
新郎が殺人で少年院上がりの結婚式。いじめの延長で同級生を殺してしまったんだが、
少年院を出た後は大学まで出て、しっかり社会人になって結婚、式を挙げた。
その結婚式に、殺された被害者側の親とその取り巻きみたいのが乱入してくるという
前代未聞の式に遭遇したことがある。
恨みを抑えながら、加害者側が幸せの絶頂の時期になるまで我慢していたのだろうか。
ご結婚おめでとうございまーすとか言いながら乱入してきて、皆にはサプライズの人か?
みたいな目で見られていたが、ズカズカと司会者に向かっていってマイクを奪い、
加害者側と被害者側の関係を説明。
その後もいろいろあったが、一番印象に残ってるのは、泣き崩れるウエディングドレス姿の新婦に、
動物かなにか?の血をバケツ一杯ぶっかけたシーン。とにかく凄惨だった。
「人殺しの嫁にはその方が似合ますよー」とかいう内容の理由をマイク越しに大声で言っていた。
取り巻き連中は「ひっとごっろし♪」というコールを延々と続けているし、まさに地獄絵図。
ただ、式自体は最後まで続けられていた・・・
まだまだ内容のある式になったが、酷すぎるし長くなるからもう書くのやめるが、
因果応報ってあるんだよねという話



関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:105
<< スノボで遊ぶカラスホーム全記事一覧宇宙最大の謎は女性 >>

コメント

いや新婦が大きな被害受けてるのに
「因果応報ってあるんだよね」というまとめはおかしくないか
#-|2012/01/14(土) 17:16 [ 編集 ]

いじめに無関係な新婦かわいそすぎ
#-|2012/01/14(土) 17:27 [ 編集 ]

因果応報じゃなくてただの復讐劇じゃないか。
全然すっきりしないわー。
血を浴びせるなら新郎にだろうし、新婦には罪もないのにこんな目に遭わされて可哀想すぎる。
今度は血を浴びせた奴が新婦の親族に復讐されるんじゃないか?
#-|2012/01/14(土) 17:29 [ 編集 ]

新郎にかけろよ
八つ当たりじゃねえか
#-|2012/01/14(土) 17:31 [ 編集 ]

因果応報じゃない。
散々言われとるが、新婦は関係無い。
新郎をボコボコにすれば良かろう。
新婦には「あなたもうちの子のように陰で死ぬほど暴力振るわれますよ!!」程度で良かろう。
関係無い伴侶を意図的に貶めるのは流石に鬼畜の所業。
#-|2012/01/14(土) 17:39 [ 編集 ]

ただの犯罪じゃねーか
#-|2012/01/14(土) 17:39 [ 編集 ]

DQN返しではあるけど、被害者親にしてみれば自分がぶん殴られる以上の苦しみを味わったわけだから、加害者にも大切な人を傷つけられる辛さを味あわせてやんよっ、て主旨なんじゃない?
#-|2012/01/14(土) 17:49 [ 編集 ]

新婦とんだとばっちり
今度はこの乱入してきたやつの誰かが結婚したりしたときに
この場に参加してない家族とか恋人とか子供とかが
この新婦と一族から何かされても文句いえないわ
#-|2012/01/14(土) 17:51 [ 編集 ]

え?それが子供殺されたこと以上に酷いことなんだ?
すごいねー、じゃあお前も子供殺されても問題ないんだね!
  #-|2012/01/14(土) 18:00 [ 編集 ]

何も悪くない大切な新婦に血をかけるのはks行為だが、こいつらは何も悪くない大切な息子を殺されてるからなぁ…
#-|2012/01/14(土) 18:01 [ 編集 ]

イジメ加害者って一杯居るんだねぇ
積極的に荷担しなくてもイジメが起こってるのをただ眺めてるだけの消極的イジメ加担者って奴
イジメやってた奴がイジメをやり返されただけでこの過剰反応はビックリするわ

イジメってのは、虐められてる奴を味方した奴も標的にするもんねぇ
だから殺人犯を味方した新婦も虐められるって結果になったんだけど、それに納得できない奴のファビョり具合がこのコメ欄であきれるほど見られる
#-|2012/01/14(土) 18:10 [ 編集 ]

