FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブラインドタッチ

2010/07/30(金) 12:34:35
652 名前:非通知さん[sage] 投稿日:2010/07/28(水) 16:15:18 ID:4ggl6C/y0
 アメリカじゃどうだか知らないがな、日本じゃブラインドタッチは必須なんだよ。
 殺人鬼や犯罪集団に攫われて、縛られ拘束されても、
 何故か取り上げられなかったケータイを使って
 後ろ手にブラインドタッチでメールを書いて、
 助けを呼ぶような場面が、日常的にある。
 俺も、ガラケーのブラインドタッチで、三度、命を救われた。



関連記事
スポンサーサイト
バカ回答TB:0CM:14
<< 新しい人かね?ホーム全記事一覧留守番電話 >>

コメント

なわけねぇだろ
#-|2010/07/30(金) 12:39 [ 編集 ]

ブラインドタッチって言い方も懐かしいなオイ
#-|2010/07/30(金) 13:33 [ 編集 ]

ガラケーってなに?
  #-|2010/07/30(金) 13:36 [ 編集 ]

「ガラパゴス・ケータイ」の略。世界の携帯,IT事情を知ってか知らずか、日本独自の進化を遂げた日本製の携帯電話のこと。他の島との接触が無かったために独自の進化を遂げたガラパゴス諸島の生物となぞらえ、自嘲的な意味を込めて日本の携帯は「ガラケー」と呼ばれる。
#-|2010/07/30(金) 14:47 [ 編集 ]

↑ありがとう
  #-|2010/07/30(金) 15:20 [ 編集 ]

新一乙
   #-|2010/07/30(金) 16:33 [ 編集 ]

今はブラインドが差別用語なんだっけ めんどくせえな
#-|2010/07/30(金) 17:31 [ 編集 ]

なんの話してんだ前後がなきゃわからんわ
#-|2010/07/30(金) 20:11 [ 編集 ]

「ブラインドタッチ♪」
という宣言とともに画面が暗くなる
エロゲがあったと思うんだが何だっけ
#-|2010/07/30(金) 21:19 [ 編集 ]

自殺サークルだかいう小説でそんなシーンあったな
#-|2010/07/30(金) 23:08 [ 編集 ]

「タッチタイピング」て言わなきゃならんのだよね
#-|2010/07/31(土) 00:09 [ 編集 ]


しかしタッチしないでタイピングなんて出来ない訳で
ワケわかんねえよな。
  #-|2010/07/31(土) 01:20 [ 編集 ]

その乾いた哀愁の瞳に去来するものは何か。白瀬慧。孤高のフリープログラマーとして、異常な処理頭脳を持つ男。その名は伝説のハッカーと呼ばれ、その正体を知るものは少ない。失ったもの…得たもの…そして、広大なネットの狭間で彼が見たものとは? 虚像の実存と記号の中に彼は、今、何を想うのか…。

人は呼ぶ、バトルプログラマーシラセ…
またの名をBPSと!
#-|2010/07/31(土) 01:49 [ 編集 ]

見なかったことにしてやる
#-|2010/07/31(土) 05:53 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/11834-1533944c

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.