FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


吉原のちょっとイイ話

2006/07/22(土) 12:13:27
515 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2006/05/03(水) 12:17:53
数年前、漏れが吉原で体験したこと。
入店して待合室に通されると、オバサンが数人の客と話をしていた。
スポーツ新聞を読みつつ聞き耳をたてていると、
全盲の息子が筆下ろしをしたいと言うので付き添いで来たらしい。
オバサン(以下母)は色々心配事を口にしていたが、話し相手の客数人は
「大丈夫」「心配しなくていいよ」 と、なだめていた。

暫くたって奥から白杖持った青年と姫が待合室にやってきた。
革靴はピカピカで結構いい服をきている。この日のために揃えてあげたのだろう。
母はソファから飛び出して姫と軽く会釈したあと、「どうだった?いいこと出来た?」
青年「うん。よかったよ。このお姉さんのおかげで」
実は姫を指差すつもりが別の方向だったので、姫が素早く指した方向に移動。
母は顔をくしゃくしゃにして泣きながら「あんたよかったね~!!」と背中を何度もさすっていた。
客も拍手したり「よかったなあ」と激励していて、今まで無口だった893風の客まで立ち上がって
青年の肩をポンポン叩きながら「あんたも一人前の男になったぞ」と祝福していた。
姫も感動して泣いていた。実に素晴らしい光景。
涙腺の弱い漏れは新聞で顔を隠しながら泣いた。
関連記事
スポンサーサイト



泣けるTB:0CM:12
<< 店長GJ !!ホーム全記事一覧アドレス帳の悲劇 >>

コメント

これはいいハナシダナー・・・( ;∀;)
肉欲 #-|2006/07/22(土) 14:07 [ 編集 ]

イイ話だけど笑える
T #-|2006/07/22(土) 17:15 [ 編集 ]

1人の男として感動した
悟る引きこもり #-|2006/07/22(土) 20:20 [ 編集 ]

でもキモくね?
#-|2006/07/22(土) 21:13 [ 編集 ]

風俗嬢とて立派な仕事。感動しました
#-|2006/07/23(日) 01:50 [ 編集 ]

懐かしいコピペだ
#-|2006/07/23(日) 14:17 [ 編集 ]

感動しつつ笑えて、なおかつキモさも味わえる。
もういい話のチャンピオンだね☆
#zjQtxeCY|2006/07/24(月) 19:41 [ 編集 ]

ここで 「もう一回したい」
とか続きがあるとこの話も台無しになるね
#-|2006/07/24(月) 22:07 [ 編集 ]

こういう所に連れてきて貰える知人とかいなかったんだろうなぁ。
お母さんも複雑な気持ちだっただろうに・・・
障害者もSEX位したいよなぁ。
#-|2006/07/25(火) 14:05 [ 編集 ]

全米が抜いた。
#-|2006/07/25(火) 14:45 [ 編集 ]

姫は美人だと予定調和的に決まっている件
#-|2006/07/27(木) 21:23 [ 編集 ]

車椅子で親(たぶん)に連れられてきてる人もいたな。何気に裏福祉産業。
#mQop/nM.|2006/10/29(日) 03:06 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/1389-4e9ade70

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.