全然、因果応報じゃないよねっていう創作
#-|2012/01/14(土) 18:17 [ 編集 ]

本人にやったら意味が無いよな
新婦が暴力や殺されないだけ有り難いと思え
#-|2012/01/14(土) 18:18 [ 編集 ]

「新婦を復讐に巻き込んで何が悪い」という話が出とるが、新郎の家族じゃダメだったんか?
新郎を育てた親をpgrしちゃダメだったんか?
確かに新郎側から見れば新婦は絶好の標的だが、何も知らない新婦に一生物のトラウマを植え付けなければ「因果応報」は成立しないのか?
別に新婦は「殺人を犯していてもあなたを愛してる」とか言い出した訳じゃないと思うんだが?

復讐は自己満足だが、復讐する側がキチガイとして処理されちゃダメなんだよ。
それじゃ後々「何か変な奴に絡まれて可哀想な新郎」としか思われないじゃないか。
新郎は親類縁者から絶縁される位にしないと。
その意味でも無関係な新婦に手を出すのはベストでは無かっただろうと思うんだが。
#-|2012/01/14(土) 18:21 [ 編集 ]

他人の家族を殺したら自分の家族が血をぶっかけられた
ちゃんと因果応報になってるね
#-|2012/01/14(土) 18:28 [ 編集 ]

DQN行為だけど被害者親類が冷静になれなかったのもわかる気がする
#-|2012/01/14(土) 18:34 [ 編集 ]

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、親の因果が子に報い、ってことだろう。因果は子じゃなくて嫁に来たが。
#-|2012/01/14(土) 18:34 [ 編集 ]

まぁ、新婦が殺されずに済んでよかったね
加害者本人に攻撃するより加害者の大切なものを攻撃する方が相手の心理的ダメージは大きいし
新婦が復讐の材料に選ばれるのは不思議でもなんでもないわな
#-|2012/01/14(土) 18:47 [ 編集 ]

顛末を全部書けよボケ!気になるじゃにゃーか!
#-|2012/01/14(土) 18:58 [ 編集 ]

こいつらに応報はあったのか?
普通に考えて警察沙汰だよね
新婦だけじゃなくて式場だって酷い迷惑を被ってるわけだし
#-|2012/01/14(土) 19:33 [ 編集 ]

こんなの民事でボコボコに訴えられて
金がっぽり渡すようなもんじゃないか
#-|2012/01/14(土) 19:36 [ 編集 ]

そりゃあ警察沙汰だし訴えられもするだろうね
子を殺されたことでの復讐行為だからそこまでしてしまうんだろう
#-|2012/01/14(土) 19:58 [ 編集 ]

是非は置いといて・・・
我が子を殺された親の心境をリアルに想像できるなら、この行動も理解できると思うがな。
死の報復にならなかっただけマシだよ。
#-|2012/01/14(土) 20:03 [ 編集 ]

まあここまでやるくらいなら、ヤクザから拳銃買って
新郎にダイレクトアタックしたほうがいい気はする
#-|2012/01/14(土) 20:05 [ 編集 ]

「親の因果が子に報い」って言うし、お前の恨みを晴らされる奴がお前本人とは限らないぞって話だなあ
#SA6FeTeQ|2012/01/14(土) 20:12 [ 編集 ]

映画の「キャリー」辺りからヒントを得たのだろうか?
こんな状況でも結婚式って続けられるもんなのね
#-|2012/01/14(土) 20:26 [ 編集 ]

まあ少しの間だけすっきりしただろ。取り巻き連中ってのが気になるが。
#-|2012/01/14(土) 20:36 [ 編集 ]

新婦が悪行を知ってたか知らないかで感想が大きく変わってくるなぁ
知ってたらそんな男と一緒になったんだから仕方が無い、こういうのも覚悟の上だろ
知らなかったら巻き込まれて可哀想だが、まぁ早くにクズと別れられて良かったんじゃね
#-|2012/01/14(土) 20:56 [ 編集 ]

