FC2ブログ
続・妄想的日常
おかえり。 

妄想的ダンサーズ

dancing2.gif

妄想的ヘッドライン

プロフィール

妄想

Author:妄想
面白いスレッドなどありましたら教えて下さいまし。相互リンクもこちらから。

mixi始メマスタ
マイミク募集中(`A')キャァァァァァ


調子に乗って「続・妄想的日常☆別館」
始メマスタ


またまた調子に乗って「妄想さんの拾い物」始メマスタ

フィードメーター - 続・妄想的日常


ブログパーツ




※のNGワードを http:// にしておりますよ♪


更新情報と愚にもつかないつぶやきはこちら




セリーグ順位表

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表

最近の記事

最近のコメント

妄想的人気記事

カテゴリー

ブログ内検索

BlogRingというものらしい

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別


10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2009/11/17(火) 20:03:23
名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/16(月) 16:40:39 ID:V5gViB5UO
父親が、幼い頃に体験した不思議な出来事です。

私の父親はアメリカ人です。父親は、成人してから日本に移住しました。
小さい頃から憧れていた国が日本だったそうです。
そんな父(当時9歳)のためか、家族で日本へ海外旅行となりました。
父は、とっても張り切りガイドブックを読み耽り、ワクワクしながら日本に到着。
日光や鬼怒川、新宿や浅草など関東を巡ったそうです。
日本=忍者や侍 だった父親は、忍者や侍がいないことにショックで、
わざわざアメリカから持ってきた宝物のオモチャの刀を、道端のごみ箱に捨てたらしいです。

しかし、捨てた直後から激しい後悔にかられ、観光から帰ってきた旅館で夜中に
泣いていたそうです。
皆が寝静まり、静まりかえった部屋にいつの間にか侍が立っていました。

名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/16(月) 17:05:31 ID:V5gViB5UO
オーマイガー状態の父親に、侍はゆっくり近付いてきて、そーっと捨てた刀を渡してきました。
父は、侍にサンキューベリーマッチと言い、英語で興奮気味に話しかけました。
しかし侍は、ニコッとしただけで黙っています。
次の瞬間スウーッと侍は消えました。
父は何故か、このことは絶対内緒にしなきゃ!と思い皆には黙っていました。
それから一週間、観光中に何度も侍は突然現れました。
父以外には見えていないらしく、侍は父を見て優しく微笑んでいました。
道に迷ったりしたときは、右手をかざしてくれて右へ進むと目的地へ着いたそうです。
父はコミュニケーションをとれない侍へ、自分と侍の手を繋いだ絵をかきました。
アメリカに帰国する前日、侍は夜中に突然現れました。
父は下手くそな日本語で『いっしょ、シカゴ、いこう』
と言いました。

名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/16(月) 17:41:59 ID:V5gViB5UO
侍は、悲しそうな顔で首を振りました。
父は、英語でPLEASE!PLEASE!と言いながら激しく泣いてしまいました。
侍は、静かに涙を流し、色とりどりの小さな星が入った小びんを手渡しました。

父も侍に絵をプレゼントしました。
父は侍に『ぜったい、また会えるよね』と聞きました。
侍は淋しそうにニッコリして、スウーッと消えていきました。

帰国し、それから二度と、侍に会う事はありませんでした。
しばらく経って、大人になった父は確信したそうです。
あのとき、侍がくれたコンペイトウは、二度と会えない自分を思って
プレゼントしてくれたものなんだ、と。
日本を好きになってくれて、本当にありがとう。
これからずっと、一人ぼっちにさせてしまってゴメンね…。という意味だったんだ、と。





関連記事
スポンサーサイト



不思議TB:0CM:21
<< まだこの女好き?ホーム全記事一覧 >>

コメント

     *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *
774 #-|2009/11/17(火) 20:18 [ 編集 ]

コンペイトウを作ったのは誰だあああああああああ!
#-|2009/11/17(火) 20:19 [ 編集 ]

         / ̄\
         | ^o^ | < わたし です
         \_/
#AxegSIs.|2009/11/17(火) 20:20 [ 編集 ]

※欄でなごんだ
  #-|2009/11/17(火) 20:27 [ 編集 ]

なんだ金平糖のCMか
#-|2009/11/17(火) 21:19 [ 編集 ]

前略
なぜなら彼も特別な存在だからです。
#-|2009/11/17(火) 21:29 [ 編集 ]

後のガルフォードである
#-|2009/11/17(火) 21:33 [ 編集 ]

あ、あれ…
不思議なサムライとの思い出への俺の感動は何処にぶつければ…
#-|2009/11/17(火) 22:13 [ 編集 ]

>※8
よう俺。
#-|2009/11/17(火) 22:37 [ 編集 ]

※8

Cでよければ俺の胸にぶつけろ
#-|2009/11/17(火) 22:47 [ 編集 ]

俺Dだがどうだ
#-|2009/11/17(火) 23:04 [ 編集 ]

デブばっかだなここは
#-|2009/11/18(水) 01:00 [ 編集 ]

※1-3
この謎の連携は何だ
  #-|2009/11/18(水) 01:28 [ 編集 ]

ちょっと泣きそうになったのに※1ちくしょうw
でも※8からの流れに和んだ
#-|2009/11/18(水) 03:34 [ 編集 ]

>父(当時9歳)

わけぇ父だな
#-|2009/11/18(水) 12:33 [ 編集 ]

侍がいる時代のコンペイトウって無茶苦茶高価じゃなかったか?
だとしたら相当位が高かったんだろうな
#-|2009/11/18(水) 17:56 [ 編集 ]

なんだこれ
#-|2009/11/19(木) 11:16 [ 編集 ]

「これからずっと、一人ぼっちにさせてしまってゴメンね…。」
ってなんだろう。父の家族は全員死んだんだろうか?
#-|2009/11/19(木) 15:57 [ 編集 ]

旅館のボイラーマン森田博典さん(71)はたまにこういういたずらをする
  #-|2009/11/19(木) 19:39 [ 編集 ]

父かわいい
創造力有る名無しさん #-|2009/11/20(金) 12:13 [ 編集 ]

最後妄想しすぎ
でもいい話だなぁ
#-|2010/11/24(水) 12:41 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mousouteki.blog53.fc2.com/tb.php/10002-ea7cb103

カープ

妄想的リンク

ブログ開始から何日経った?

興味しんしん

読みたい

Copyright(C) 2006 続・妄想的日常 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.