FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


12月 | 2021年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


やめてほしいの…

2010/01/24(日) 19:13:54
928 :名無しの心子知らず:2010/01/14(木) 13:49:00 ID:49xDn9Qc
皆様の書き込みを見て
我が子がふくふくしていた時代を思い出すよ。ナツカシス。

6才女児、最近自分が小さい頃の話を聞くのが好き。

2~3才くらいの時、点滴の前に看護婦さんに
「やめてほしいの…
 やめてほしいの!
 やめて?
 やめて!
 やーめーてー!!」
と段階的に反抗?してたのが
可愛くて面白かったよと話してあげた。

そして今日のおやつの時間、
ポテチを入れていた皿が空になったら
「入れてほしいの…
 入れて欲しいの!
 入れて?
 入れて!
 いーれーてー?」
と言いながら寄ってきた。知恵付いたのう…
お調子者に育ったが、可愛いのは変わりませんわ。




関連記事
スポンサーサイト



ほのぼのTB:0CM:12
<< 石黒賢ホーム全記事一覧言い間違え >>

コメント

挿れてほしいの…
  #-|2010/01/24(日) 19:16 [ 編集 ]

↑予想通り杉
#-|2010/01/24(日) 19:17 [ 編集 ]

かわいいなぁ
ニヤニヤしてしまった
#-|2010/01/24(日) 19:29 [ 編集 ]

※1が期待を裏切ることなくアレだな
#-|2010/01/24(日) 20:30 [ 編集 ]

挿れtチッ先に言われたか
#-|2010/01/24(日) 20:30 [ 編集 ]

※1
はえーよ
#-|2010/01/24(日) 20:43 [ 編集 ]

脳は3歳頃に記憶がリセットされるそうな。
だから、人間はそれ以前の事は覚えていない。
実体験として記憶のリセットなんて気づきもしなかったけど、
確かに3歳頃までしか遡れない不思議。
#-|2010/01/24(日) 21:18 [ 編集 ]

あと十数年もすれば、どこぞの馬の骨に同じセリフを言

米1早すぎだろ
#-|2010/01/24(日) 22:45 [ 編集 ]

米1でこの米欄は終わってしまった。
#-|2010/01/25(月) 02:32 [ 編集 ]

ほしのあきの声で再生された
#-|2010/01/25(月) 09:32 [ 編集 ]

>あと十数年もすれば、

「いーれーて!
 いれなさい!
 いれな?
 いれな!
 いれなってんだろ?
 いれなってんだろ!
 いれりゃいいんだよ!
 いれろ!
 いれろよ!
 いれろっつってんだろ?
 いれねーかこの野郎!
 いれねえと知らねえよ?
 いれねえと知らねえぞ!
 いれやがれこんちくしょう!」

親もしくは男「人はATMじゃねえぞ…」
#-|2010/01/25(月) 11:51 [ 編集 ]

予防注射の季節に病院にいると、ガチで幼女の「いやぁぁー、やめてぇぇー」と泣き叫ぶ声がするから何かアレだ。
#-|2010/01/26(火) 13:39 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/10488-22651652

カープ

興味しんしん

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.