人殺しでも社会人になって結婚できるのに俺ときたら…
#-|2012/01/14(土) 21:04 [ 編集 ]

確かに新婦はとばっちりだけど、
自分のやったことの仕返しが
自分に向くとは限らないってことを思い知らされただろうから
いい復讐の仕方だと思うよ
#-|2012/01/14(土) 21:20 [ 編集 ]

別にいいんじゃねえの?
血をかけられなくたって旦那が殺人者と知った時点で一生モンのトラウマだろ
旦那には「お前のしたことは周囲の人間をこれだけ不幸にすることだ」と思い知らせられる
嫁には「お前がこのクズと一緒にいればこれだけの酷い目に合う」と分からせる
暴力で傷が残ったわけじゃないならいいじゃないか
旦那が過去を隠してたなら結婚取り消した上で慰謝料請求すりゃいい
旦那の過去を知った上で味方をするなら、遺族に「お前がそいつの家族になるなら
同じ報いを背負ってもらうだけだ」って言われるだけ
何も問題ないわ
名無しさん #-|2012/01/14(土) 21:22 [ 編集 ]

ちなみに、罪はそいつだけのもので、嫁に関係無いだろうっていうのは
「あなたのお父さんにはお世話になったから」って誰かに助けてもらったり
「昔日本には助けてもらったから」ってトルコやパラオが親日的な行為をするのも否定することになるからな
因果応報っていうのは悪行に限った話じゃないんだから
名無しさん #-|2012/01/14(土) 21:27 [ 編集 ]

因果は新たな因果を生むよ、マジで。
#-|2012/01/14(土) 21:31 [ 編集 ]

昔同級生を殺して首を切断した男がその後大学に行き、その後弁護士をして地方の名士になっているってテレビ番組で見たことがある。
被害者は母子家庭で、母親が生活苦だった。息子が生きていれば・・・とか言っていた。
その弁護士にも因果応報があれば良いのに。
#-|2012/01/14(土) 21:44 [ 編集 ]

子供殺されて正気でいられる自信ないわ
新郎は殺されなかっただけマシだろう
新婦はかわいそうだが…
名無しさん #-|2012/01/14(土) 22:38 [ 編集 ]

やるなら子供が生まれてから子供にやれよ
自分の子供が殺されそうになれば被害者の親の気持ちも理解できるだろ
#-|2012/01/14(土) 22:39 [ 編集 ]

元々こんな復讐は「ナシ」派だったが、色んな米見て、特に米31、30、28、25、23の米見て、納得した。
確かにそういう考えならば「ナシ」では無いな。
大事に育てた子を相手の遊び半分で失った親じゃ、嫁を殺さんだけマシだし、過激な方法を取るのもうなずける。

だが、米32の喩えは流石に何か違うと思う。
それじゃ「昔お前の国を救った奴の子孫だぜ」とデカい顔しなきゃならないじゃないか。
謙遜も結局若干の否定なんだし。
#-|2012/01/14(土) 23:01 [ 編集 ]

結婚式を妨害したところで加害者の被害なんて、嫁さんと信頼と面子を失う程度のモンだろ?
どうせ何年か経ったら新しい女を見つけてまた結婚するだろうに…
#SXlq22JY|2012/01/14(土) 23:13 [ 編集 ]

この場合、因果応報という言葉にふさわしいのはコメでも出ているように
子供が生まれてから殺す事なんだろう。
でも、そうする前に新婦に警告したのならば、ある意味公正なのだと思う。
#-|2012/01/14(土) 23:24 [ 編集 ]

お前等いいからちんこだして落ち着けよ。
ちんこ出したままこの記事を読むと「おう、まあ色々と大変だな}ぐらいで済むぞ。
#-|2012/01/14(土) 23:25 [ 編集 ]

いじめっこ擁護的な意味じゃなくて、なんつーか中学生くらいが考えた本当に腹いせのためだけの復讐って感じ
もっとスマートで大人しかできない方法での復讐なんていくらでもあっただろうに、「ひっとごーろし♪」とか子供じみすぎてて頭おかしいレベルだろ
なんつーか子供じみてるというか狂ってるというか、とにかくこれは大人のやることじゃないと思うわ
#-|2012/01/14(土) 23:57 [ 編集 ]

