fc2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


詰まらせるような物

2010/02/03(水) 17:17:11
773 名前:(名前は掃除されました) [sage] 投稿日:2010/01/31(日) 14:05:11 ID:sx+zPO51
「詰まらせるような物はなにも流してない」っていう客がほとんどなんだが、
実際には大半が「詰まらせるような物」を流しちゃってるんだよなあ・・・
うっかり知らない間に流しちゃったか、家族の誰かが嘘ついているの二択。

一番笑ったのが、学生さん一人暮らしのマンションでのトイレ詰まり。
「詰まらせるような物は流してない」って主張するので、大家から依頼。
結果、出て来たのはバイブ。
リモコンで動くとかいう小型のもの。
現物見せたとたん「あっ」ってw
大家も呆れながら「費用はアンタが払うんだよ!」と叱ってた。
落ちたの気づかないもんかねえ・・・

一番悲しかったのは、家族でお住まいの一戸建て。
これも「詰まらせるような物は流してない」って主張。
出て来たのは、部分入れ歯。
嫁が姑に対する嫌がらせで流したらしい。
流してから1週間以上経っていたので、まさかその入れ歯が原因だとは思わなかったと。
嫁のふてくされた顔と、旦那の物悲しそうな顔が対照的だった。

その他にも詰まり抜きの現場からは珍品奇品がいっぱいです。





関連記事
スポンサーサイト



体験談TB:0CM:12
<< ヘルメットみたいになったホーム全記事一覧岡江さん >>

コメント

そこはやっぱり増えるわかめちゃんを
ryu #-|2010/02/03(水) 18:17 [ 編集 ]

学生が女なのか男なのか、だ
#pYrWfDco|2010/02/03(水) 18:36 [ 編集 ]

流された飛びっ子カワイソス
  #-|2010/02/03(水) 19:00 [ 編集 ]

ぼっとん便所最強説
#-|2010/02/03(水) 21:55 [ 編集 ]

言葉に詰まる話ですな
#-|2010/02/03(水) 21:57 [ 編集 ]

まあやることやったら片付けろってこった
#-|2010/02/03(水) 22:34 [ 編集 ]

やることやって気持ちよくなって
中に入れたまま寝てしまって
起きたときには忘れてる
#-|2010/02/03(水) 22:50 [ 編集 ]

>米1
寒天は業者呼ばなくてもお湯で解決する?
#-|2010/02/04(木) 02:38 [ 編集 ]

湯流すと便器割れね?
#-|2010/02/04(木) 15:24 [ 編集 ]

嫁の態度が気になる。
ふつうそんなのバレたらいたたまれないのは犯人である嫁なのに。
旦那が怒って、嫁が反省するとかおとなしくなるのが普通なんじゃないの?
#-|2010/02/05(金) 21:16 [ 編集 ]

↑他人がいるとどちらも黙る方向になる。
業者が帰ったあとはケンカになってるだろうよ。
#-|2010/02/07(日) 03:45 [ 編集 ]

同居は悲劇の温床だな・・・
#-|2010/02/07(日) 11:57 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/10558-bce1b837



妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.