FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


お客様は神様です

2011/08/16(火) 19:06:54
603 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2011/08/16(火) 07:44:44.88 ID:696Mx5JK
古めの中型ショッピングセンターで
「今すぐ入口ドアを全部自動ドアに変えてください。お客様は神様です」
私、接客業ではありませんが、こういう考えのやつ大嫌いです

604 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2011/08/16(火) 08:41:21.62 ID:yFZVU79W
>>603
私は神様ですが、と言う書き出しだったら個人的に許せる

605 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2011/08/16(火) 08:58:11.77 ID:4zzVI2BN
神様だったらドアくらい奇蹟の力で開けろ





関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:12
<< サバサバしまくってる彼女ホーム全記事一覧ウォータースライダー >>

コメント

神様の家でもある神社に自動ドアなんて無い

なので却下
#-|2011/08/16(火) 20:20 [ 編集 ]

「お客様は神様です」は、接客する側の心構えであって、客が言うことじゃない。
「子供のしたことだから」といたずらをした子供の親が言うぐらい間違ってる。
#-|2011/08/16(火) 20:59 [ 編集 ]

お客様は神様です。
※この場合は貧乏神や疫病神の類ですけど。
名無しさん #-|2011/08/16(火) 21:26 [ 編集 ]

客「お客様は神様です」
店「私は神を信じません」
でおk
#-|2011/08/16(火) 21:31 [ 編集 ]

静電気でバチッとくるドアだけは何とかして
#-|2011/08/16(火) 21:39 [ 編集 ]

私だ
#-|2011/08/16(火) 23:32 [ 編集 ]

日本の接客はこっちが申し訳なくなる位のサービスしてくれるんだけど、ずっとそれを続けられると客の中に自分は偉いんじゃないかと勘違いする馬鹿が出てくるのよね
#-|2011/08/16(火) 23:56 [ 編集 ]

お前だったのか
#-|2011/08/17(水) 09:37 [ 編集 ]

俺思うんだけど、天然の子は自分のこと「天然です」って言わないでしょ。
天然のフリしてる構ってチャンだけが「私天然だからぁ~」とかほざく。
これと同じで、自分のこと神だって言ってる奴は神じゃねえよ。
#-|2011/08/17(水) 09:39 [ 編集 ]

「お客様は神様」は店側の考え方であって、客自らが言ってたら、そいつはただのクレーマーだよな
#-|2011/08/17(水) 10:15 [ 編集 ]

日本には大量の神がいるが、下品な神も多いよな
#-|2011/08/18(木) 09:59 [ 編集 ]

日本の神はな、
タタリガミも多いからな....。
#-|2011/08/22(月) 16:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/14522-370f0922

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.