もっともスマートな復讐は、二人の子供を殺すことだ。
自明だろ。
#-|2012/01/15(日) 00:17 [ 編集 ]

やっぱり人殺しはさっさと死刑にした方がいい。
将来にわたり、こうやって周りの無関係な人に迷惑かけつづけるんだから。
死んでいれば少なくともこの花嫁は不幸にはならなかった。
     #-|2012/01/15(日) 00:18 [ 編集 ]

はーあ?なんじゃこりゃくだらね
#-|2012/01/15(日) 00:19 [ 編集 ]

コンクリの犯人たちには本当にやってやりたいよね。
住所わかればご近所に「近くにコンクリの犯人が住んでます」っていうの撒いてやるんだけどな。
     #-|2012/01/15(日) 00:21 [ 編集 ]

人殺すってそういう事だよ
何式なんて挙げてんだよ。一生償えよ。一生暗い生活送れよ
  #-|2012/01/15(日) 00:25 [ 編集 ]

人殺して幸せになろうなんてゴミ屑の極み。もっと酷い目にあってしかるべき。
ざまみろ #-|2012/01/15(日) 01:12 [ 編集 ]

遊び半分で人を殺して幸せになろうなんて調子が良すぎる。
その周りの人間も不幸になっても仕方ない。
#-|2012/01/15(日) 01:52 [ 編集 ]

人殺しコールした取り巻き連中というのが気色悪い。
まともな交遊関係だったら参加するわけないし。
宗教団体絡みかな。
#-|2012/01/15(日) 02:07 [ 編集 ]

いじめた末の殺人犯した新郎は人殺しコールした取り巻き以上に狂った頭してるんだろうな
#-|2012/01/15(日) 02:16 [ 編集 ]

この新婦がこのあとで、新郎と乱入してきた奴らを訴えて、
慰謝料と賠償金がっぽりもらってたっていうならかなりすっきりするんだけどな
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2012/01/15(日) 03:15 [ 編集 ]

これ、死ぬまではいかなくても虐められて人生転落させられた奴とかはかなり遺族側に共感するだろうな
マジで、虐めの報復ほど被害者に同情できないものはない
大事なものを永遠に奪われなかっただけ平伏して感謝すべき。
#-|2012/01/15(日) 03:18 [ 編集 ]

自分(親/新郎)の大切な存在(子供/新婦)が、ある日突然理不尽な暴力にあう
という意味では因果応報ではないかな
新婦が殺されなくてよかったなと思った
  #-|2012/01/15(日) 03:20 [ 編集 ]

新婦が殺される方がまだ理解できるわ
大人数で押しかけて血液ぶっかけて人殺しコールとかキチすぎ
歪んでるし気持ち悪い

#-|2012/01/15(日) 03:32 [ 編集 ]

↑これが人を殺すと一線を超えてしまう異常者の思考ですよー
キモいキモくないが人の尊厳の上を行くわけです
だからキモいというだけで人をいじめて殺して反省もせずに平気な顔で幸せになるわけです
名無しさん #-|2012/01/15(日) 04:56 [ 編集 ]

※37
は? お前因果応報の意味知らないの?
因果応報っていうのは「良い行いをすれば良い報いが、悪い行いをすれば悪い報いがある」っていう仏教の教えだよ?
「助けたんだから助けてもらって当たり前」って話じゃないよ?
「自分の良い行いの積み重ね=徳が、いつか自分の縁あるものに良い報いをもたらす」っていう考えが、お坊さんへのお布施や先祖供養に繋がるわけ
親日国が日本を助けてくれるのは、過去にその国に良いことをした別の日本人の徳による良い報いであって
俺たちは自分の子孫や他の人達が同じように助けてもらえるように、また徳を積まなきゃいけない
そういう話だよ?
名無しさん #-|2012/01/15(日) 05:05 [ 編集 ]

続きがないのが
一番すっきりしないわ
#-|2012/01/15(日) 05:42 [ 編集 ]

