FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2020年01月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


ムツゴロウ

2011/10/22(土) 19:04:16
557 本当にあった怖い名無し sage 2011/10/16(日) 14:08:24.33 ID:Ln2bqXI50
148 :名無しさん@12周年:2011/10/15(土) 22:38:56.76 ID:TWFcFmYV0
>>145
畑正憲ムツゴロウが冬の海で夜中に水死体を捜索すりために限界を超えて数十メートル潜っていたら、
「死」の甘美な誘惑が抗い難いほどだったと書いてるな。
死はある一線を超えると魅力的すぎるがゆえに、戻ってくるのにすごい勇気がいるみたい。


558 本当にあった怖い名無し sage 2011/10/16(日) 15:13:04.09 ID:/tBr3eWw0
死神をよーしよしよし!するムツゴロウ?

559 本当にあった怖い名無し sage 2011/10/16(日) 15:18:56.38 ID:RrYr9GqTP
ムツゴロウに腹を見せ服従する死神

560 本当にあった怖い名無し sage 2011/10/16(日) 21:21:08.21 ID:H4O7Xhe60
ムツゴロウに指を噛みちぎられる死神




関連記事
スポンサーサイト



バカ回答TB:0CM:10
<< 子猫がちっとも懐かないホーム全記事一覧おれたちゃダラ人間なのさ >>

コメント

つーか、なんであの胡散臭いオヤジが冬の夜中、海の中に土左衛門なんぞ捜しに行ったんだ
ryu #-|2011/10/22(土) 19:09 [ 編集 ]

死神にはそういう習性が、
あるんですねえええ。
わしゃわしゃわしゃ。
ズズーン和田 #-|2011/10/22(土) 19:33 [ 編集 ]

↑↑
戦時中、軍隊にいた時の話じゃないの?
#-|2011/10/22(土) 20:13 [ 編集 ]

ムツゴロウなら三途の川の生き物をも手なずける
#-|2011/10/22(土) 20:14 [ 編集 ]

ムツさんが北海道の無人島に住んでいたころ、
近所の漁師が船から落ちたって話を聞いて駆けつけたんだよ
もちろんボンベ背負ってフル装備だったが
#-|2011/10/22(土) 20:54 [ 編集 ]

十段はすごい人だよ。
三国志とかに出てきそうな豪傑。
  #-|2011/10/22(土) 22:03 [ 編集 ]

ムツゴロウが原作の猫の映画を撮るときに
主役の猫が[自主規制]ったという話を聞いてから
あのおっさんの動物に対する姿勢に関しては
一切信用していない
  #-|2011/10/23(日) 00:00 [ 編集 ]

動物は自分より強いものにしか従わないんだよ
つまりはそういうことだ
#-|2011/10/23(日) 07:17 [ 編集 ]

※7

「あー、流されちゃいましたねー…おーい、次のチャトラン持ってきてー」
#-|2011/10/23(日) 11:05 [ 編集 ]

なぜムツゴロウが噛みきるねん
#-|2011/10/25(火) 18:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/15010-02c2ff9a

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.