FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


約束の指輪

2011/07/17(日) 20:14:34
147 :大人になった名無しさん:2011/07/13(水) 11:05:17.40
人からじゃないけど俺の実話
俺今年で25になるんだけど高校生の頃の話しちょっと長くなる

小さい頃から幼なじみの女がいるんだがそいつとは本当に仲がよかった
小学生の頃、親父の左手の薬指につけてた指輪が気になって、
親父に「なんでずっとつけてるの?」って聞いたんだ
そしたら「これはな、母ちゃんとの約束の指輪だよ」
「これをつけてれば離れてても一緒なんだよ」
って笑顔で言ったんだよ。


それで俺はその幼なじみと結婚したかったから
ずっと豚の貯金箱に貯めてた小遣いを(1000¥くらい)もって商店街の
アクセサリーショップみたいなところに行って
「一番いい指輪ください!」って店員に言ったのよ
そしたら店員のお姉さんが「お母さんにあげるの?」って聞かれたから
「お嫁さんの!」って言ったらお姉さんが「じゃあちょっと待っててね」
って指輪探し始めた。

148 :大人になった名無しさん:2011/07/13(水) 11:36:07.98
で、お姉さんが綺麗にラッピングしてくれた指輪持ってきて
俺はありったけの小銭をお姉さんに渡した。
お姉さんは笑って「頑張って」って俺を見送ってくれた。
俺はその幼なじみに親父から聞いたことをそのまま言いながら
幼なじみに指輪を渡した。

幼なじみはびっくりしたような顔しながら頬にチューしてくれたんだよ。

それから時がたって幼なじみは小学校卒業と同時に親の都合で転校。
俺は地元の中学に行ったんだが
別れが寂しくてさよならって言えなかったのがずっと引っ掛かってた。

それから更に時が進んで、高校に入学。
高校には可愛い子がいっぱいいて
好きな子もできた。もう高校が楽しくて幼なじみのことはわすれてた。

でも高校2年の春休みに幼なじみの母ちゃんから電話が来て、
今幼なじみが入院してるって言うのよ。俺はなんか今更ながら心配で見舞いに行った。

見舞いに行くと、個室のベットで幼なじみが寝てる。
病院の配慮で窓から桜が見える部屋だった。
ベットで寝てる幼なじみはものすごく綺麗でなんかドキドキした。

で、なんの病気かわからなかったけど左手を握った。
そしたら薬指に違和感感じて
見たら俺があげた指輪がついてた。
なんでかわからないけど涙が止まらなかった。
幼なじみは起きて、俺の泣き顔を笑顔で見てた。
極めつけは笑顔で
「指輪つけてたからずっと一緒だったよ?」って言うのよ

もう涙が止まらなくて、ずっと病室で頭撫でてもらいながら泣いた。

幼なじみの母ちゃんが言うにはずっと指輪はずさずにつけてたらしい。
バカだよなぁ、血止まっちゃうよ


だから今度新しい婚約指輪買いに行ってくるノシ




関連記事
スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:32
<< こんな両親が大好きだホーム全記事一覧便秘で苦しむ小4男児 >>

コメント

良かった
病気で死んだ幼馴染はいなかったんだな…
#-|2011/07/17(日) 20:18 [ 編集 ]

くそっ…健やかにもげろや!
#-|2011/07/17(日) 20:19 [ 編集 ]

途中どきどきしたけど最後良かった!
マジでお幸せに!
名無し #-|2011/07/17(日) 20:23 [ 編集 ]

よし。最後の一行読んだ。
遠慮無く言うぜ!

もげろ!
#-|2011/07/17(日) 20:23 [ 編集 ]

とりあえず嫁の健康が回復して子供の2,3人も作ってから心置きなくもげろ。
#-|2011/07/17(日) 20:39 [ 編集 ]

こういう話好き
#-|2011/07/17(日) 21:06 [ 編集 ]

幼なじみ生きてるの?
じゃあもげろ
  #-|2011/07/17(日) 21:12 [ 編集 ]

幼なじみは元気になったのか。良かった。良かった。


もげろ
#KoggaWAQ|2011/07/17(日) 21:32 [ 編集 ]

アクセサリーショップのお姉さんが
実はタイムスリップした幼なじみ

それはともかく無病息災でもげろ
#-|2011/07/17(日) 21:38 [ 編集 ]

よしよし
心置きなくもげるといい
#-|2011/07/17(日) 21:48 [ 編集 ]

なんか心置きなく「もげろ」をぶっぱなせる書き込みだなw

奥さん大事にしてあげてください。
#93bRp65A|2011/07/17(日) 22:10 [ 編集 ]

こんな話もうやめて
俺のライフはとっくにゼロよ(ヽ´ω`)
#-|2011/07/17(日) 22:21 [ 編集 ]

行ってくるノシ まで読んだ
  #-|2011/07/17(日) 22:36 [ 編集 ]

こんないい話がこの世にあっていいのかしら
#-|2011/07/17(日) 22:58 [ 編集 ]

ユー、もげちゃいなYO!
#-|2011/07/18(月) 00:02 [ 編集 ]

アクセサリーショップのお姉さんが何気に良い人
#-|2011/07/18(月) 00:19 [ 編集 ]

二人仲良く幸せに天寿を全うして死ね。
#-|2011/07/18(月) 00:21 [ 編集 ]

祝福の言葉「もげろ」
#-|2011/07/18(月) 01:46 [ 編集 ]

お幸せに!
26歳童貞
#-|2011/07/18(月) 05:57 [ 編集 ]

あれ?
高校で好きな子が出来ただけで、その子とはつきあってなかったのかな?
#-|2011/07/18(月) 09:30 [ 編集 ]

振ったんだろ
そして幼馴染みが「可愛く」なければ結末も違っていたんじゃねえかな
  #-|2011/07/18(月) 14:00 [ 編集 ]

という妄想だったとさ・・・ってオチじゃないのかよ


遠慮なく幸せにもげて下さい。
#cRy4jAvc|2011/07/18(月) 14:13 [ 編集 ]

泣いた…
ちくしょう幸せになりやがれ!
#-|2011/07/18(月) 16:55 [ 編集 ]

うん、よし、もげろ。
#-|2011/07/18(月) 18:12 [ 編集 ]

   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <MGR!MGR!MGR!MGR!MGR!MGR! >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、
  /っノ      /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )
  #-|2011/07/18(月) 20:45 [ 編集 ]

途中までまさか幼馴染は…とドキドキしたじゃないか
だが、これで心置きなく言える!!

幸せになりやがれ!!ちくしょー
#-|2011/07/18(月) 22:25 [ 編集 ]

指のサイズ変わんないの?
#-|2011/07/19(火) 14:59 [ 編集 ]

まあ、なんだ・・・



兎に角もげろ。
#-|2011/07/19(火) 15:43 [ 編集 ]

もげあわせに
#-|2011/07/19(火) 16:35 [ 編集 ]

うあぁ、幼馴染は死んでないんだね良かった。ホッとしたよ。


もげろ
#-|2011/07/19(火) 17:35 [ 編集 ]

嫁から方形リングでも渡されてこいや
#-|2011/07/19(火) 17:59 [ 編集 ]

〉指のサイズは変わらないの

んなわけない。
ただ、子供の頃には大きかった指輪なら、大人になっても無理矢理はめられる。子供の頃サイズがぴったりだったとは書いてないしね。
実際、大人になった指には小さかったから、血が止まっちゃうよって筆者が書いてるんだろうね。
#-|2011/07/22(金) 12:29 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/14323-1d97ab1a

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.