子供が産まれるまで待てば良かったのに。
#-|2012/01/15(日) 07:12 [ 編集 ]

※55
お前頭悪いだろ
#-|2012/01/15(日) 07:48 [ 編集 ]

学校であった怖い話っていうゲームで仮面の少女も言ってたな

罪を犯したとき、それを償うのが自分自身だとは限らないって
  #-|2012/01/15(日) 08:27 [ 編集 ]

これは新郎がやられて当たり前
あ #-|2012/01/15(日) 08:45 [ 編集 ]

当事者放置だと完結せず苦しみが永遠に続くからそっち狙いじゃね?
#-|2012/01/15(日) 09:07 [ 編集 ]

「人殺しの嫁にはその方が似合ますよー」

こういう台詞からして、
大切な人を標的にされた苦しみを加害者にも味わわせる意図じゃなくて
加害者と親密な者だったらとにかく憎いってだけに見えるので
上にあるようなキチガイ集団の擁護には同意できない
#-|2012/01/15(日) 09:40 [ 編集 ]

親密な者だから憎いという意図もそれで血をかけたり人殺しコールする行為も同意できるものじゃないのは当たり前
いじめ殺すというとても同意できるものじゃない行為への報復なんだから
#-|2012/01/15(日) 10:52 [ 編集 ]

「新郎にサプライズかけてやろうぜ」って新婦をだまして、初夜の翌朝新郎が目覚めたら、新婦がいなくてベッドの中に馬の生首があった、とかいうのがいいよな。
#-|2012/01/15(日) 11:42 [ 編集 ]

米55
ご高説有難う。
でも残念ながら知ってるし、「因果応報」についてはむしろ知らない人を探す方が難しいと思うんだが…
つまり「表現が適切でない」と言いたいんだよ。

「昔、あなたのお父さん(先祖)に助けて貰ったから…」を否定してはいけない
→「(直接自分は関係無いけど)有難う」とか思ってはいけない
↑関係性を容認せず、自分にとって都合の良い所だけを受け入れてはいけない(素直に相手の善意と思ってはいけない)
 →「昔、あなたのお父さん(先祖)に助けて貰ったから…」「それならば素直な助けられてあげましょう」
…って返事しか出来ないだろって話。

つか君は「因果は『関係性』と共に巡るものだから、関係を持ったらば如何なる因果も受け入れろ」て言いたいのか?
今回の新婦に関してはそういう話になってるぞ。
それは(人の関係性じゃないが)たまたまボロい家に引っ越した住んだ途端に「お前んちおっばけ屋ー敷!!」と言われる事を受け入れろって事だぞ?
まぁ家のボロさは目に見えるからある程度仕方ないが。

殺人新郎に関してはまさに因果応報(悪の報いが戻ってきた)だが、君はこの新婦にどうして欲しいんだ?
流石に「人殺しの嫁」の咎はいきなり背負うには
米37 #-|2012/01/15(日) 12:38 [ 編集 ]


数え間違えた。
米55じゃなくて米56
米37 #-|2012/01/15(日) 12:41 [ 編集 ]

なんとなく報告者が新郎をかばう口調なのが気にかかる
同級生を「殺してしまった」とか、でもその後は「しっかり」社会人になった、とか。
人殺しのくせに結婚式挙げること自体は容認してるみたいだし。
名無し #-|2012/01/15(日) 13:15 [ 編集 ]

いやーこれは良いスッキリ話だ!!
#-|2012/01/15(日) 14:11 [ 編集 ]

これが因果応報なら、この結婚式に呼ばれていた新婦友人辺りの背景知らないであろう人たちは割とひどいトラウマを与えられたと思うのだけれど、彼らもこの復讐者たちに似たような仕返しをしていいのかなあ。
なんか怖いな。
#mQop/nM.|2012/01/15(日) 14:51 [ 編集 ]

