FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


将棋の戦法名

2010/10/05(火) 18:33:16
83 名前: 幼稚園の先生(コネチカット州)[] 投稿日:2010/08/21(土) 21:28:00.86 ID:8Gzo2/gYO
将棋の戦法名
・藤井システム
・魔界四間飛車
・中田功XP
・ゴキゲン中飛車
・白色レグホーンスペシャル
・端歩突き越し角交換ダイレクト向かい飛車
・ミレニアム

これだけでも将棋の楽しさが分かってもらえると思う




関連記事
スポンサーサイト



その他TB:0CM:16
<< 水樹奈々ホーム全記事一覧ちがった >>

コメント

ネタなのか何なのか分からないが、
羽生がこの世にいる時点で将棋は面白い。
#-|2010/10/05(火) 18:41 [ 編集 ]

レグスペとダイレクト向かい飛車は兄弟戦法
まめちしきな
#-|2010/10/05(火) 18:45 [ 編集 ]

安藤プロの亜空間殺法とかな
#-|2010/10/05(火) 19:18 [ 編集 ]

で、羽生名人の戦法は?
#-|2010/10/05(火) 19:41 [ 編集 ]

でも一番使いやすいのは棒銀
#-|2010/10/05(火) 21:12 [ 編集 ]

ちっ、亜空間出てたか
#-|2010/10/05(火) 21:48 [ 編集 ]

こういう名前ってファンが付けるの?
プロが使い出すの?
#-|2010/10/05(火) 22:20 [ 編集 ]

こんだけフリーダムな戦法名が跋扈する傍ら、
いまだに将棋の世界は閉鎖的だよな
  #-|2010/10/05(火) 22:21 [ 編集 ]

>こういう名前ってファンが付けるの?
>プロが使い出すの?
作った奴が名づけたり周りがそう呼んでるからそうなったりいろいろ
#-|2010/10/05(火) 22:33 [ 編集 ]

一手損角代わり
#-|2010/10/06(水) 07:36 [ 編集 ]

羽生はオールラウンダーだからどんな戦法でも指しこなすよ

ゴキゲン中飛車はこんな名前ですがかなり強い戦法です
#-|2010/10/06(水) 08:29 [ 編集 ]

羽生の戦法というか能力は
「アンサートーカー」だろ。
万能。
名無しさん@ニュース2ちゃん #-|2010/10/06(水) 10:13 [ 編集 ]

ぷよぷよには
『斉藤大先生ありがとうございますスペシャル』
という積み方があるぞ
あと『グレート田中連鎖』通称GTRとか
#-|2010/10/06(水) 16:02 [ 編集 ]

チェスのキャスリングレベルでときめいた俺には堪らない知識だ
#-|2010/10/06(水) 19:33 [ 編集 ]

>で、羽生名人の戦法は?
序盤・中盤・終盤すべてにおいて隙がなく、何でも指しこなすオールラウンドプレイヤーです。
#-|2010/10/07(木) 15:20 [ 編集 ]

やだ・・・なんかホントに楽しそう・・・
#-|2010/10/08(金) 10:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/12299-1c1ac575

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.