FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


「なんや……?」

2011/11/27(日) 18:18:39
431 名前:風と木の名無しさん [sage] :2011/11/27(日) 00:50:12.80 ID:lXHYkakcO
受け「なんや……?」(何か当たっていますが)
攻「なんや?なんや」(何って?ナニですよ)
受「なんや!なんやねん!」(何ですか。何をするつもりですか?)
攻「なんや?なんや……」(何をって?そんなことも知らないのですか……)
受「なんやねん!ちゃうやん、なーんーやって!」(何ですって?そうではなく、何をしているのだと
怒っているのです)
攻「なんや。なんやったら……」(なんだ。もし知らないなら教えてあげたのに)
受「なんやねん、もう!……なんなんや……」(どういうことですか。……そうやって冗談ばかり……)
攻「なんや?」(どうしたのですか?)
受「なんや!」(構わないでください)
攻「なんや……?」(そんな態度を取ってもいいのですか?)

受「な、やぁ……っ!」(※嬌声)
攻「なんや?」(※言葉責め)
受「な、なん……や、あぁっ!」(※嬌声)

大阪語は深い。




関連記事
スポンサーサイト
ネタTB:0CM:14
<< 手を離してしまったのはホーム全記事一覧恋は盲目 >>

コメント

元ネタがアフタヌーン連載の「いんちき」であることを知る人はどれだけいるのだろか
#-|2011/11/27(日) 18:21 [ 編集 ]

これほどまでじゃないが
キャラが皆関西弁のエロ漫画がこんな感じになってたことがあった
#-|2011/11/27(日) 18:49 [ 編集 ]

攻のなんやはちょっと無理があるやろ
#-|2011/11/27(日) 18:53 [ 編集 ]

嬌声フイタ
#-|2011/11/27(日) 20:04 [ 編集 ]

これ「なんや」以外でもいけそうじゃね?

受「だべ?」
攻「だべ!」
受「だべぇぇぇ~」

とかw
#-|2011/11/27(日) 21:18 [ 編集 ]

↑ちょっと何言ってるか解らないです
  #-|2011/11/27(日) 22:40 [ 編集 ]

汎用性ありすぎ
#-|2011/11/27(日) 22:46 [ 編集 ]

「だべ」 だと嬌声に無理がありすぎだろw
#-|2011/11/28(月) 00:33 [ 編集 ]

大阪だけどさすがにねーよwwwwww
#-|2011/11/28(月) 03:18 [ 編集 ]

「ヤバイ」でも作れそうだなw
#-|2011/11/28(月) 11:42 [ 編集 ]

大阪弁は萌えねーなwww
  #-|2011/11/28(月) 15:58 [ 編集 ]

ダウンタウンで再生されて困った
#-|2011/11/28(月) 22:05 [ 編集 ]

上の記事からの落差に脱力だよw
#-|2011/11/29(火) 10:16 [ 編集 ]

エセ大阪弁の典型
#-|2011/12/06(火) 00:20 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/15272-c280a049

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.