子どもを苛めで殺された被害者側が
式場に乱入して騒ぎたて花嫁に赤っぽい液体
ぶっかけぐらいの仕返しなら、
それを見てトラウマった人らの仕返しは
指がバチンってなるガムぐらいだわ。
行き過ぎた平等主義の教育は訳分からん弊害を生み出すなあ、
それを見せつけられた人たちはどうなるんですか!て。
知らねーよ。
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2012/01/15(日) 16:02 [ 編集 ]

>「昔、あなたのお父さん(先祖)に助けて貰ったから…」を否定してはいけない
>→「(直接自分は関係無いけど)有難う」とか思ってはいけない
>↑関係性を容認せず、自分にとって都合の良い所だけを受け入れてはいけない(素直に相手の善意と思ってはいけない)
> →「昔、あなたのお父さん(先祖)に助けて貰ったから…」「それならば素直な助けられてあげましょう」
…って返事しか出来ないだろって話。
まずここが間違っている
施しに感謝するのと因果応報は全く別の話
第一に「ありがとう」は謙遜や拒否の言葉ではない。相手の行為を「有難い=滅多にないことだ」と受け止めてることの表明だぞ
因果応報の上では他人に施しを受けたら「ありがとう」と言って素直に受け取るのが正解
そして同じように誰かに施しを授ければ、それが巡り巡って自分の助けになる。「情けは人のためならず」だ
あと「因果は『関係性』と共に巡るものだから、関係を持ったらば如何なる因果も受け入れろ」はまさにその通りだ
「袖すり合うも他生の縁」というように、何がきっかけで誰に縁がつながるか分からない
だから誰かに迷惑をかけたりしないように、誰に迷惑をかけても罪滅ぼしが出来るようにしっかり生きろ
その全ては、良い悪いにかかわらず自分や自分の縁のある人全てにつながって返ってくる
それが因果応報ってこと
名無しさん #-|2012/01/15(日) 16:42 [ 編集 ]

米72
君の言い分は人の道としては正しいけど、この米欄の流れとはずれてないか?
そもそも嫁の罪は問うてないんだが…

君の説明だと、「有難う」の話は他者がその善意を行う背景まで考慮しなくて良くなってるが、「嫁」に関しては「何故非難されるかという背景を考慮して受け入れろ」という話になっとるぞ?
その時点で既にフェアじゃないんじゃないか?
少なくとも、「受けた行為→それに関する考察(何故そうされたか)→受け入れる」の「考察」が「好意を受け入れる過程」ではすっぽ抜けてるぞ?

嫁擁護じゃ無いが、この嫁が今まで品行方正に生きて、誰からも愛される優しい人だという可能性は無いのか?
その上で、ただ旦那選びを間違えただけで見ず知らずの人に「人殺しの嫁」と言われるのは彼女のこれまでの徳を全否定する事になる。
まぁ、彼女の積んだ徳が「人殺しの嫁」という汚点を帳消しにする程では無かったというだけの話なんだが、それを言ってしまうと「人殺しの嫁」という人の生命に関わるある意味究極の汚点を帳消しに出来るだけの徳とはどれだけ積めば可能なんだ?
しかも今まで見ず知らずだった、旦那が殺したクラスメイトの家族などという所まで影響する程の。

#-|2012/01/15(日) 17:35 [ 編集 ]

↑長くて途切れた…;;

つまり君はこの嫁に対して何と結論付けたいんだ?
#-|2012/01/15(日) 17:38 [ 編集 ]

しらなかったなら新婦かわいそうだな。ぶっかけられるのは新郎だろう。

ってコメントしようとしたら米欄気持ち悪すぎわろた
#-|2012/01/15(日) 18:43 [ 編集 ]

nurupo
#-|2012/01/15(日) 19:49 [ 編集 ]

新婦は新郎がどんな奴か教えてもらえてよかったと思うけど・・
殺人の報復でしょ?
こんなんですんでよかったよね・・

でも被害者の人はこういう事をしても気持ちが晴れる事はないんだろうな。
そう思うと心が痛いね。
#-|2012/01/15(日) 21:10 [ 編集 ]

復讐は必要だよ
気持ちは晴れる事は無いけど
大切な人が生き返りもしないけど
けじめは付くからな
  #-|2012/01/15(日) 21:50 [ 編集 ]

報いは自分自身に来るとは限らないって
当たり前のことが理解できてない馬鹿が
ずいぶんいるんだな
創造力有る名無しさん #-|2012/01/15(日) 21:59 [ 編集 ]

人を殺して幸せになろうなんて思っちゃいけないな。
つか新婦かわいそうとか、関係ないとかいう発想は出てこない。
#-|2012/01/15(日) 22:09 [ 編集 ]

新婦にまで・・・はやりすぎな感じがするが、
犯罪ってのは罪を犯した本人だけじゃなく周りの人間にも報いがいくってことだな。
#-|2012/01/15(日) 22:29 [ 編集 ]

東野圭吾の「手紙」を思い出すな。
殺人犯の身内が酷い差別に会う話だが。
そりゃそうだろ。そうでなきゃ抑止力にならん。
#-|2012/01/15(日) 22:35 [ 編集 ]

俺も手紙思い出した
この手の話は、なんか救われないな
#-|2012/01/15(日) 23:07 [ 編集 ]

これ、書き込みした人も加害者側の人間じゃないか
言葉の端々から滲み出ている

取り巻き、なんて言葉使うか?

もし首謀者じゃなかっただけで書き込みした人もいじめに加担していたのなら
こいつ程、卑怯で醜い奴はいないね
#-|2012/01/15(日) 23:15 [ 編集 ]

新郎との関係でダメか、と、新婦との関係でダメか、を区別できない奴なんなの
#-|2012/01/15(日) 23:19 [ 編集 ]

>君の説明だと、「有難う」の話は他者がその善意を行う背景まで考慮しなくて良くなってるが、「嫁」に関しては「何故非難されるかという背景を考慮して受け入れろ」という話になっとるぞ?
>その時点で既にフェアじゃないんじゃないか?
お前、本当にバカだな
フェアとかフェアじゃないとか、そういう話じゃないんだよ
嫁が報いを受けたのは、嫁の徳が足りなかったからじゃなくて、旦那の業が深かったからだ
そして嫁が旦那の業によって報いを受けたのは、結婚という深い縁を結んだからだ
親子は一世、夫婦は二世という言葉がある
親子はこの世限りの間柄だが、夫婦の契りは来世にも及ぶという意味だ
そういう意味じゃ、この嫁は旦那と式を上げた時点で、来世まで旦那の業を共に背負う関係になったわけ
もちろん、嫁が本当に徳のある人間なら「私に免じて許してやってください」って言えるかもしれんが、そんなんは観音様の言うことだ
つまり、旦那の業を打ち消すくらいの徳は、出家して悟り開いて仏様になったら言えることだ
嫁がどうするべきかと聞かれれば、「夫婦を続けるなら同じ罪を背負って一緒に謝る。夫婦を辞めるのであっても、業の深い男と契った自分の徳のなさを反省する」の2つだけ
民事上の賠償請求は知らん
名無しさん #-|2012/01/16(月) 01:07 [ 編集 ]

なんか変に宗教づいたのがいるな
#-|2012/01/16(月) 01:52 [ 編集 ]

宗教ってのは人間の生きる指針をまとめたものだからな
道徳と宗教は切り離せん
名無しさん #-|2012/01/16(月) 02:00 [ 編集 ]

道徳を考えた中で結論や考え方の一つが宗教じゃないか?

切り離せないだろうし、ある程度考えられているものだから参考にしたりするべきだと思う。
#-|2012/01/16(月) 03:13 [ 編集 ]

なんか気持ち悪いなぁこの米欄
知ってて結婚したのなら仕方ないが、そうでないのなら報いをうけるのは旦那だけで充分だ
責任の所在は明確にしなくちゃいけないよ
この親族が嫁にした行為はまさしく子供の命を奪ったいじめそのものだ
復讐に気をとられて盲目になった馬鹿だよ
あ #-|2012/01/16(月) 04:03 [ 編集 ]

殺されたんだから殺し返せばよかったのにこの世は仇討ちを認めてくれないから憎しみをこじらせちゃったんだろうね。おめでたい席で過去バラしたり血ぃぶっかけたりする程度で済ませてもらえてよかったじゃないw。
一人の人間の人生を狂わせ死に追いやることで周りも狂い始め、忘れた頃に自分が撒いた種を刈り取ったわけだね。まあ刈り取りはまだまだ続きそうだけどw
ななし #-|2012/01/16(月) 09:57 [ 編集 ]

亡くなった方の親族の行為が信じられんが、親族を殺されなきゃ分からん心境があるのかもしれん
これはなんとも言えんわ・・・
#-|2012/01/16(月) 13:20 [ 編集 ]

↑↑そうなんだよな
時代劇とかは悪い奴を殺す事を
「世直し」とも言ってたのに
どうして現代日本こうなった
  #-|2012/01/16(月) 14:09 [ 編集 ]

殺人犯の子供が殺されなかっただけまだマシな復讐だと思ったが
#-|2012/01/16(月) 14:36 [ 編集 ]

新婦が新郎の過去を知ってて結婚したから、
こんなにやられたのかと思った。
知らなくてなら新婦カワイソス
#-|2012/01/16(月) 20:27 [ 編集 ]

そもそも、この親御さんは清廉潔白なんでしょうか?
殺されるほどの酷いいじめを受けていたのなら途中で気づくかいじめられてる本人からの告白でもあるんじゃないでしょうか?
息子が殺されるまで気づかないっていうのはよっぽどのボンクラかいじめの告白に対していじめられてる方に責任があるとかいう理論で突き放した結果なんじゃないの?
もし、そうだとしたらそんな親に復讐の権利なんてあるんだろうか?

いや、ただの私の妄想なんですがね、うちの親がじめられる方にも非があるというタイプだったもんで。
#-|2012/01/17(火) 00:53 [ 編集 ]

↑それは大変だったね…
人の感情なんて勝手なのも確かだが、子供が心配掛けないように必死になって隠し続けた結果…だった可能性も無くはないよね。
まぁ我々からは全て後の祭りの話だから実際に文中の人物に何か手を差し伸べたり注意したりできないんだから都合の良いように考えて、似たような事件に遭遇した時の参考にすれば良いんじゃないかな。
例えば今回の話ならば、「殺人は犯したが、服役したから罪を償っている」と主張する人間に対処出来るよね。
そうやって君の周りの人を救っていけばいいんじゃないかな。
#-|2012/01/17(火) 02:21 [ 編集 ]

何バカなことやってんだ!
さっさと新郎の首刎ねりゃ済む話なのに、陰湿すぎるだろ!
新婦と親父のダブルシンプが可哀想だろ!
#-|2012/01/17(火) 08:26 [ 編集 ]

新婦と神父だった
なんで「しんぷ」で親父が出るんだ、オヤジじゃないのか
#-|2012/01/17(火) 08:29 [ 編集 ]

まあ、家族殺されたら正気じゃなくなるよね
しかも殺した奴が結婚するとか聞いたら理性は保てないよね

嫁に非が無いといっても殺された被害者にも非が無い以上
遺族に道理は通用しないだろ
  #-|2012/01/17(火) 23:49 [ 編集 ]

新婦は夫の過去知らなかったのかな?
#-|2012/01/18(水) 00:09 [ 編集 ]

気持ちはわかるわ
コンクリ事件の犯人とかアベック事件の犯人も今は普通に結婚してるとか聞くと
他人の自分でも連中の家族が同じ目に合えばいいのにと思うもん
名無しさん@ニュース2ちゃん #BsqUATt6|2012/01/19(木) 03:19 [ 編集 ]

新郎が別の理由で自殺するとかなら因果応報っていうだろうけど
これはちょっとちがくないか
#-|2012/01/19(木) 16:44 [ 編集 ]

新郎が事故で死ぬとか誰かに殺されるとかなら因果応報だと思うけどこれは自業自得じゃん
名無し #-|2012/02/07(火) 16:38 [ 編集 ]

新婦もイジメ参加者であった可能性が微レ存
#-|2012/03/29(木) 10:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/15579-52bd84c9

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.